February 27, 2019

傷つかないメンタル

MAYUさん、エツコさん、
いつもフォローありがとうございます。

私が星フリを15年も続けてこれたのは、
本音を書いてきたからです。

本音を書くことを我慢しなくてはいけなかったら、
そもそも星フリをやっていません。

少なくとも、こういうことを言われたら、
面白いだろうなあと思うことしか書いていませんし、
私なら嫌だと思うことは書いていません。

私は私の感覚や感情しかわかりませんし、
他の人がどう感じるかはわかりません。

同じことを言ったり、書いても、
それを面白がる人もいるし、
不愉快に思う人もいる。

ですから、どう感じるかは相手の問題です。

先日のMJ倶楽部で、
潤くんと堀越の同級生と下級生の会、
楽しかったですね。

でも、結構、失礼なこと言っているんですよね。

七くんの、「嵐と聞いた途端、売れないと思った」とか、
スケスケ衣装を見て、「終わったと思った」とか。

潤くんが、それを聞いて、
「不愉快だ」とか、「傷ついた」とか言う人だったら、
同級生たちは、そんなこと言わないだろうし、

すぐに傷つくようなやつとは付き合いきれないと思って、
離れていくでしょうね。

お互いに言いたい放題言っても、
お互いが傷つかないし、
面白がる人たちだから、
長年の友人関係が続くし、

それを見たり聞いたりしていることが楽しいんですよね。

まあ、これがいい人間関係を続けていく基本ですね。

|

October 02, 2018

デビル潤、炸裂!

しやがれの、宮川〇輔さんとの対決、
MJvsMD、
超、楽しかった~!


潤くんは、悪い子やると、
イキイキと弾けますね~。


この路線で、どんどん弾けていただきたい。


中途半端にすると、
好感度がドウタラ・・・とか、
嵐のイメージが悪くなるとか、
いろいろ言われそうですが、


そのキャラで突出すると、
潤くんだけでなく、


いい子ちゃんぞろいの嵐にとっての、
大きな魅力になると思いますね。


と思うのは、
先日のしやがれに出演していたキンプリ。


それぞれ、魅力的なイケメンぞろい。


でも、その中で、一番印象に残ったのが、
自分で脚をつらせることができる岸くん。


ファンでない大勢の人が見るテレビのバラエティでは、
変で、わかりやすいインパクトが大事。


変というのは、360度、いろんな方向への変があるけれど、


デビル潤は、
あの美貌だからこそ成り立つ魅惑のキャラ。


MJが実は、デビルだった・・・
というのも、楽しいかも。

|

September 25, 2018

しやがれとLIFEのコラボ

しやがれとLIFEの、
日テレとNHKのコラボ、
楽しかった~。


潤くんファンとしては、
内村さんのスケスケ衣装の松潤が、
最高!


「まさか、松潤?
厚かましい~」


と言われたときの、
恥ずかしそうな様子が、
胸キュン。


嵐と言えば、デビュー時のあのスケスケ衣装という、
シンボリックなものがあるのがいいですね。


ジャニーズはグループがたくさんありますが、
一発で、嵐とわかるんですもの。


こういうときは、真っ当な衣装よりも、
恥ずかしさMAXなのがいいんでしょうね。


大野くんのあぶない刑事のコントも、
素晴らしかった!


