March 23, 2013

「俺、次があるから」

ひみつの嵐ちゃん、とうとう幕を閉じましたね。
最後のアニメとStillに、スタッフはこの番組を終えたくなかったんだろうなあという想いが感じられて、
思わず涙してしまいました。

この番組の功績は、嵐がそれぞれ個性的な5人で構成されていることを、
手を変え品を変えて、深く刻みつけたことだと思うのです。
試行錯誤の連続でしたが、
ヒットした企画というのは、マネキン5にしろ、ランキングダービーにしろ、
嵐内にランキングをつけたこと。
切り口を変えれば、誰でもトップにもビリにもなるというのは、
それぞれの人気が拮抗していて、それぞれの個性が浸透していたから可能だったことだと思うのです。
VIP ROOMのゲストに嵐5人のそれぞれの印象を語ってもらうコーナーだけでも、
なるほど~とうならされて、面白かったです。

<嵐=それぞれ違った個性で、各メンバーの人気がほぼ同じくらい>

だからこそ、視聴者やゲストが気兼ねなく、投票したり、言いたい放題できたと思うし、
メンバー自身の一喜一憂もリアル感がありました。
それが、嵐の強力な武器であり、
番組にビビッドなヒリヒリ感をもたらし、キラキラ輝いていました。

せっかく3年かけて、誰もまねのできない独特な素晴らしさ・凄さをバラエティで築き上げたのに、
ミッキーたちとの夢の競演を最後に、2人体制になってしまいました。
2人体制になったと知ったときの、私の怒り狂ったコメントがブログに残っています。

どういう事情と意図で二人体制になったか知りませんが、
あのとき、この番組の終了が見えた気がします。
それまでの、嵐の5人の関係性だから面白かった番組が、
嵐のメンバーでなくても成り立つんじゃないのと思う番組になってしまいました。
ファンは好きな人が出ているから見ますが、
面白さの肝心要がなくなってしまった番組を、
他にいくらでも選択肢のある多くの一般視聴者が見たいと思うでしょうか。

潤くんが、「俺、次があるから」と言ってシェアハウスを出ていったのは、らしいなあと思いました。

次に何があるのかわかりませんが、
潤くんにしかできないこと。
嵐にしかできないこと。
それぞれのメンバーにしかできないこと・・・にフォーカスしないと、
二人体制の嵐ちゃんの二の舞になってしまうのではないかと思うのです。

MCで成功している人たちというのは、他に替わる人がいない人たちなんですね。
そう考えると、潤くんはMCではなく、他の人には絶対真似のできない、松本潤にしかできない俳優の仕事をしていってほしいなあと思います。


|

March 15, 2013

ラジオのトーク番組はどうでしょう?

嵐ちゃん、終わりましたね~。
3つのバラエティの中で、ファンには一番楽しめた番組だったかもしれませんが、
イマイチ視聴率が・・・でしょうか。

ニノのプラチナデータを誉めまくり、翔くんのマネキンファイブの象徴のダブルパーカーを着た潤くん。
最初の24時間テレビで相葉ちゃんの、「誰よりも一番嵐のことを考えてくれてありがとう」の言葉が思い出されました。

うちの夫、東京ラブストーリーのカンチ~!で、保〇美ちゃんにやられちゃった一人で、
繰り返し繰り返し、あのドラマを観ていたなあ。。。
それが、娘たちが皆嵐のファンで・・・と言って、潤くんと共演。
Attack itの歌詞の詳しさからいっても、実は本人がかなりのファンと思われ、
「保〇美ちゃんは、いったい誰のファンなのかしらね~」という私の嫌味なコメントに返す言葉もなく、
夫は、「目じりのしわが・・・」とばかり繰り返していました。
時の流れを感じますなあ。。。

ところで、相葉ちゃんのMC番組も発表され、
嵐5人のうち、3人それぞれが自分の番組を持つことになりましたね。

潤くんはバラエティではなく、チャレンジングな俳優業に邁進してほしいと思うのですが、
もし、単独で番組を持つのであれば、
ラジオのトーク番組はどうでしょうか。
ここでも、潤くんの対談番組を希望されている方たちがいましたが、
テレビだと、どんなに抑えてもゲストより潤くんの華が目立ってしまうし、
視聴率や番宣その他で、対談相手が限られてくると思うのです。
潤くんの個性や強みを生かすのであれば、
深くて本音の話が聴ける番組がいいと思うのですが、
それでは、数で勝負の視聴率をとるのは難しいと思うのです。

日〇のCMのすみわけは見事だと思うんです。
ノッテコニッサンは、嵐の楽しく面白いイメージがとてもうまく生かされ、
潤くん単独は、メダリストの豪華さにぴったりでよく売れているそうですね。

