January 25, 2013

井上由美子さん

昨夜、夫がめずらしく『おトメさん』を見るとチャンネルを変えました。
彼がドラマを観るなんて何年ぶりだろう・・・と思って、一緒に見始めたら、
面白い!
夫は、来週いないから留守録しなくては・・・と言っている。
夫と同じドラマを楽しむなんて、結婚以来初めてかも。

可愛いお嫁さんの相○紗○ちゃんが、姑の黒○瞳さんに何か言われると、
「だから何?」
と、突然真顔になって開き直る。
怖い~。

私もこれから家庭内で何か言われたら、
「だから何?」と開き直ろうと思って、最後まで見たら、
脚本:井上由美子の文字。

いや~、井上さん凄いです。
このドラマの脚本家がラキセSPと同じということで、とても納得。

おトメさんもラキセSPも、ドラマがとても整理されていて、
キャラが立っている。
複雑なキャラなのに、その複雑さが明快でわかりやすい。

ラキセSPの成功の一因は、ミッ○ーと石○さとみちゃんの悪役ペアの哀しさがよく伝わってきたことにもあると思うんです。
○ッチーのメガネの奥の鋭い目と、最後の、「おまえはクビだ」の一言で、
二人の複雑な関係とお互いに対する思い遣りが、ある種のカタルシスを持って余韻を残しました。
やはり、悪役が魅力的でないとドラマは面白くない。

そして、駿太郎独特なハハハ・・・という笑い声。
あれは連ドラではなかったと思うんです。
脚本の井上さんの指示なのか、演出家の考えなのか、潤くんが生み出したものかわかりませんが、
あの軽薄そうな、自嘲気味な笑い方が、
駿太郎が、スーパーヒーローではなく、
いろいろデキル奴なんだけど、ツメが甘かったり、
ええ格好しいするけど、結局ラッキー探偵社の面々に助けてもらわなくてはいけない駿太郎をよく表していると思うんです。

「だから何?」「おまえはクビだ」のようなたった一言や、笑い方一つが、
その人を如実に表すんだなあと痛感した、おトメさんとラキセSPでした。


|

January 09, 2013

あの親にしてこの子はあり?

ラキセSP、ストーリー展開では???がテンコ盛りだったのに、
何が良かったかというと、
駿太郎の家庭がほとんど出てこなかったこと。
特に、あの庶民的なお母さんが出てこなかったこと。

沢田慎のクールな影は、あの冷めたエリート家庭があってこそだし、
モモの夏木ママは、いかにもバレリーナだったし、
道明寺の分裂気質は、大財閥と愛のない加賀ママの結果だろうし、
成功したドラマの潤くんの役は、
この親にしてこの子ありという説得力があったし、
それがドラマの揺るがない土台を作り、
それぞれの役に陰影をもたらしていたと思うのです。

ところが、駿太郎の女性に対する動物的カンや、扱いの上手さは、
あのお母さんと家庭とはかけ離れているんですね。

新田の大金持ちの実家は、新田の底知れない迫力に貢献しているのに、
駿太郎の実家のイメージは、駿太郎の強みである、女性たちとの甘い、あるいはハラハラドキドキする絡みを邪魔するんです。
それが、連ドラのラキセで駿太郎のキャラがつかめなかった大きな要因でもあると思うのです。

一瞬の匂いや、キスしたときの唇の感触で女性がわかるというほどの特殊能力で、
しかも、松本潤の美貌で駿太郎というキャラを際立たせるのなら、
それを邪魔するものは排除というのが鉄則だと思うのです。

アットホーム感は、ラッキー探偵社の面々の楽しいやりとりで十分ではないでしょうか。

女に強い駿太郎が、探偵という役を活かして、
いろんな職業や境遇の人に化けて、
俳優としての可能性をどんどん見せ、
駿太郎という役を育ててほしいなあと思います。


|

January 04, 2013

ラッキーセブンSP

ドラマが始まってすぐから、もう、幸せで幸せで、ワクワク・ドキドキ。。。

いつ以来だろう、こんな風に、ただただ潤くんのドラマが楽しくて、潤くんが素敵で、
何も考えずに、ドラマを楽しめたのは。。。

夏虹と連ドラのラキセ(特に前半から中盤にかけて)は、
制作側が、潤くんの魅力がまるでわかっていなくて、
魅力を殺すドラマ作りをしているようにしか思えなくて。。。

そんなイライラ・もやもやを、ラキセSPは、見事に吹き飛ばしてくれました。

駿太郎のキャラがブレまくりだった連ドラのラキセから、
SPでは、駿太郎という主役が、ビシッと柱として中心に立っていました。
主役のキャラがブレまくっていると、
どんなにおもしろい話を作っても、なんか気持ち悪くてドラマの世界に入り込んでいけないんです。
でも、SPでは、駿太郎という主役が生き生きと躍動しているので、
ストリーに???がいくつあっても、
フィクョン、フィクョン・・・と、作り話の世界を楽しめるんです。

