April 06, 2018

再び『あゝ、荒野』

脚本を書かれた、夕暮れマリーさんが、
ブログをやめるにあたって、
『あゝ、荒野』について、書かれていますね。

やはり、彼は男性だったんですね。

そして、主役の二人ときちんと話す機会が一度だけ設けられて、

夕暮れマリーさんにとって、一番大事な事柄であった、

“新次とバリカンは、寺山修司の二面性を表したものであり、
二人でありながら、一人の人間を描いたものである“

と伝えたとのこと。

ああ、なるほど、そうだったんだ・・・
と、やっとすっきりした思いです。

上演前に、そのようなことが、
私たちに伝えられていたでしょうか?

少なくとも、私は知らなかった。

知っていたら、
1回限りの観劇が、
もっと、深く、
もっと、わかりやすく、
もっと、面白かったと思う。

潤くんの新次は、
この上ないほど、魅力的で、
一瞬、一瞬の、彼の姿、声、セリフが、
脳裏に刻まれて、
おそらく、その記憶は、
私の一生、ドキドキさせ続けることと思う。

でも、舞台の横に何度も表示された文言が、
私には意味不明で、
舞台上で行われているお芝居との関係性に悩み、
『あゝ、荒野』を存分に楽しむことを阻害された。

どんなに観たくても、
チケットを手に入れることが難しかった『あゝ、荒野』。

観ることができても、1回限りという人が多かったからこそ、
根幹のコンセプトをハッキリ提示して、
もっとわかりやすくしてほしかったなあと思います。

もしかして、夕暮れマリーさんは、
脚本という形で自分が創作した『あゝ、荒野』の、
一番重要な事柄であった、
二人で一人の寺山修司であるというコンセプトが、
上演されたものから抜け落ちていたことから、

ブログを終える最後の記事で、
どうしても書き残しておきたかったのかも・・・
とも思います。

|

April 06, 2012

『あゝ、荒野』と『ラッキーセブン』

ココアさん、てんどんさん、
アンケートの集計を申し出てくださってありがとうございます。
本当に助かります。

潤くんが1位に選ばれた『演劇ぶっく』をやっと手に入れて読みました。

もう『あゝ、荒野』はやりたいとは思わないとのこと。
蜷川さんが、「こういう作品をやる、こういうキャスティングをする」というだけで、
作品の半分くらいが完成されていて、
この作品は、蜷川さん個人の寺山さんと生きていたころを回顧しているところもあると言っていましたね。
彼は、蜷川さんによって、新たな魅力を開花させてもらったのと同時に、
蜷川さんの望む新次を演じただけという感じもします。

そして、これだけ絶賛された完成度の高い作品だから、
これ以上、彼が取り組もうという魅力を感じないのかなとも思いました。

その点、ラッキーセブンは、キラキラするところはたくさんあるのですが、
完成度という点では、これから~ですね。
いろんな種類の種(タネ)をあちこちに蒔いたので、
いいタネからは、いい芽が出てきたところかなあと思います。
これからその芽を育てていくのは面白いでしょうね。

複数の脚本家、演出家がいるのはコンペか?とも思うのですが、
切磋琢磨のチャンスともとれますね。
アクション監督や出演者のアイディアがどんどん採用されているようで、
蜷川カンパニーとは真逆かもと思ったりします。

どちらがいいとは言えないのでしょうが、
作品に関わる一人一人が作品の歯車と思うのか、
一人一人が作品のクリエーターと思うか、
未来への期待の広がりが違ってくるのかもしれません。

それにしても『演劇ぶっく』の潤くんの写真。
淡いピンクの国旗をデザインしたTシャツを着て、
髪の毛もゆるいパーマがかかっていて、
女性かと思える柔らかい雰囲気ですね。
今年度日本演劇界1位になった、たぐいまれな資質を持つ松本潤に、
何をやらせてみたい?
何を掛け合わせたら斬新な作品を創れる?
と、プロデューサーたちに問いかけているようにも思います。

|

December 17, 2011

『あゝ、荒野』アンケートを送りました。

舞台『あゝ、荒野』の、お一人お一人のアンケート回答と、集計結果を、
Wordにコピーペーストして、4冊に綴じて(前回送付分も合わせて)、Bunkamuraに送らせていただきました。
ご協力くださった方々、本当にありがとうございます。

