February 23, 2019

いじられて美味しいと思うかどうか。。。

今週のVS嵐。
カン〇ング竹〇さんの、
大野くんへの、「まだ2年あるんだから働け!」発言。

最近、彼が言っていた、いじめといじりの違いを思い出しました。

「いじりっていうのは、本人がおいしいと思うかどうか」とのこと。

彼は、あと2年で休止することでいじると、
嵐側は美味しいと思うだろうなという判断だったのだと思います。
(スタッフもかな)

大野くんがおいしいと思うかどうかはわかりません。

少なくとも、私だったら、おいしいと思いますね。

だって、あと2年で休止するという記者会見をして、
嵐の好感度や売れっぷりはすごいんですから、
それをネタにしていじってもらえば、
美味しいですよ。

ただ、潤くんが、この人がやる気がないんですよと言って、
大野くんのやる気を見せるために、
やるときは手を挙げて・・・とか言って、
自分の代わりに、大野くんに何度もキッキングスナイパーを蹴らせたのは、
私だったら、嫌ですね。

子供じゃないんだから、そんなことさせるな!と言って、
絶対にやらないですね。

いくら大好きな潤くんに言われたからって、
嫌なことは嫌です。

でも、大野くんはするんですよね。

潤くんも、翔くんやニノには、こんなことさせないでしょう。

こういう大野くんがリーダーだったから、
嵐も仲良く20年やってこれたのでしょう。

でも、文句も言わず、何でもよくできて、
優しいいい妻が、
実は感情を抑えて、家族のために尽くしてきて、
突然、離婚を切り出されて、びっくりするというパターンに似ている気がします。

大野くんは、嵐をやめて、事務所もやめたかったのでしょうが、
結局、事務所に残り、
嵐も解散ではなく、
復活の可能性を残した休止ということに妥協したんでしょうね。

私はもちろん、5人の嵐が復活してほしいし、
それを強く望んでいますが、
大野くんが、
離婚を決意したのに、
結局、家族やみんなのために、
我慢を続ける妻のように思えてしまうんです。

だって、家族みなを愛しているんですもの。

どうして、こうなってしまうかと言えば、
嫌なことを嫌と言えないからだと思うんです。
(嫌と思う感覚がマヒしてしまっているのかもしれません)

誰が悪いということではなく、
大野くんがそういう性分なんでしょう。

だから、一人で好きなことに没頭できる時間が欲しいんでしょうね。

|

July 08, 2018

VS嵐のプロテイン話。

私、潤くんのこういう話、大好き。

潤くんが、横暴?だったり、
キレたりした話を、

他メンたちが、面白おかしくネタにしてくれる。

ありがたいことです。

潤くんは、イケメンで、
嵐を仕切っている感じで、
頭も切れて、
嵐のコンサートの演出もしている。

ファンから見たら、完璧。

でも、こういうダメなところもあるんですよ・・・
と披露してくれると、

ファン以外からも、
面白がられると思うんですね。

ファン以外は、完璧な人なんかは、
面白くもなんともなく、
むしろ反発の対象になりますからね。

カップルや夫婦が、
お互いに、
バカとか言い合って、
いかにヒドイ奴かを、
第三者に披露すると、

ああ、仲がいいんだな・・・と、
よくわかる。

嵐の関係もそんな感じ。

嵐の他の4人は、
潤くんイジリの天才。

大野くんの、
怒られてシュンとなったマネージャーのものまねは、
天下一品。

翔くんも、ニノも、相葉ちゃんも、
潤くんをいじってくれてありがとう。

潤くんが他メンをいじると、
ハラハラすることもあるけれど、

潤くんがいじられる分には、
安心して見ていられる。

いじられて、潤くんが、後で怒るような人だったら、
絶対にできないことで、

潤くんの人の良さとか、
器の大きさとかがよくわかって、
うれしい。

潤くんが、他の4人からいじられるくらいが、
嵐のパワーバランスとして、
ちょうどいいのかもしれない。

|

March 30, 2018

星フリ14周年で春がきました。

星フリ14周年なんですね。

潤くんは、4月1日に嘘をつきにくる家族で、
春がきたと思うそうですが、

私は、星フリの〇周年で、
春が来たんだなあと思います。

それだけ、私にとっては、
春の風物詩と言いましょうか、
恒例行事になったんですね。

インターネットの嵐ファン状況も変化してきたようですが、
星フリは、相変わらず、
掲示板で続いています。

冠番組がまあまあの視聴率が続いているようですし、
99.9も、Ⅰ、Ⅱともに高視聴率で、
安定していると、
ファンが躍起になって応援しなくては・・・
という感覚も薄れてきているような。。。

このところ、嵐の新曲や、
コンサートがイマイチなのも、
ファンの熱気が盛り上がらない理由でしょうか。

きみぺやスマイルのように、
視聴率がイマイチでも、
あれやこれや論議を呼ぶようなドラマは、
盛り上がりますが。。。

ファンの熱気と、
一般的人気は一致しないのかも。

なんて、のんびりしたことを書いていますが、
VS嵐で、潤くんは、この1年で、
仕事以外で涙を流したことがあるを選んでいましたね。

雲をつかむような人気とか、
ファンの熱気とか、

そういう自分だけの力ではどうにもならないものとは関係なく、
1人の人間として、
悩んだり、
泣いたりするようなことが、
日々起きているんでしょうね。

まあ、私は、ここ星フリで、
潤くんについて思うことを書き続けるのみです。

皆様、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

| | Comments (0)

March 23, 2018

性格診断?

