May 07, 2018

旅立つ友よ Be ambitious!

山〇くんの契約解除は、
TOKIOと事務所と他のタレントを守るために、
当然の結論ですね。

アルコール依存や女性に対する病的行為その他、
ここから脱却するのは、
並大抵のことではないはずです。

入院すれば治るというものではなく、
本人の強い意志が不可欠。

幸い、事務所が、これからも支援していくと、
日本中に向けて決意表明していますので、

山〇くんが、病気を克服して、
立派に社会復帰したならば、

希望の星となれると思うのです。

大工仕事やサーフィンをはじめ、
才能あふれる人のようですから、
芸能界以外の世界で、トップになれるかもしれません。

もしかしたら、今度は、
逆に乞われて、TOKIO復帰もある得るかもしれません。

芸能人は、もはや、プライベートが、
ネットにさらされ、

表の顔だけで、憧れの対象になるのは、
難しい時代になってしまいました。

山〇くんのように、表と違う顔を、
日本中にさらされ、
すべてを失って、
どん底に落ちた人こそ、

真のヒーローになれる可能性を持っていると思うのです。

『AMBITIOUS JAPAN』は、
私のかつての仕事の悩みの真っ最中に、
大ヒット中で、

新幹線に乗ったとき、
駅で何度も何度も聴いた曲です。

そのときのことを思い出しては、
胸がうずきます。

そして今、長〇くんと山〇くんの歌声が脳内をリフレインして、
これからの私も勇気づけられます。

♪旅立つ人よ、勇者であれ
Be ambitious!

突き進めば奇跡も起こる
立ち止まらない 振り返らない
やるべきことをやるだけさ

我が友よ、冒険者よ
Be ambitious!

旅立つ人に栄光あれ
Be ambitious!♪

|

May 03, 2018

松〇くんの覚悟

ジャニーズのグループって、
仕事上の同僚だと思うんです。

会社から、このグループで活動するように・・・と集められて、
それぞれが、仕事でベストを尽くすから、
成り立っているわけで。

当然、プライベートはお互いノータッチで、
仕事をちゃんとやってくれれば、それでOK。

山〇くんの今回のことは、
プライベートなこと。

プライベートで問題を起こして、
会社に多大な迷惑をかけたのなら、
解雇できるのは会社だけ。

辞表を提出する先も会社だけ。

なのに、連帯責任のように、記者会見。

会社から雇われている身だから、
会社の指示によって、記者会見したのでしょうが、

山〇くんへの怒りと同時に、
会社への怒りがあっても当然だと思う。

でも、会社の意向に沿って、
4人は、立派に仕事をしたと思う。

山〇くんが、戻ってきても、戻ってこなくても、
TOK〇Oというグループの良いイメージは保たれて、
今後も仕事を続けられる。

そんな中、松〇くんの覚悟には、胸を打たれた。

「甘えの根源が、TOK〇Oというグループなら、そんなものなくしたほうがいい」
という言葉は、

松〇くんが、それだけの覚悟と誇りと愛情を持って、
グループ活動をしていたということだと思う。

誇りに思えないようなグループなら、いらないということでしょう。

メンバー全員が、長く活躍しつづけるグループには、
そういう芯となる人間がいるということを、
改めて実感した。

存亡の危機になったとき、
一人一人の本当の人間性が浮き彫りになる。

松〇くんという人のすばらしさを、初めて知った。

常に、客観的な眼と、高い視点と、深い思考力があるから、
あのような説得力のある言葉が出てくるのだと思う。

崖っぷちにいると思っただろうけれど、
実は、崖の底に落ちていた。

自分が逆の立場なら、辞表を受けとれると思うか。
ずるい・・・など。

本当は、一番ずるいのは事務所と言いたかったのかもしれないけれど、
今、自分たちが置かれている立場を心底理解して、
最適な言葉と態度をとれる。

こういう人が事務所のトップなら、
どんなにいいだろう。

彼の言うことなら、信じられるし、
彼が言うことなら、実行してくれるだろうと、
絶大なる信頼をよせることができる。

でも、同族企業では、そんな優秀な人は、
トップになれない。

自分たちの存在を危うくするような人間は、
排除されますから。

まあ、松〇くんの場合は、
本当に賢いから、事務所ともうまくやっていけるでしょうね。

|

April 28, 2018

事務所の危機管理能力

女性を被害者にして、
重職にある人を失脚させる・・・というのは、
政治的陰謀があるのかなと思ったりしますが、

先輩Gの山〇くんのことは、
これらとは、違うと思うのです。

なぜなら、彼は、アルコール依存症という病気だから。

進行すればするほど、問題行動が深刻化し、
まわりに大きな被害を与える。

離婚の原因もおそらく、これだったのでしょう。

事務所も当然、彼の病気を知っていて、
入院させたりしていたのでしょうが、

入院先から仕事に通わせたりして、
本気で病気を治すより、
仕事を優先させていたとしか思えない。

まるで、アルコール依存症の妻が、
夫の尻拭いばかりして、
自分がいないと、夫は生きていけないようにしている
共依存のようなもの。

記者会見で、「自分の席が残っているなら、TOK〇Oを戻りたい」
というような発言をして、
甘いと批判されていますが、

弁護士に司会をさせ、
被害者の親からの、
「娘も山〇にもこれからがあり、
1人の人間の未来がすべて奪われてしまうことを望んでいない」
というような手紙を読み上げた。

無期限活動禁止としながらも、
いずれ活動を再開するための布石としか思えない。

だから、「TOK〇Oに戻りたい」というような発言も出てきたのだと思う。

今までも、何か事件を起こしても、
事務所が守ってくれた(隠ぺいしてくれた)から。

危機管理とは、スキャンダルを隠蔽することではなく、
早め早めに問題を適切に処理すること。

アルコール依存症であるとわかった時点で、
すべての仕事をやめさせて、
病気療養に専念させる。

もし、完全に病気が治らなければ、
解雇するという強い処置をしなくてはならなかったと思う。

そういう毅然とした態度の積み重ねが、信頼になるのだと思う。

いつ、何をしでかすかわからない爆弾を抱えたまま、
仕事をさせるという、
危機管理能力のない事務所のタレントを、
使いたいと思うでしょうか。

何かを起こした時の損害は計り知れませんから。

1人の爆弾のために、
事務所全体の信用を大きく失墜させてしまいました。

|

April 16, 2018

す〇るくんの引退会見

テレビで繰り返し流される、
関ジャニ・渋谷す〇るくんの引退会見。

ファンにとっては、
彼らは、夢の世界の住人。

でも、彼らは、私たちと同じように、
自分の人生を歩みたい、一人の人間。

当たり前のことだけど、
それを見せつけられたような。。。

あなたたちは、私の夢の世界の人間だから、
夢を壊さないように、
結婚しないで。
ジャニーズをやめないで・・・
とは言えないよね。

今まで、グループの脱退とか、引退とかあったと思うけれど、
こんな風に記者会見して、
テレビで繰り返し流されたことって、
あったのでしょうか。

ファンとしては、夢の世界から消えるなら、
夢のまま、そっと消えてほしいような気がする。

或いは、事務所も了承していることなら、
宝塚のような華々しい引退公演などで、
引退の花道を飾ってほしいような。。。

どうして、こんなふうな引退会見をして、
繰り返し、放送されるんでしょうか。

事務所の意図は?

|