駿太郎というキャラクターに貫く芯があるから、
彼の喜怒哀楽やちょっとエロイ気持ちにも共感できるし、
周りのいろんな人との関わりも、安心して楽しめます。

そして今回は、アクションもハダカも、それぞれ意味があって、
視聴者に媚びていないのがよかったです。
制作側が視聴者に媚びていると感じた瞬間、さあ~と冷めてしまいますから。

魔性の女の石○さとみちゃんは、魔性度がたいしたことなかったし、
駿太郎が振り回されるのをもっと見たかったけれど、
ラキセ的には、これくらいがいいのかもしれません。
なぜなら、ラキセは、連ドラのときの夏帆さんや今回のように、
悪女に鼻の下を伸ばして、すぐだまされる駿太郎というのが可愛いと思うんです。
でも結局、その哀しい女心がわかってしまう駿太郎・・・というパターン。

それに、新田との犬猿の仲や大泉さんとのやりとりとか、
お定まりのパターンの繰り返しで、ラキセの世界観が構築されている。
そんな風にドラマの枠組みがしっかりできていると、
毎回、ストーリーがどんな方面に飛躍しても、心地いいんです。
だから、SPや映画の要望がたくさん出るんだと思うんです。

今回、駿太郎の微妙な心情変化が表情できっちりと表現されていて、しかもスーツをビシッと着こなした2代目社長も演じ、
潤くんの俳優としての可能性がさらに大きく開かれたように思えるのが、とてもうれしいです。
と同時に、ラキセのドラマとしての可能性も見えてきて、
道明寺以来の当たり役になるかもと思いました。


|

October 19, 2012

キャスティングの妙

ある会合に出席したら、ゲストスピーカーが、
映画「沈まぬ太陽」やドラマ「やまとなでしこ」などの若松節郎監督でした。
私、この方を全然知らなくて、なんの期待もしていなかったのですが、
お話、面白かったですね~。
さすが監督、講演もエンターティメントになっていました。

どこまで書いていいのかわかりませんので、
印象に残ったキャスティングの話を少しだけ。

「沈まぬ太陽」で、主役の渡○謙さんと対比的な、仲間を裏切り、出世街道をひた走る行天役を、
若松監督だけが三○友○さんを押して、
原作者の山崎○子さんが、CMで見た彼が白○タのように太っていたことから、イメージと違うと大反対したそうです。
撮影までに絶対痩せさせますからという約束で、
関係者全員の反対を押し切って彼をキャスティングしたとのこと。

佐藤○市さんや中井○一さんだったらすんなりOKが出ただろうけど、
それでは、今までの日本映画と変わり映えしないので、
今までのイメージと真逆な○浦○和さんを敢えて起用したかったとのこと。
キャスティングするとき一番考えるのは、俳優同士の意外な組み合わせで、
想像もしなかった化学反応が起こることだそうです。

私はこの映画をテレビで見たとき、ストーリーもよく覚えていないのですが、
三○友○さんは強烈な印象として脳裏に刻みこまれました。
健全で、いい夫、いい父親そうな彼があの役をやることで、
人間だれしも、こういう欲を抱えて生きているんだなあということが、
リアルな怖さを持って迫ってきたんですね。

脇役の人が今までと違う強烈な個性を発揮すると、視聴者はおっ!と引きつけられますし、
潤くんの沢田慎や、瑛○さんの新田なども、その例かもしれません。
また、きみぺの小雪さんと潤くんの組み合わせも、異質な肌合いの二人だからこその化学反応のように思います。

潤くんは、このところ彼の個性がよく活かされているCMが頻繁に流れています。
一般の人や業界の人は、これが彼のイメージになっている場合が多いでしょうし、
強烈なイメージがあるだけに俳優として使いづらいという面もあるでしょう。
でも逆に、そのイメージが覆されるほどのドラマや役に出会ったとき、まさに化ける俳優だと思うのです。

