August 31, 2018

好きなCM

エツコさん、BD企画ありがとうございます。

私が好きなのは、
1.ホットペッパービューティー
2.ニッサンNOTEの水兵さん


ほかにも、カッコイイCMはたくさんあるんですが、
私が好きなCMは?
と自問すると、

潤くんの俳優としての資質が、
遺憾なく発揮されているもの。

ホットペッパービューティーは、
たくさんのバージョンがあって、
一つ一つ、違った設定のドラマを、
潤くんが見事に演じ分けていました。

ニッサンNOTEは、
オツムがちょっと足りなさそうな水兵さんが、
とっても可愛いらしくて、大好き。

潤くんの魅力は、
かっこいいイケメンなのに、

99.9の親父ギャグのように、
ちょっとずれていたり、
どこか変な人を、
面白く演じられることだと思うんですね。

これから、潤くんのそういう側面を活かしたCMが、
もっと作られていってほしいなあと思います。

|

March 25, 2017

食べている顔がセクシー

うちのごはんのCMで、
潤くんの食べている表情がいいですねえ~。

ハフハフと、
本当に熱々を、
真剣に食べている感じ。

食レポで、
美味しそうに食べるタレントさんたちは、
たくさんたくさんいるし、
バラエティでの潤くんが食べているのもおなじみだけど、

素のように見える彼が、
一生懸命食べている顔は、
男を感じて、
セクシー。。。

食こそ、人間の本能に根ざしたものだからでしょうか。

こんなとき、松本潤は、素晴らしい俳優だと思う。

役のために作った表情ではなく、
体の奥底から沸き上がってくる感情が、
顔と体に表れる。

しかも、ずっと見続けてきたファンでさえ、
見たことがない表情。

底なしの可能性を感じます。

|

March 24, 2017

女の無意識に食い込む

うちのごはんのCM。

おむつのCMもそうだけど、
ミスマッチの魅力だと思うんです。

いかにも、家庭的な、マイホームパパになりそうな人じゃなくて、
エロくて、
危険で、
綺麗で。。。

そんな潤くんが赤ちゃんを抱いているから、
現実を忘れ、
夢の世界が広がる。

だから、グーンも売れる。

うちのごはんも、
胃袋だけでなく、
子宮をつかもうという戦略かも。

東京タワーの耕二にメロメロにされたのは、
貴美子や吉田の母に、
自分を重ね合わせたからじゃないかと思う。

耕二が、二股しようと、三股、四股しようと、
そんなことは、どうでもいい。

子宮がうずくんだから、仕方がない。

そんな男が、綺麗な台所で、
ささっと、お料理を作ってくれたら、
もうドギマギして、
天国に連れて行かれる。

女の無意識に食い込むCM戦略ですなあ。。。

PS:
アイコンは、酢豚に欠かせないパイナップルです。

|

August 11, 2015

ネクストステージ

新しいパズドラのCM。
カッコいい~!

等身大の男の子たちの日常から、
非日常へ飛躍する感じが、
嵐にピッタリ。

ゲームのユーザーは男性が多いですよね。

自分自身を抵抗なく投影できて、
しかも、カッコいいヒーローにもなれるというイメージは、
まさに嵐。

カッコいいって、時代の先端にいるということでもあると思うんです。

常に時代の先頭に立って、誰も踏み入れていない未知の世界に飛び込んでいく、
その姿こそカッコいい。

ですから、男性にとってカッコいいとは、
クリエィティブな要素が重要なんではないかと思うんですね。

潤くんが、去年のNHKの『嵐15年目の告白』あたりから、
演出していることを前面に押し出し始めたのも、
大野くんの個展なども含め、
嵐がクリエィティブ集団であることをアピールするためかなと思うんです。

歳と共に容姿や体力が衰えるのは避けられない。
でも、頭脳や創造力は、年齢とは関係なく、
いくらでも開拓していくことができる。
クリエィトする仕事をしている人は、いつまでも若々しいですよね。

嵐のネクストステージは、
事務所に作られたアイドルではなく、
自らを創り続けるヒーローかな。

先日の嵐にしやがれで潤くんが、
飲み屋さんで、CMディレクターやドラマの監督たちとも会うということを言っていましたが、
何気にテレビで話したのではなく、
イメージ戦略の一環かなと思いました。


|

March 13, 2015

♪キミはどっち?