ですから、30歳になる潤くん単独の番組なら、〇産メダリストのデキル男のイメージがいいと思うんですよ。
ラジオのトーク番組で、その道の超一流の人たちを迎えて、
好奇心のおもむくまま、テレビでは聞けないような突っ込んだ話を引き出す。
潤くん自身が、超一流の仕事人ですから、豪華な番組になると思うなあ。。。
テレビが量なら、ラジオは質を目指すということで、どうでしょう?(ラジオは全国放送が難しいでしょうから、ネットでも聴けるようにしていただいて)

余計なことですが、後でCDや書籍にしても売れるんじゃないですか?
潤くんには、それだけ聴く力があると思いますし、
そういう本やCDが書店に並ぶと、ジャニーズのアイドルだけでない、
潤くんの俳優としての可能性も広がるのではないかと思うのですが。。。

|

December 02, 2012

松潤比

先日の嵐ちゃん、武井咲ちゃんという若くて経験の浅いゲストだったせいか、
素顔の潤くんが垣間見れたようで、興味深かったです。

19歳で遊びまくっていたという潤くん。
遊びって何ですか?と思わず、具体的に聞きたくなる私。
過去の話として言えるってことは、今はどうなんだろう???

ぶっ壊しちゃえばいいとか、我慢しないと言う潤くん。
演技指導にイチイチどうしてそうしなくちゃいけないのか聞く潤くん。
以前、週刊文春の嵐の紹介記事で、潤くんのことを業界では「扱いづらい」と評判のようなことが書かれていましたが、
そういう潤くんだからでしょうね。

日本人はとかく波風を立てず、自分が我慢することが美徳のような風潮がありますが、
その結果が、今の日本の衰退を招いていると思います。

先日、私、嵐をここまでにしたのは潤くんがいたから・・・と書きましたが、
潤くんが外と闘って、ニノをはじめ我慢してしまう4人を含む嵐を守ってきたのだと思います。
嵐が我慢する扱いやすい人だらけだと、権力を持つ人間の勝手な都合に振り回されますからね。
と同時に、他の4人が我慢するタイプだから、5人の嵐が成り立っているんでしょう。

それにしても、ベストアーティスト、VS嵐、ひみつの嵐ちゃんと、
潤くん、スッキリ痩せて美しい~、カッコいい~!!!!!
ラキセを撮影するときは、体を絞るんですね。

VS嵐のときの、襟ぐりの大きく開いた青いセーターは、長い首のラインの美しさが強調され、
もうすぐひみつの嵐ちゃんのときの、歩く後ろ姿の美しさ、
惚れ惚れしました。

潤くんの体型って、小さい頭、長い首、広い肩幅、細いウェスト・・などなど、
普通ではない部分部分が絶妙なバランスで成り立っていて、
黄金比ならず、松潤比とでも呼べるもののように思います。
一つでも欠けると微妙なバランスを失ってしまう松潤比が、
今は、見事に表れているように思います。

それなのに、なんですか、マネキン5のあの入院患者ガウンは?!
せっかくの松潤比が、ものの見事に壊されて、重心がダラ~ンと垂れ下がってしまいます。

とまあ、自分のことはこの上ないほど棚に上げて、いろいろ書いていますが、
先日、フィットネスクラブをいくつも経営している女性と話をしていて、
「女性は私の細かいところまで凄く見ているのよ。いやんなっちゃうわ。」というようなことを言っていました。
そのとき思いました。
彼女に憧れているからこそ、細かいところまで目が行ってしまうんだろうなあと。
どうでもいい人だったら気にならないもの・・・と、松潤ファンの私は納得した次第です。


|

October 14, 2012

どっちでもOK!

「結婚するならどっち?」の問いに、真剣に考えてくださってありがとうございます。

私も、現実の潤くんと翔くんなら、迷いなく100%潤くんです。
たぐいまれな○欲の持ち主であろうと、
家族を不幸にすることは絶対ないと思いますし、
彼となら、どんな苦労も楽しく乗り越えていけると思いますもの。

ただ、私のお題は、シェアハウスの吹○さんが、
多くの男性が彼女のような人と結婚したいと思うんだろうなあと思い、
あのときの翔くんと潤くんの立ち居振る舞いが、女性が結婚したいと思うタイプをそれぞれ代表しているように見えて、
私が○石さんで、両方のタイプからプロポーズされたらどうしよう・・・と、真剣に悩んでしまいました。

あの投稿をしてから、皆さんの書き込みを拝見し、さらに悩みましたが、
結論は、どっちのタイプでもOKなので、
自分の気持ちを突き詰めて、本当に好きな方と結婚をするということです。

翔くんタイプは今までの日本で安定していると思われている人生なだけで、
これからの時代、何が起こるかわからないし、
時代の変化に逞しく対応していくであろう潤くんタイプの方が、実は安定感があるのかもしれません。
誰も一瞬先のことはわからないのだから、一緒にいて楽しい人なら、
一緒に楽しい人生を送れるのではないかと思うのです。