VS嵐の性格診断。
面白く見ました。

そこで、私もネットで、
無料のディグラム診断をやってみました。

で、結果は、
はあ~?

まあ、こういう切り口で質問すれば、
こういう診断結果になる・・・
ということなんでしょうね。

私にそういう面もあるでしょうが、
私という人格や性格の、わすか数パーセントも表していないような。

今回のVS嵐についていえば、
出てきた診断結果に、
イメージに合わせた台本をプラスして、
キャラ立ちさせ、
バラエティとして、面白おかしくしたんじゃないかな・・・
と思ってしまいました。

潤くんについていえば、
「永遠のお子様で、
思い通りにいかないと不機嫌になってしまう」
という診断結果が出れば、

不機嫌にふるまって、バラエティを盛り上げる・・・
ということができるほど、
大人ということでしょうか。

|

February 03, 2017

神につながっている?

昨日のVS嵐。

浦和レッズの面々との、PK合戦など、
楽しかったですね~。

プロとの、こういうガチ対決、
大好き。

でも、私にとっては、
何といっても、潤くんの表情を見ているのが好き。

VS嵐って、体を使ったゲーム対決だから、
瞬間瞬間の心の動きが、表情に表れるんですね。

それが、本当に綺麗。。。

美形な、ハンサムな俳優さんたちはたくさんいるけれど、
潤くんは、それに加えて、表情が綺麗。。。

それは、俳優、タレント、スターとして、
ものすごい強みだと思うけれど、

それだけでなく、
あの表情の動きを見ていると、
潤くんの魂は、神につながっているのではないかとさえ、
思ってしまいます。

|

January 20, 2017

ビジュアルがいいだけで幸せ~

今日のVS嵐の潤くん。
あごから首にかけてのラインが、
ほっそり、すっきりしてませんでした?
気のせいかな。。。

潤くんが、すっきりビジュアルがいいだけで、
しあわせ~。

井○田さんのオートバイがカッコよくないと、
ドSに突っ込むのも、
シャープでいい感じ。

そして、何よりも、
大野くんの誕生日メールの話を聞くとき、
左斜め上を見る視線が、色っぽい~。

そして、今度は、ニノを見るために、
右斜め上に視線を動かす目が、
またまた色っぽい。

それだけで、ドギマギ、胸がキュンとします。

先日のしやがれで、
梅○富○男さんが、色っぽい視線の動かし方をやっていたけれど、
彼は、研究を重ねた結果のようですね。

潤くんは、生まれ持った才能なのか、
研究の結果なのか・・・

若くて、美しく、演技の上手い俳優さんがどんどん出てくるけれど、
潤くんのあの視線の艶っぽさは、
誰も真似できないでしょうね。

|

November 20, 2016

編集をうまくしてほしい

先日のVS嵐で、
ドラマで料理全部自分で作るの?
と聞かれ、
「全部自分でやった」
と答えた潤くん。

ニノは、カット!と言われて、
「知らないおじさんが料理して・・・」
と笑いをとっていました。

それに対して、
潤くんや他の嵐メンバーが、
「あなた全部自分でやりました」
と必死のフォロー。

ドラマは、夢を売るものだから、
潤くんは、夢を壊すようなことは言わないんだろうなあ。。。
さすが、プロ!と感心していました。

そして、昨夜の嵐にしやがれ。

薬○丸さんとMJの車庫入れ対決。
ワクワク興奮しました。

こういうガチの勝負は楽しい。

薬○丸さんは20万キロも走ったマイカー。
もう自分の体と一体という感じなんでしょうね。

それに対して、潤くんは、運転したこともない車。
ハンデなんてもんじゃないくらい不利。

だから、コソ錬も、泣きの1回も、あって当然だし、
負けても当たり前。

でも、2回目の長い直線をバックした後の難しい駐車は、
潤くんの映像は、途中3分以上もカットされて、
突然、車庫の前に車があって、
車庫入れに成功。

えっ?!
3分間、あの細い道で、何をしてたの?

あんなに楽しくワクワクしていたのが、
一瞬にして白けてしまいました。

車庫入れって、多くの人が日常的にしていることなので、
その難易度もわかって、
ここだけでも真剣に見ていた人たちがたくさんいたと思います。

それが、いかにも不都合なところはカットしたような映像。
(経過時間が表示されているのだから、ごまかしようがない)

そして、潤くんの「俺もまさかできるとは思わなかった」(笑)

イメージダウンにつながるだろうなあと思いました。

バラエティも作り物だということは承知だけど、
もっと、うまく編集してほしい。

勝っても負けてもいいから、
純粋に楽しみたいのです。

|

October 22, 2016

嵐にもコント番組を!