潤くん主演の、明治チョコCMは、
傑作ぞろいですね。

このCMを作っている方に、
潤くんのブレインになっていただいて、
ドラマや映画やコンサートなどのプロデュースをお願いしたいものです。

黒潤、白潤で、
♪ひとくち!
♪別々~!!
♪キミはどっち?
と歌う彼は、
まるで一人ミュージカル。

潤くんの歌声を聴くために、
何度もCM動画をリピートしています。

『あゝ、荒野』の時、
鍛えられた声にしびれました。

絶対にこの舞台を成功させるという目的や欲があったから、
舞台の発声が、これほどまでに進歩したのでしょうね。

次は潤くん、ミュージカル?

潤くんの舞台の声や、今回のキミは♪どっち?の歌声は、
膨らみのある声ではないけれど、
ストレートで力強く、
そして、声に表情があるんですよね。

声の表現力が素晴らしいと思うんです。

こうして、大好きな人の進歩を実感させてもらえるのは、
本当にありがたく、
ファン冥利に尽きます。


|

February 23, 2015

パズドラ×嵐

ガンホーと言えば、株。
知り合いが大儲けしたという話を聞いていたので、
パズドラ×嵐のCMで、株価が上がったかしら?とチェックしましたが、
変わらず・・・でした。

マネーゲームは、ほんの一部のその道に精通した人が儲け、
膨大な敗者を生むだけだから、私はしませんが、
何度も書いているように、
松本潤株があれば、私は一点買いの長期保有です。

容姿も含めた、たぐいまれな才能もですが、
彼の頭脳に投資するんです。
鍛えられた頭脳があれば、どんなに環境や時代が変わっても活躍の場はあるでしょうし、
何よりも、志です。

酷寒の滝に打たれて、「相葉、櫻井、大野、二宮、松本、この5人にしかできないことをして、世界中の人を幸せな気持ちにする~」と叫んだ、
その志です。

どんなことでも、成し遂げようと思ったら、試練に次ぐ試練でしょうから、
中途半端な気持ちなら、途中であきらめてしまいます。
でも、志があるからやり遂げられるし、
そんな高い志を持っている人は、そうそういるものではありません。

そんな中、ガンホーの公式HPのパズドラ×嵐のCM動画についた、
Be more original の文章。
疑って、疑って・・・
何かを生み出すんだ・・・
という言葉が印象的。

常識を疑い、固定観念を突き破り。
自分たちで生み出したものをさらに疑う。
それがエンターティメントなんでしょうね。

ただ、original であればあるほど、世に受け入れられるのは難しい。

そういう意味で、すでに大きな市民権を得た“嵐”というブランドを掛け合わせたというのは、
賢い戦略だなあと思う。
ゲームというコアな世界から、広い認知度を獲得する狙いかな。

だって、電車に乗ると、『パズドラ×嵐』『出演者として嵐各メンバーの名前』の文字だけの予告が電光掲示板に映し出される。
異質で、もしかして、互いのファンにとっては未知なものを掛け合わせることで、
新鮮な興味を引き起こす。

文字だけの予告だから、まだ見ぬ映像に期待を膨らます。

そして、待ちに待った1度っきりのCMでは、
日本の若者の代表のような嵐が、
屈強にトランスフォームする。
カッコいい~。

originalがoriginalのまま目立つのは難しいけれど、
嵐という存在が、外堀を埋めて、近づきやすくしてくれるんでしょうね。


|

October 27, 2014

大人と子供

しやがれで翔くんが、かっこいいサラリーマンを演じた最後に、
ネクタイを頭に巻いて、笑いをとっていましたが、
ちょっと、衝撃でした。

ピカンチで、ああいう大人になりたくないというシンボルが頭にネクイを巻くサラリーマンで、
確か、ピカンチダブルで上司に命令されて、翔ちゃんは、頭にネクタイを巻いていたような。。。

しやがれでの翔くんの機転に、私は大爆笑で、絶対1位になるだろうなと思いながらも、
バラエティという不特定多数を喜ばせるには、ここまでしなくてはいけなくて、
これが大人ってことなのか・・・と。。。

そういう意味では、潤くんは子供なんでしょうね。
好奇心旺盛で、自分がやりたいことを追求し、
自分が創り上げた世界で、世間を驚かせることを喜びとする・・・ような。

蜷川幸雄さんとか、本田宗一郎さんとか、ある意味、わがままな子供が大きくなったような、
潤くんは、そういうタイプなのかもしれません。
日本社会で大人にならなかったから(なれなかったから)、世界のニナガワ、世界のホンダになったんだと思います。