一緒にいて楽しいというのは、自分も好きだし、相手からも心底愛されているという実感があって、
心置きなくいろんなことを話すことができる関係ですね。

きみぺでたしか、「恋愛というのは、自分に欠けているものを補おうとするものだ」というようなセリフがありましたが、
自分に欠けているもの次第で求める異性も違ってくるだろうし、
お互いが欠けているものを補い合い、尊敬し合えるような結婚だったら、
タイプは関係ないし、困難を乗り越えるたびに絆が強まり、結婚して本当によかったなあと思えるのではないかと思います。

どっち?と問いかけておいて、
私自身は、どっちでもOKというしょうもない答えになってしまい、申し訳ありません。


|

結婚するならどっち?

フッ○ーがゲストの時のひみつの嵐ちゃん、
翔くんは、ガツガツしなくても常に成績はトップクラス、一流大学、大手企業で、
フ○キーを好きだけど、もし彼女もよければという、おっとり長男。
潤くんは、高校の頃から学校の勉強よりもやりたいことに熱中して、それを仕事にしっかり稼ぎ、今までガールフレンドは何人いたんだろうという二男。

私が○ッキーで、両方からプロポーズされたらどうしよう。。。(妄想)

どちらも優しいけど、翔くんは、君がいいならいいよ的な優しさで、
潤くんは、心の隅っこに潜んでいる自分でもきづかない寂しさにそっとヒットする優しさ。

結婚するならどっち?

女心がときめきのは潤くんだけど、長い人生を共にするならどっち?

|

August 11, 2012

「地元にいたら泣かしますからね!」

昨夜のひみつの嵐ちゃん、
くそ生意気な風○ちゃんのこと、
「地元にいたら泣かしますからね!」

ク~! 胸どっきゅん。
泣かされてみたい。
どんなふうに泣かすんだろ?
ドSにグイグイくるんだろうな~

そしたら私は、ウソ泣きして困らせる。
そして怒涛の言い返し。
負けないもんね。
バトルにつぐバトルだよ。。

妄想~~。
楽しい~~。


|

April 23, 2012

マネキン5・SP(5回目)

あまりの忙しさに浦島太郎状態です。

その間に、700万ヒットを超え、
潤くんは新生JALの顔として、初新規のボストン便のテープカットですか。
結構なことです。

マネキン5も悲願の1位を獲得しましたね。
何かの雑誌で、10年前も今も、負けず嫌い1位に嵐メンから選ばれる潤くんが、
全力を尽くしてもビリになって、
イケメンが心底悔しがるところに、マネキン5の面白さがあったわけで、
ビジュアル系でおしゃれでかっこいい松潤が1位になっても、
本人とファン以外はあまり面白くないかも。

それにしても今回で5回目のこの企画。
自分でお店を探し回って、あれやこれや考えに考えたあげくを5回繰り返すと、
それぞれのメンバーの本質が如実に表れた気がします。

結局、翔くんは、スーツにネクタイ。
ニノは、マネキン1体買いという事実を、こねくり回した理屈で煙に巻く。
相葉ちゃんは、ハチャメチャで統一感なし。
大ちゃんは、なんとなくおじいさんっぽい。
そして、我らが潤くんは、
視聴者からのフィードバックを真剣にとらえ、試行錯誤を繰り返し、
どういうものが選ばれやすいか研究し、
とうとう、これぞ!というものを提示して、結果を出す。

他の4人は、結局居心地のいいところに戻った感じなのに、
潤くんだけは、我を抑えても結果を取りに行ったという感じですね。

今回のリトマス試験紙コーディネート、
上品だけど、冒険心と遊び心があって、私大好きです。


|

February 06, 2012

一心不乱

話が古くなってしまいますが、
嵐ちゃんの新しい企画・マジデマリサーチ、
潤くんの素の可愛らしさが出ていて、おもしろかったですね~。

潤くん、必死で腕が上がらないようにして、
負けず嫌いの本領発揮なのですが、
「力抜いたら、上がっちゃうもん」に、キュンですよ。

そんな中、一番の衝撃は、手づくり名刺。
名刺といったら、名前がキチンとわかりやすく書かれていて・・・という固定観念が、
一瞬で打ち砕かれました。
嵐・松・本・潤の文字がキラキラと名刺上に散らばっていて、
なんて素敵なんでしょう。
名刺を見るだけで、その人のクリエィティビティがわかって、
そこからいろんな方向に会話が広がっていきますね。