VS嵐に、ウ○ちゃんとム○ツ○シさんたちがゲストでしたね。

私、お二人が出演している、NHKのL○FE、好きなんです。

笑いの中に、ペーソスと言いますか、
大人の哀愁が漂ってきて、
L○FEって、こういうものよね・・・
と、妙に納得してしまいます。

嵐には、ぜひとも、コントをやってほしいと、
ずっとずっと願っているのですが、
内○さんが創るL○FEは、
ともすると、悲哀が漂ってきて、
嵐の持ち味とは違うように思うんです。

そこで、ふと思いついたのが、
香○照之さん。

彼は、俳優だけじゃモッタイナイと思うんです。

だって、俳優としてドラマや映画に出ているよりも、
番宣などで素で話している方が、
遥かに面白くて、魅力的。

この人の頭の中は、どれだけ多くの情報と、
それをつなぎ合わせる回路が、
どんなに複雑に張り巡らされているんだろう・・・
と、思いますもの。

カマキリ先生をやってしまう香○さんに、
嵐のコント番組を創ってもらえないかしら。。。

バカバカしくてハッチャけたコントの中に、
ちらっと知性が感じられるような。。。

NHKのL○FEは、信じがたいほどの低視聴率のようですが、
それを続けるNHKの心意気。

BSやEテレでもいいので、
嵐の上質なコント番組を創ってほしいなあ。。。

DVDにして販売すれば、
ロングセラーになると思うし、
嵐の別の面の才能が、
広く長く残ると思うのです。

|

October 19, 2016

デキル男対決!

やっと、先週のVS嵐としやがれを見ました。

BABA嵐、楽しいですね。

シャッフルのルールは、
今回のように、真剣に見ていると、
楽しいんですが、
以前、食事をしながら見ていたら、
ルールがよく理解できなくて、
ついていけませんでした。

バラエティの視聴率って、
“途中から見てもわかる”
というのが大事なんじゃないかと思うんです。

BABA嵐の面白さって、
一人一人の心の動きが、
手に取るようにわかることですね。

昔ながらのババ抜きのままだと、
誰でも、途中から見ても、
心理戦に集中できて、楽しい。

レベルアップしたシャッフルのルールは、
真剣に見ると、
ヒリヒリ感が増して、楽しい。

とすると、
シャッフルのルールを、
途中から見ても、
一目瞭然にわかるような仕掛けが必要ということでしょうか。

VS嵐としやがれの両方に出演していた佐○健くん。

潤くんも、佐○健くんも、
デキル男は、BABA嵐で上がったとき、
さも当然と言う感じで、クール。

一緒に勝負しているメンバーの心理やクセを、
脳内コンピューターで高速で処理しているんでしょうね。

それでも、潤くんは、目がキラっと光る。

マツジュンVSタケルくんの真剣白刃どり対決。

潤くんの2連敗。

潤くん、個人レッスンを重ねて、
3回目もありそうな。。。

|

October 04, 2016

アスリートと対決すること

先週のVS嵐での、リオのメダリストたちとのバドミントン対決。
楽しかった。

私は、嵐5人がその道の超一流の人たちとの
ガチの対決を見るのが好き。

でも、週刊文○の林真○子さんの連載エッセイで、
“ちょっとイヤな感じ”というタイトルで、
嵐とリオの卓球メダリストたちとのラリーについて書いていました。

「頑張ってきたアスリートに”芸能人”というごほうびをあげるのは珍しいことではない。
しかし、アスリートにとって卓球台は神聖なものではないだろうか。
違和感が残る」
とのこと。

嵐ファンでない人にとっては、そう見えるんだ・・・と思いましたが、
もし、私が好きでない人気グループとメダリストたちが、
そのメダリストの専門の競技を、
バラエティ番組で一緒にやったとしても、
イヤな感じはしないと思うんですよね。

だって、メダリストやその関係者たちには、
出演する番組を選ぶ権利はあるでしょうし、
イメージが悪くなるような相手とは対戦しないでしょう。

嵐と対決することで、
その競技の人気が高まる計算もあってのことと思う。

一流アイドルも、一流選手も、
はじめから一流だったわけではなく、
一般人と同じだったのでしょう。

好きだから、楽しいからというだけで始めたのだと思います。

様々な競技は、
まず、楽しい、好きという裾野を広げることが大事。

その中から才能を伸ばし、
困難の中から開花してくる選手がいるのでしょうからね。

そして、先日のVS嵐をよく見ると、
バドミントンの選手たちは、
所属する企業チームの名前の入ったユニフォームを着ているんですね。

企業チームがどんどん廃部になっていく中、
お金を出して、頑張って選手を育てても、
オリンピックでは企業名を出せませんから、
VS嵐はありがたい番組ですよね。

VS嵐は、
番組宣伝もあり、
チームの宣伝もあり、
四方八方にとって好都合なことが、
長く続く秘訣なんでしょうね。

|