ラッキーセブンSPは、同じく○崎豊子さんの「白い巨塔」など社会派ドラマの多い、井上由美子さんが脚本。
アクションエンターティメン的ドラマだったラキセに、彼女の脚本がどんな化学反応を起こしてくれるか楽しみです。


|

April 09, 2012

ドラマ・舞台アンケート回答者数&満足度平均

akkunmさん、ココアさん、てんどんさん、茶々丸さん、ゆきだるまさん、
ドラマ『ラッキーセブン』のアンケート集計、ありがとうございました。

それぞれの方が、集計方法を工夫されていて、
個性が出て、面白いです。
こういうやり方もあるんだ!という驚きもあり、
素晴らしいです。

お一人お一人の回答を読むのも楽しかったですが、
集計したものを見ると、ドラマ全体を俯瞰できますね。
回答してくださったファンはそれぞれいろんな思いや感想があるのでしょうが、
集計したものを見ると、何が支持され、何が改善点なのか、
客観的にわかります。

星フリのアンケートで、
『花より男子1』以降のドラマ(+舞台)の回答者数と満足度の平均を、
↓に載せました。
その作品への入れ込み度&人気度が回答者数に表れ、
賛否があっても、その作品の客観的満足度が平均点に表れますね。
例えば、観た人は、『あゝ、荒野』より『ラッキーセブン』の方が圧倒的に多いでしょうに、
回答者数は逆ですものね。


ラッキーセブン・・・44名 4.1
あゝ、荒野・・・54名 4.96
夏の恋は虹色に輝く・・・38名 3.65
スマイル・・・50名 4.2
花より男子F・・・59名 4.65
隠し砦の三悪人・・・33名  4.42
バンビーノ・・・41名 4.1
花男R・・・56名 4.6
白夜の女騎士(ワルキューレ)・・・43名 4.72
花より男子・・・45名 4.73

それにしても、星フリのアンケートの回答者数は安定していますね~。
ラジオが終わっても、回答してくださる方が変化しても、
感想や意見を送って、今後に役立ててほしいと思うファンの数は変わらないのでしょうか。

いずれにしても、潤くんが頑張って仕事をしているから、
回答してくださる方も、集計してくださる方もいらっしゃるわけで、
本当に感謝・感謝です。

アンケート回答と集計をワードにコピーペーストして、
フジテレビの『ラッキーセブン』担当者に送らせていただきます。
http://www5.rocketbbs.com/151/matsujun.html

|

April 02, 2012

『ラッキーセブン』アンケート回答

(1)満足度は?

(2)好きな回・面白かった回、BEST5
1: 9話 
2:10話
3:6話

(3)印象に残った・良かったシーンBEST15
1:1話のファイトクラブでのアクションシーン、
2:5話の駿太郎と新田の別れのシーン
3:9話のしおりのキスとその後の表情
4:4話ラスト、駿太郎と新田が向き合ったシーン
5:9話で事務所に忍び込んだ駿太郎としおりとのやりとり
6:10話の駿太郎がしおりに電話で「ウソつくことに慣れるんじゃねえぞ」と言ったシーン
7:4話のアパートでの駿太郎と新田の浮気調査のときの会話
8:6話の筑紫さんが閉じ込められたシーン
9:6話飛鳥と駿太郎のテレビ局廊下での「実はけっこうモテるんだろ」のシーン
10:6話ラストのアクションシーン
11:9話ラストのアクションシーン
12:10話の階段アクションシーン
13:10話東京タワーをバックに歩くシーン
14:9話淳平が頭ポンポンしようとして失敗するシーン

(4)印象に残ったセリフ・良かったセリフBEST15
1:10話「ウソつくことに慣れるんじゃねえぞ」
2:3話「どうしてほしい?」
3:「犬!」「猿!」
4:5話 キスの真似をする新田に駿太郎が「やめろ!」
5:9話「キスしなきゃばれなかったのに」

(5)良かった点
・圧巻のアクション
・事務所の人たちのコミカルな会話と関係
・茅野ちゃんのスキル
・駿太郎と新田の犬猿コンビが素晴らしかった。

(6)良くなかった点
・冒頭の不倫シーンとその後の駿太郎の女性を大事にすることが矛盾して、駿太郎の人物像が?だった。
・冒頭に不倫ベッドシーンを松本潤にさせるだけで、このスタッフは視聴者をなめてると思ってしまう。
・毎回ティストが違ったためか、ストーリーが表面的な回が多かった。
・案件がしょぼいと、探偵事務所ではなく便利屋に見えてしまう。