大野くんは、スイッチが入ると、
ハイレベルなステージで、演じたり、踊ったりするんですね。

|

August 31, 2018

生MJ

恒例の24時間TVの嵐のしやがれ、
みることができなくて、
夕べ、やっと録画を観ました。


生MJ、楽しかった~。


あのですね。


This is MJは、
潤くんのカッコ良さを褒めたたえるコーナーではなく、


松潤のカッコ良さを、からかうコーナーなんですよ。


松本潤は、世間的には、
ジャニーズのカッコイイ担当のようだけど、


MJは、
実は、姑息(こそく)で、卑怯(ひきょう)で、
ちっちぇえ男なんですよ。


どうだ、俺はカッコいいだろう・・・じゃなくて、
自虐風味だから、
愛されて、人気コーナーになって、
ずっと続いているんだと思うんです。


今回の生MJは、
最初のトライは、失敗して、
これは練習ということにして、
2回目で成功するという台本なのかもと思ってしまうほどです。


自分だけ2回トライする、
ズルイ奴なんですよ。
MJは。


でも、そんなMJが成立するには、
決める時は決めるという、
身体能力と、メンタルの強さが不可欠。


今回の生MJで、
2回目にビシッと決めたのは、
本当にサスガですね。


カッコ良さとカッコ悪さが背中合わせの、
微妙なバランスがとれるのは、
潤くんならでは。


生でそれをやってのけることができるのは、
素晴らしいことです。


次のコーナーのMCの上田さんの、
誰もカッコいい男はいなかった・・・というようなコメントは、
まったくその通りで、
大団円なまとめ。


今回の生MJで、
まだまだThis is MJは続くだろうなあと安心しました。

|

August 14, 2018

チーズのこえさんの声

嵐にしやがれのMJ倶楽部のロケで、
「この牛乳いくらですか?」
「670円です」
「高っ、スーパーだと130円とかですよね!」
という会話があったとのこと。


この部分を削除しないでほしいという声が、
ロケを受けた人のFacebookに書かれている・・・
ということが、
ネットで話題になっていますね。


私、高っ!って言ったのは、
潤くんではないと思うのです。


彼は、ブランド志向で、
ブランドというものが、
どれほどの手間がかかり、
作り手の強い思いがこもっているかを、
よく知っていると思うのです。


ですから、こういう発言は出てこないと思うのです。


ロケに行った、キンプリの二人も含む3人の誰かの発言でしょうが、
潤くんが言ったということで、
ネットでは広まっています。


チーズのこえさんの無念の気持ちもわかりますが、
一般人は、
facebookなどで発信できます。


でも、タレント側は弁明できない。


タレント側が、どんな気持ちで、発言したかはわからないし、
自分の思いとは、まったく違う形で編集されて、放送されることも、
多々あるでしょう。


編集する側も、本当は、こういうことを伝えたいと思っても、
牛乳関係の大手メーカーのスポンサー筋に忖度(そんたく)したり、


真面目に考えることよりも、
面白おかしく番組を作った方が視聴率がとれるという現実があるわけで、


こういう大きな仕組みの中で、
誰もが、何かを犠牲にして、
自分がやれることをやって、
生きているんでしょうね。

|

July 29, 2018

執念深さ

昨夜のしやがれ、
笑点のときの紫の着物姿。
美しかったですねえ~。(ためいき)


私は、潤くんが、
美しく、スッキリしていれば、
それだけで幸せな女。


歳を重ねても、美しい男は美しい。


若い時、美形でも、
歳と共に、醜くなる男は、
中身に問題あるんだろうなあ。。。(言いたい放題)


平成のロビンフッド、
リンゴを射抜いて見事でした。


勝つためには、
勝つまでやる!


そんな執念深さが、
潤くんの勝負強さなんでしょうね。

|

June 05, 2018

いじる・いじられること。

先日のしやがれの、
長〇剛さんと相葉ちゃんの、
鹿児島のツーリング、
楽しかったですねえ。


相葉ちゃんは、おじん殺しというか、
懐に飛び込んで可愛がられるのが、
素晴らしく上手ですね。


もし、これが潤くんだったら、
どうだったろう・・・と思いました。


私、潤くんが、こういう怖そうな先輩に、
鋭く突っ込むことができたら、
潤くん株が大いに上がるだろうなあと思うんです。


だって、そんなことができる人は、
滅多にいませんもの。


他の人ができないことをするから、
魅力的なんです。


相葉ちゃんとは、逆の意味で、
おじん殺しになれると思いますね。


私、仕事関連の勉強で、
あるコミュニティに入っているんですが、


そこで、ものすごく優秀で、
デキル若い男たちに、


いじり倒されているんです。


どんなにいじられても、
私は、めげずに立ち向かっていきますから、


そういう優秀な男たちは、
安心して、私を責めてきます。


そこまで酷いこと言うか!
ということまで、言われます。(涙)