皆さまのアンケート回答、なるほど~ということが多く、
とても面白く拝見いたしました。
星フリのアンケートは、今回のエキストラ話と同じように、
具体的な問いがあるから、回答するために考えるんだと思うのです。
それぞれの体験によって、出てくる答えが違うから、
気付かされることが多くて、面白いし、考えが深まるんだと思うんです。

読んでくれるキャストやスタッフもそれぞれ、
私たちには想像もできないとらえ方をするんでしょうね。

皆さま、本当にありがとうございました。

|

December 09, 2011

舞台【あゝ、荒野】アンケート回答

(1) 総合的満足度  4.8
(2)観劇前に原作を読まれましたか? はい
(3)観劇前に戯曲を読まれましたか? いいえ
(4)観劇前にネタバレを含む感想を読まれましたか? はい
(5)性別・年代  女性・50代
(6)いつ・どちらの会場で観劇されましたか? 11月27日ソワレ

(7)感激した瞬間BEST3
1位 新次のシャドウボクシング
2位 新次や客席への「おまえは誰だ?」
3位 第3ラウンド終了後の「ダンス教習所のそばを通ってくれ・・・」と言うシーン

(8)好きなシーン・印象的なシーンBEST15
1位 新次のシャドウボクシングシーン
2位 新次や客席への「おまえは誰だ?」のシーン
3位 試合前に、フードをかぶった新次とバリカンがすれ違うシーン
4位 芳子が母親を殺したと告白し、新次があくびをするシーン
5位 生々しい言葉とは裏腹な清潔で可愛らしい新次と芳子のベッドシーン
6位 喫茶店での新次と自殺研究会・宮木などとのシーン

(9)好きなセリフ・印象的なセリフBEST15
1位 「俺は俺だ!この肉体が俺だ!」(これを躊躇なく説得力を持って言える新次が凄い)
2位 「おまえは誰だ?」(哲学的問いかけに身が引きしまる)
3位 「ダンス教習所のそばを通ってくれ・・・」(バリカンの死への覚悟が伝わる)
4位 「わが撃ちし鳥は拾わで帰るなりもはや飛ばざるものは妬まぬ」(舞台横に掲げられた詩とバリカンの気持ちが一致して、謎が解けためしようで気持ちよかった)
5位 「殺されたのはお前のオフクロじゃなくて、お前のほうだろ?」(芳子への優しさが伝わる)
6位 「メシはうまいし、女とやれば気持ちいい。ただそれだけだ」(難しいセリフが多い中、あまりにシンプルで、ああそうなんだと妙に印象が残った)
7位 「俺は受け入れるよ。栄光の為に、勝利の為に。何もかも受け入れる」(新次が松本潤くんに重なって思えたシーン)
8位 「新次は、年は同じだけれど、新しい父親にみえたんです。あいつこそが、僕の新しい人生の目標になったんです」(よかったね、バリカンと思った)

(10)キャストの良かった点
・新次は、完璧というのはこういうことかと思えるほど、有無を言わせぬものがあった。
強さと優しさと振り幅が大きくて、松本潤という人の人間的スケールが新次を作り上げたと思った。
・バリカンの低くて声量豊かな声が、新次の明るさといい対比になって、新次の存在を支えしていたと思う。
・黒木華さんの芳子はたくましくも可憐で、彼女のおかげで、新次とのラブシーンが、
品よく清潔なものになったと思う。
・自殺研究会が高年齢だったこと、たくさんのキャストに、太った人・やせた人・高身長の人・低身長の人と、世の中にはいろんな人がいるんだということを見た目であらわしていたように思うが、それぞれ生きることの悲哀を表していて素晴らしかったと思う。

(11)キャストの良くなかった点
思いつきません。
    
(12)作品として良かった点
観客の奥底に潜んでいて、普段意識しない闇の部分を引っ張り出させられるような作品だと思うが、
それをパワフルなエンターテイメントとして観せてくれたと思う。