ところで、明治の大人のピーターパンのCM。
あれも実は、大人になろうとしてもなりきれないピーターパンの悩みシリーズではないかと思うんです。
流れにはさからえず、大人になろうとネクタイ締めて出社するけれど、一人だけ違う自分が皆に笑われる。

ピカンチで大人の象徴だった屋形船で、一人サックスを吹く哀愁のピーターパン。
そして、大人のきのこの山と、子供のきのこの山を見せて、あなたはどっち?と問う。

ピカンチのシュンのように、社会での自分の居場所(しじみラーメン店)を見つけて、
大人の仲間入りするのか、
或いは、蜷川さんや本田さんのように、叩かれながらも突出して、独自の世界観を追求していく子供を選ぶのか。


|

October 03, 2014

ザ~のチョコCM

潤くんがやっている新CM、The Chocolate、
めっちゃ美味しいですね。
高級チョコの代名詞のようなゴ○バなんか、目じゃないくらい上質なチョコ。
こく苦カカオを最初一口食べて、おっ!とビックリしました。

で、CMですが、
これもまた、おっ!

私、30秒CMを初めて見たとき、自虐ネタかと思いました。
口パクの嵐のイメージと、エロイけど歌がイマイチらしい松潤に、
歌手なのに歌わせず、ザ~!とだけ言わせて、過剰にエロイ表情をさせる。

カッコイイ人がカッコイイCMをしても、一般視聴者からは、はあ~とスルーされるだけ。
そこで、“過剰な(無意味な)エロさ×歌手なのに歌わない(歌えない)”で、
えっ?!という違和感を与えて、記憶にひっかかってもらう。(のどに小骨がささったような。。。)

そして、スーパーであの松潤がCMをやっているThe~を見つけ、
値段も手頃なので買ってみると、
一口食べただけでビックリする美味しさ。
安っぽい甘さのチョコレートがあふれている中で、
シャープで苦み走った、薄くて食べやすい個別包装の高級チョコの魅力にはまって、
リピートに次ぐリピート。

大人のピーターパンで成功した潤くんのチョコCM。
次は、チョコ製品に合ったイメージのCMを作ったのではなく、
最初から松本潤(高級感があるのに庶民的、しかもハードボイルドもいけそう)をイメージしたチョコレートを、
最高級な材料を使って、大量に売れるという前提で、手頃な価格設定で商品にしたのかな・・・と思ったりします。
凄いなあ・・・このプロジェクト。


|

February 10, 2014

期待MAX!

コーセーから、今度はボディシャンプーのCMだそうで。。。

もちろん、一緒にお風呂に入って、
女性の体を泡立てて、
あちらこちらを、すべすべ官能的に撫でまわすCMがテレビから流れるんですよね~?

松本潤を使って、まさか他のCMと区別がつかないような、
どうでもいいCM作りませんよね? コーセーさん。


|

January 12, 2014

”冬はチョコ”にブラボー!

明治の”冬はチョコ”のCM、エクセレント! ブラボー!ですね。
潤くんのこの世のものとも思えぬ存在感が存分に生かされて、
制作者、エライ!

潤くんのCMで明治さんがガッポリ儲かったからか、
お金をたくさん使って作ってくださったようで、
カーニバルというゴージャス感が素敵!
松本潤は、ゴージャスを何倍もゴージャスにする男!

そして、ドSがメチャクチャ似合う!
特に30秒版の、「違う意見があってもいいとは思うよ」と言っておきながら、(この時の流し目が好き!)
「冬はみかん」を許さない徹底ぶりが、キャ~素敵!(ドッキューン!)

ぜひ、松潤ドSを極める!シリーズを追求してほしい。

近頃の日本の男は、草食系とか言って、歯ごたえがない。
筋肉モリモリがセクシーなわけではない。

いい男になら無茶ブリされるほど萌えるんですよ。
潤様になら、何を言われてもいいわ、何をされてもいいわ・・・と、
身悶えさせてこそ、天下の松本潤。

それがエスカレートすればするほど魅力的になる、唯一無二の男が松本潤。
周りが震え上がればあがるほどチャーミングになるんですもの。
今後に期待大です。


|