でも、周りから、
まるで、漫才みたいと、面白がられています。


これが、言い返せないような人をいじると、
イジメと思われますからね。


デキル男は、そのへんのことを、
瞬時に判断して、


いじる相手を選んで、
周りを楽しませて、
盛り上げますね。

|

May 24, 2018

開演時間

私のビジネスの次のステップに行くために、
勉強に次ぐ勉強をしていたら、

何年かぶりに風邪をひいてしまいました。

しばし、休んでいます。

先日のしやがれ。

マドンナのパーソナルシェフの方に、
「海外のアーティストは、どうして、1時間2時間遅れて開演するの?」

パーソナルシェフの方は、
「気持ちを盛り上げるのに必要な時間なのよ」
とか言っていましたが、

はあ?ですよね。

潤くんも、「みんな待ってるよと、言ったほうがいいよ」と言っていましたね。

みんな待っているだけでなく、
この時間に始まるということで、

スタッフもそれに合わせて準備しているし、
観客だって、いろんな事情の中、
時間をやりくりしてきているだろうし、

肝心のスターがそれでいいの?

気持ちを盛り上げるために、その時間が必要なら、
もっと前から準備していればいいだけのこと。

マドンナのそばで仕事をしているパーソナルシェフは、
そんなことを言ったら、
クビになっちゃうんでしょうか。

|

April 09, 2018

しやがれ諸々

しやがれの旬潤対決。

旬くんは、プライベートで、奥さんにガンギレするんですね。
そして、優しくされると、泣いちゃったり。。。

おもわず、スマイルの怖~い林とビトを思い出してしまいました。

あのときの林は、ほんとに怖かったし、
ビトは、どうして、林から離れられないの?
と、イライラしたものです。

どんなに酷いことをされても、
ビトにとって、林なしの人生は、
考えられなかったのでしょうか。

もしかして、共依存?

ビトの悲運に、
私は泣きに泣いて、
考えさせられるドラマでした。

ところで、2本のなわとびの間でパフォーマンスし続ける潤くん。
ノーミスで、凄かったですね。

Y〇SHI〇Iさんやユー〇ン、
なかなかバラエティに出られない方達が出られて、
面白かったです。

女性アーティスト売上ベスト5でトップのユー〇ンは、
この5人の中で唯一離婚していないのかな。

70年代から2010年代まで、連続5年代オリオン1位というのは凄いことですね。

「自分の名前が消えても、歌だけ残ってくれていればいい」と。

つまり、才能と自己顕示欲を別に考えられるから、
プライベートでも、
浮き沈みがある芸能界でも、
安定していられるのでしょうか。

|

January 02, 2018

天才には天才の悩みがあるのかなあ。。。

ゆうべのしやがれ。

元旦にふさわしく、
豪華で楽しかった!

MJ対決。
我らがMJのスライディング、さすが!

アクションが、とにかく美しくて、
惚れ惚れ。

大野くんの嵐の4人の名前を表した書道。
見事でしたねえ。

大野くんって、
先輩の動きの真似や、
今回の書道にしても、

一瞬で、その人のイメージをつかんで、
それを、表現する能力が凄い!

まさに天才。

天才だから、ガツガツしようと思わないのかなあと思ったりして。

潤くんのMJが、
日々の鍛錬の結果なんだろうなあと想像させられるのと真逆で、

大野くんは、ひらめきなんだろうなあと想像してしまう。

ふと、天才には天才の、
凡人にはわからない悩みもあるんだろうなあと思ったりの、
元旦の夜でした。


嵐ランキング

|

より以前の記事一覧