(13)作品として良くなかった点
・娼婦マリーの死とバリカンの関係が謎すぎて、釈然としない。
・舞台横に掲げられた詩を読むと、詩そのものの意味と、何故今ここで掲げられるのか?
と考えてしまい、舞台に集中できなくなってしまった。
「わが撃ちし鳥は拾わで帰るなりもはや飛ばざるものは妬まぬ」はバリカンによって明確に説明されて、知的満足感を得られたので、詩を掲げるなら、舞台との関連性がわかるようにしてほしかった。
・いろいろな解釈が可能な作品をあれこれ考えるのは好きだが、上記二つについては、
考える手掛かりがもっとほしかった。

(14)その他の良かった点
当日券が前日電話申込だったことは、地方の方にもチャンスがあってよかったと思う。
    
(15)その他の良くなかった点
できるだけ多くの人が観劇できるチケット販売方法を考えてほしい。
    
(16)DVD発売について
長く多くの人が観るチャンスがあるようにDVDを販売していただきたい。
松本潤くんは、その表情演技が真骨頂でもあるので、そのアップを多くの人が観れる機会をよろしくお願いします。

(17)上記の項目に含まれない感想や意見
今、この時期にこの舞台ができたということは、松本潤くんの役者人生にとって、
非常に大きな財産になったと思う。
そして、何かを成し遂げるということはどういうことなのか、その肉体と演技で雄弁に語ってくれた彼に、どれほど勇気づけられたかわかりません。
蜷川さんはじめ、キャスト、スタッフ、関係されたすべての方々に心から感謝いたします。

|

December 07, 2011

舞台【あゝ、荒野】感想⑤

新次は、たくさんの人たちにとって救世主だと思うのです。

母親を殺し、様々な男たちと関係を持ってきた芳子にとっては、
心身ともに喜びと幸せを与えてくれ、
自分だけを愛し、一生を共にしてくれる、唯一の男。

他人と会話ができず、孤独なバリカンにとっては、
唯一心を通わせ、父親とも思え、
死を持ってすらも希望を与えてくれる存在。

片目のコーチにとっては、自分の夢を実現してくれる存在。

松本潤にとっては、アイドルの裏に隠された欲望を表に出すことで、
計り知れない奥行きと魔力を持つ俳優であり、
その肉体と声とセリフから、信頼に足る本物の俳優であることを証明させてくれた存在。

観劇する者たちにとっては、
絶対的な憧れの対象を持つことが生きる励みになり、困難を克服させると痛感させてくれた存在。

そして、人の心を深くえぐる本気のエンターテイメントを創りたいと思っている人たちにとっては、
一緒に仕事をしたいと切望する、代替不可能な俳優に出会わせてくれた存在だと思うのです。

救世主たりえるには、辛酸をなめ、
人の心の裏表を知りつくし、
それでも己に打ち克ち、
「おまえは誰だ?」と問われれば、
深く傷ついた思いを刻み込みながら鍛え上げた肉体を指して、
「この肉体が俺だ!」と答える自信があればこそと思うのです。
そこが、新次と潤くんがダブって見える所以かもしれません。

このような新宿新次を、
現代の世によみがえらせてくれた蜷川さんと潤くんとキャストとスタッフに、
深く深く感謝いたします。

|

December 06, 2011

舞台【あゝ、荒野】感想④

やっと『あゝ、荒野』の戯曲を読みました。
美しい長編の詩を読んだような気がしました。

原作は、森山さんの写真のおかげもあってか、
あの当時の新宿の様々な人間模様をつぎはぎしたような感じでしたが、
戯曲は、一つの架空の世界が構築されていて、
新次とバリカンと芳子と自殺研究会の叙事詩的感覚でした。

原作にはなかった娼婦マリーの死が、
バリカンの死への伏線的な流れにもなっているようで、
脚本が夕暮マリーさんという覆面作家であるというのは、
娼婦マリーという原作にはない人物を使って、
この戯曲をリードしているという暗示なのかもと思いました。