(7)ファン以外の人の感想
・この役、松潤でなくてもいいんじゃない。(7話だけ見た60代女性))
・新田がかっこいい。映画になったらDVDを借りて観る。デートだったら映画館で観る(1話、2話、9話を観た30代男性)
   
(8)続編や映画があるとしたら、どのようなことを望みますか?
・犬猿コンビを中心に据えたストーリー構成
・7人の個性と能力を活用して巨大組織の暗部を暴くとか、小が大を倒すというパターンが爽快感をあると思う。
・駿太郎が女性だけでなく、人間心理のあやを見抜くことが事件解決の決め手になるようなもの。

(9)上記に含まれない感想・ご意見
・連ドラで様々な実験をしたようにも思えるラッキーセブンなので、
その成果を活かして、続編や映画を切に望みます。
このまま終わるのはあまりにもったいない。

(10)松本潤くんが出演したドラマ・映画(舞台は除く)の中で好きな作品BEST10
1:ごくせん
1:きみはペット
1:花より男子
1:花より男子リターンズ
5:スマイル
6:東京タワー
7:ラッキーセブン

(11)松本潤くんがドラマ・映画(舞台は除く)で演じたキャラクターBEST10
1:沢田慎
1:モモ
1:道明寺
1:耕二
1:ビト

(12)松本潤くんに今後演じてほしいキャラクターや作品
・不倫するなら、メチャメチャ女を泣かすようなヤツ
・冷酷非情なヤツ
・何かの世界でのし上がっていくヤツなど、
いい人要素を排除した人物で、本気の脚本の作品。

|

March 22, 2012

キラキラダイヤモンド(ラッキーセブン10話)

ドラマは迷走し、駿太郎のキャラは矛盾しまくりで、
どうなるかと思ったこのドラマ、
8話あたりでなんとかなり始めて、
9話でキタ~!となって、
10話で、これがラッキーセブンよ!、
さあ、これからが始まりよ~というところで終わってしまいましたね。

今振り返ってみると、もしかしてこのドラマ、
映画化が前提にあって、
連ドラでいろいろ実験して、視聴者の反応をチェックしていたのではないかしら・・・
などと思ってしまいます。

1話の冒頭の不倫シーンとか、これでもかというほどのアクション、
2話から人情話てんこ盛りでアクションがあったりなかったり。
新田の途中退場もスケジュールの都合かもしれないけれど、
新田なしでどうなるかとか。
真壁リュウの今後の扱いや、駿太郎の実家シーンは必要か・・・などなど。
まあ、私の妄想ですが、
そう思わずにいられないほど、行き当たりばったり感が満載でした。

でも、9話10話のラッキーセブンなら、続編・映画、ぜひぜひ観たいですよ~。

まず、駿太郎がモテるということを納得できるようにきちんと示してくれたこと。
モテるっていうのは女心がわかるってこと。
どんな女心かと言えば、他の誰も気が付いてくれなかった心の奥底にある悲しみですね。
しおりが悪の一味にならざるを得なかった理由があるのでしょうが、
キスされた直後の駿太郎の表情には、気付いてしまった悲しみも表現されていましたね。

潤くんがラブシーンが上手というのは、
女性の悲しみに共感し、慈愛の心を表現できるから。
女性は、彼なら私をこの悲しみから救い出してくれるかもしれないと期待を抱き、
彼に恋心を寄せる。

「ウソつくことに慣れんじゃねえよ」というセリフ、
こんな悪いことをしている私なのに・・・
そりゃあ、キュンとなって、離れられなくなりますよ。

そして、新田と駿太郎のアクションシーン。
素敵ですね~。かっこいいですね~。
新田が高く飛ぶ瞬発力の武闘派アクションなら、
駿太郎は地を這う流れるように華麗なアクション。
ミスマッチとも思えるほど趣が違うからこそ、
華やかでドキドキし、ドラマをエキサイティングにしますね。

ワイヤレスマイクをつけて、7人が潜入捜査をしようとするときの会話、
さあ、行くぞ~という勢いがあって、ワクワクしますね。
このドラマには、今まで知らなかった小道具がいろいろ使われていて、
テクノロジーの発達の良い面が強調されていて楽しい。

7人のそれぞれのキャラが尖がっていればいるほど、
四方八方に光が放たれて、キラキラ輝きますね。
狭い事務所の中でのワイワイや、犬猿のけなしあいとか、
ボスの瞳子さんのおっとりした華やかと相まって、
ダイヤモンドのようなドラマになったと思います。