そして、戯曲と実際の舞台の違いは、
舞台の新次、バリカン、芳子が、非常に清潔でピュアな印象なのに対して、
自殺研究会や娼婦たちや他の登場人物たちが、
生きることの澱(オリ)のようなものが、体の中に沈殿しているような汚れた印象があり、
その対比が際立っていたことです。
自殺研究会の面々が、役柄よりもかなり年齢が高い役者さんたちが演じたというのも、
この対比を明確にする意図があったのかもと思われます。
また、いろんな種類の人間がいるんだよということを表すために、
体格の違いが大きい俳優さんたちを配役しているのだろうなあとも思いました。

ところで、蜷川さんが、潤くんを「もったいない」と言ったのは、
女子供の憧れだけではもったいない。
成熟した男にだって惚れられるのに・・・ということもあるのかもしれません。

男が惚れる男というのは、
自分がしたくてもできないことをやってのける男だと思うのです。

例えば、やくざ映画の高倉健さんは、
ストイックに鍛えた体で寡黙を通し、
最後に義理や友情のために身を捨てて、殴り込みをかける美しい男だったわけです。

新次は、男なら誰でも本来は持っている欲望を隠しもせず、
堂々と宣言し、実行し、
世の真実を鋭く突き、
惚れた女なら母親殺しでも受け入れる度量の大きさを持ち、
我が身の破滅よりも、真に友達だと思った男の究極の願いを、
鍛え上げた体ととてつもない精神力でかなえてやる。

生きることにきゅうきゅうとせざるを得ない現代の男たちにとって、
感涙にむせぶほどの憧憬の対象となる、まっすぐに煌めくカッコイイ新次なのでしょう。
非情に思われることの遂行の奥にある、真の情の大きさ・むずかしさを知りぬいている男だからこそわかる、
新次の魅力もあるのでしょう。

あらためて、潤くんがこの役に賭けた強い思いがわかるような気がします。


|

December 02, 2011

「龍(りゅう)になれ、雲、おのずから集まる」

無事、千秋楽が終わったようで、感無量です。

先日のベストアーティストでの自信に満ちた風格。
『あゝ、荒野』の大成功が、大きな階段を上った自信をみなぎらせていると思いました。

CDが何百万枚売れようと、高視聴率をとろうと、
とらえどころのない大衆の数を集めたことに過ぎず、
内容は問われない。

でも今回は、作品だけでなく、潤くん個人の演技についても、
目利きのプロたちから素晴らしい評価を得て、
準備と努力を重ねてきた彼は、どれほどうれしかったことでしょう。

そして、先日のEnjoy。
充実感溢れる舞台の報告と、ニッポンの嵐とワクワク学校のチャリティのお礼。

ニッポンの嵐は、観光立国ナビゲーターの一環として小さく始めたことだったけれど、
内容が素晴らしかったから、震災後の日本を元気づけるために、
文庫本の出版や、NHKの明日に架ける旅につながっていったんですね。

『あゝ、荒野』にしても、『ニッポンの嵐』にしても、
志の高いものを丁寧に作っていけば、
同調する人たちが集まってきて、大きなうねりとなって、
想像もしなかった高みに登っていくと思うのです。

今回の舞台の成功で、
今後、さらにいろんな才能が潤くんの元に集まってくると思います。
まさに、「龍(りゅう)になれ、雲、おのずから集まる」ですね。

最初は、たった一人の孤独な龍かもしれませんが、
孤独を恐れず、中身を磨き、深い包容力を持つようになれば、
たくさんの雲が集まってきて、龍を高く高く押し上げてくれると思います。
ファンも雲の一角ですね。
松本潤という美しく輝く龍にふさわしいファンになれたら、光栄に思います。


|

November 29, 2011

舞台【あゝ、荒野】感想③

なぜ私がこんなに結末にこだわったか?

それは、セックスは日常行為であり、売春もあの時代の少し前までは合法だったことですが、
ボクシングを通しての殺人は、美化してはならないものだと思うし、
もし、DVD化されたり、再演を重ねて、多くの人たちにとってポピュラーな演目になったとき、
論議の的になる可能性があると思ったからです。
『あしたのジョー』は、最後、死んだかどうかわからないという想像に委ねる終わり方をしていますが、
『あゝ、荒野』は、殺し殺されることを否定していません。

この作品をフィクションとして、アリと思ってもらえるためには、
膨大な知恵とエネルギーが必要で、
ラストシーンを美しい音楽と、美しい肉体が優雅に踊るがごとくのスローモーションで、
観客を拳闘の興奮の陶酔へと誘い込み、エンターテイメント作品にしています。
生とは何か? 死とは何か?
永遠の問いかけを観客の脳裏に刻み込み、反芻し続けざるをえないことで、
新次とバリカンの物語がずっと記憶に残ってもらえるということかもしれません。

|

November 28, 2011

舞台【あゝ、荒野】感想②

私はあえて戯曲を読まずに観劇しました。
それは、1度の観劇で、結末に納得できるかどうか、
自分で確認したかったからです。
戯曲を読んでから芝居を観るということは、普通はないですしね。

私の感想①では、ストーリーやセリフが説得力を持っていたと書きましたが、
視覚の説得力は、新次のシャドーボクシングのシーンに集約されていると思いました。
シャープで軽やかに繰り出すパンチで、
まったく息も上がらず、小気味いいほど明瞭な発声で、自らの巨大な欲望を語る新次は、
人間技とも思えない能力と、これ以上美しい肉体はあり得ないほど究極に鍛え上げらた体で、
世界中の誰もできなくても、自分だけはできる! バリカンの望みをかなえてやる!という、
人間の常識を超え、神に愛されても当然という不遜さがありました。
これが新宿新次であり、松本潤の実力が存分に発揮されたシーンでした。
ひと声聞けば、その人の歌の実力がわかるように、
このシーンの松本潤は氷山の一角で、その下にある膨大なトレーニングの日々が一瞬にして見える気がします。
これぞプロフェッショナル!

自らの体と声で、大切な大切な心の友を殴り殺すことを納得してもらわなくてはいけないという、
とてつもなく難しいことを成し遂げなくてはいけない新宿新次という役は、
俳優にとって非常に魅惑的であると同時に、これほど怖いものはないのではないでしょうか。
そこに挑戦した勇気と、それを成し遂げた凄さに、ひれ伏すしかありません。


|

舞台【あゝ、荒野】感想①

27日ソワレに行ってきました。

原作を読んでいた私にとって、観劇にあたっての最も大きな関心は、
ボクシングにはTKO(テクニカルノックアウト)というルールがあるのに、
バリカンが死んでしまうまで殴り続けたこと、
そして、あこがれの新次と永遠にのっぴきならない関係になるために、
バリカンが死を喜んで受け入れ、新次がそれに加担したことに、
説得力があるかということ。

結論から言うと、アリかなあ・・・と。

そこまで持っていくための伏線は、
自殺研究会の人間が、
人を批判する口だけは達者でも、自分は自殺しようとしてもできず、
思うことをうまく口にできないバリカンは、ボクシングで新次に殺されるという、
自分が決めたことは実行できる潔い強さがあるということ。
また、新次はヒーローになるという欲望のためには、すべてを受け入れると言ったこと。
すべての中には、唯一の友とも思っていたバリカンを殺すことも入っているのだと思うのです。
実際、のし上がってきた人間は、人を殺さないまでも、
誰かを精神的、或いは社会的に抹殺してきているということは、いくらでもあると思うのです。

そして、芳子と新次はセックスで結びつき、子供を作り、一心同体の関係になっていくのでしょうが、
バリカンと新次は、新次がバリカンをボクシングで殴り殺すことで、バリカンは新次の中で生き続ける永遠の命を獲得したとも思えます。
バリカンの命を引き受けたという新次の決心が、バリカンの遺体を回らせる場所を、
リング上で次々と挙げていたのだと思います。

現実にはあり得ないことを、アリと思わせるための圧倒的なパワーがあるかないか。
これが、作品の成否を決めると思うのですが、
この一番の難題を、この舞台はクリアしたと思います。

続きは、また。

|