このダイヤモンドの輝きがあれば、
調査の案件がどんなに暗くても、あるいは巨悪であっても、
面白いドラマや映画が作れると思うのです。

どんなエンターティメントも、観客がいなければ存在できませんし、
ダイヤモンドはダイヤモンドでしか磨けないと言います。
そこで、いろんな感性や好みを持ったファンも四方八方に光を放つダイヤモンドになって、
率直な感想を届けることができたらと思います。

ということで、アンケートを明日中にUPしますので、
どうぞよろしくお願いいたします。


|

March 16, 2012

キツネにつままれたように素晴らしい!!!(ラッキーセブン9話)

超忙しくて、録画したラッキーセブン9話、やっと観ました。

私が、ここがこうならいいのに・・・と思ったり書いたりしていたことが、
あまりに綺麗に解決されていて、キツネにつままれたようです。(除く:メイク)

ワイハにあってラキセになかった、
駿太郎が中心になって、ワクワクドキドキハラハラでカッコよく!が、
まさに実現していて、
そこに、畳み掛けるようなスピード感がプラスされて、
ワイハ<ラキセという逆転現象が起きていました。

そして、アクションのためのドラマから、ドラマあってのアクションに、
見事に変貌を遂げていました。

また、今まで人妻担当・女たらしの駿太郎のキャラが立っていなかったのが、
今回、素晴らしい脚本と演技で、トンガリましたね。
キャ~ですよ。

頭ポンポンを淳平にもトライ→撃沈させることで、
いかに駿太郎の頭ポンポンが凡人にはできないことかを見せてくれたし、
キスされて、ちょっとは動揺するかと思ったのに、
唇の温度で、今までいた場所に疑問を持って追跡するなんていうのは、
女たらしであることが、探偵として役立つ素晴らしい特殊能力で、
それでスカウトされたのは当然なんだと納得させてくれて、
スッキリ!

メガネを使って、依頼者の彼氏という別人を演じ分けている様子は、
ああ、お芝居を楽しんでいるんだなあというのが伝わってきて、
こちらまで楽しくなってしまいます。

キスされた後の眼の異様な輝きには、
男としてのドッキリ感と、脳が何かを察知した閃きの両方が表現されていて、
目に複雑な心情を宿す随一の俳優としての面目躍如!
またしても、初めての目を見せていただきました。
ありがたや~です。

それにしても、潤くんのアクションは、
華麗で美しいですね。
くれぐれも怪我のないようにと祈らずにはいられません。


|

March 06, 2012

やっと看板に偽りなし(ラッキーセブン8話)

やっと、看板に偽りなしのドラマになりましたね。(新田がいないことを除く)
マジな探偵調査に、アクションに、一人一人の恋バナもありつつ、
それぞれが絡み合っていてよかったです。

それに、反省しているときほどムキになる飛鳥や、
好きな桐原さんにプライベートと言って呼び出されたのに、
仕事の情報を聞き出すためだった知ったときの淳平のおちゃらけたウソ。
淳平の哀しさが伝わってきて、
表面的な言葉や態度とは違う真情っていうのはドキっとさせられます。

夕刊紙の記者の写真を撮るときの駿太郎。
へへへ、おもしれえぜ~・・・と、
ちょっとワルっぽくって、とってもいい表情していましたね。
私には初めて見る顔でうれしいです。

|

March 03, 2012

ドラマがぬるいと。。。(ラッキーセブン7話)

ラッキーセブン7話。ぬるかったですね~。

今までは、粗削りだけど、パワーも可能性も感じられるから、
ここがもっとこうならいいのに・・・と、いろいろ思ったし、書いたけれど、
書こうという意欲がわかない。

そんなとき、友達に会ったら、
7話で初めてラッキーセブンを見たそう。
「あの役、松潤じゃなくてもいいんじゃない?
あれじゃ、松潤がもったいない。
松潤は、もっとドキドキさせるような役がいい。」
と言われました。

はあ~。おっしゃる通りで。。。

何が悲しいって、ドラマがぬるいと、主役の潤くんまでぬるい俳優に見えちゃうのがなあ。。。

テンションが上がったのが、最後、「新田がおやじの会社にいないらしい」という一言。
本人が出ていなくても、強烈なインパクトを残して去ったから、
その一言で、イメージがパア~と膨らむ。

『東京タワー』の吉田の母とか、
セリフが一言もなくても、あの背中と娘の言葉で彼女の人生がいろいろ思い描ける。
それだけインパクトがあったんだよね。。。

駿太郎って、なんでもできて、でもコレっていう強烈なイメージがない。
はあ~。。。


|