そこで思い出したのが、何かの雑誌で潤くんが会いたいと言っていた建築家の安藤忠雄さん。
建築とはなんぞや?という根源的問いかけをするような、
創造性あふれる建築物を作る方だと思うのですが、
先日、テレビで紹介されていて、一時プロボクサーもされていたんですね。
大学での専門教育を受けず、独学で世界的建築家になられたのですが、
その孤独な道を支えた言葉として、「一心不乱」と答えておられました。

斬新なアイディアって、元々そういう才能を持っている人がいるような気がするのですが、
実は、一心不乱にやり続けることで、その人にとっては当然のごとくたどり着いたものが、
他に類を見ない独創的な創造物になっているのでしょうね。

それは、潤くん発案のムービングステージにも言えると思うのです。
一心不乱にエンターティメントを追求し、お客様により喜んでもらえるにはどうしたらいいか、
考えることと実行することを繰り返して、あの客席の上を動くステージが出来上がったのだと思います。
雑音や困難や邪魔やあらゆるものが立ちはだかるからこそ、一心不乱にやり続けることに価値があるし、
一心不乱だから、固定観念や常識なんて、意識しないうちに突破していて、
その結果出来上がったものは、びくともしない骨のあるものになるのでしょうね。

「紙の命は一回限り」という言葉もありましたが、
一枚の名刺作りにも、この名刺をいかに生かそうかという潤くんの一心不乱な思いが見えるようでした。


|

October 24, 2011

マネキン5スペシャル(横浜編)

最近のアラシゴト、ついていくのがたいへんです。

まずは、マネキンファイブの第4回スペシャル・横浜編、
いいですね~。
楽しいですね~。

西川先生を凝視し続ける潤くんは、
口では対抗できない女性に対する強力武器なんでしょうか。
あれをやられたら、固まって、黙らざるをえないですよね。
でも、結局、西川先生の予想通りの結果になったし、
潤くんの熱視線を浴びて、彼女の毒舌はますます磨きがかかるでしょうから、
松潤VS西川先生のバトルのヒートアップが楽しみです。

それにしてもマネキン5スペシャル、素晴らしい企画に成長しましたね。
まず、洋服をフィーチャーするという今までにない企画が成功したことが大きいと思います。
嵐の5人という、モデル体型とはいえないメンバーがいることが親しみやすさになっているし、
単純な結果にならない面白さがあると思います。
それをマネキンに着せて、誰のセンスか全然わからない段階で、
言いたい放題のコメントをつけて投票するという視聴者参加型であることが、
投票数の激増につながっているんでしょうね。
食べ物は食べないとランク付けできないけれど、
洋服なら、ネットでも見れるし、投票できますものね。

お店をロケ地にして、制作費削減になり、お店の宣伝にもなり、
お金をかけずに視聴率がとれるという美味しい番組ですね。
そのうち、海外のアパレルメーカーやお店から声がかかって、
海外ロケもあるかも。

まあ、一番の肝は、
個性の違う嵐の5人が自分のセンスを評価してもらおうと、真剣に悩み、
視聴者の投票に一喜一憂する姿が、
視聴者のドS心を刺激するところでしょうね。


|

May 29, 2011

『嵐ちゃん』のなぜ?

モデルハウスの『嵐ちゃん』、楽しかったですね~。
潤くんと同じ家で一緒に暮らしている妄想、幸せでした。
綾瀬はるかさんがワンテンポずれていたので、
何でもデキル!みたいな感じの人よりも、
ほんわか妄想しやすかったです。

でもね。これって、ファンだから楽しかったのであって、
好きでもない人との妄想なんかしませんよね。
嵐でなければできないことをしないと、
別の人たちでもOKな番組になってしまいますね。

『嵐ちゃん』は、どこに向かっているのでしょう?

オリスタで潤くんが、「やっぱり仕切りは向かない。仕切るより自由なスタンスでいたい。」
と言っていましたが、
本当にそうですよ。

嵐の魅力って、5人それぞれが自由でいられることだと思うんです。
自分のスタンスで、自由にしているように見えるから、
視聴者も安心してくつろぐことができると思うんです。

無理に立派な人になろうとしないで、
ダメならダメを突き進むから楽しいし、笑っていられる。

『VS嵐』のラストの恒例になっている感のある、”あっかんべえ~マッチョくん”、
自信満々なのに、毎回あえなく撃沈して悔しがる潤くん、
最高ですね。
俺様を封印せずに、
それをトコトン突き抜けて、くそ~!!!!!と、心底悔しがる姿が、
ますます自由で、ジャイアンで素敵!

バラエティで、いろんな試行錯誤をしたり、チャレンジすることは大事だけれど、
自分たちのどんなところが人気の原因で、何が強みなのかをしっかり押さえておかないと、
『嵐ちゃん』のように、今まで築いてきたものを壊して、またゼロから迷走してしまう。

このご時世に、何をやるかわからない迷走番組に、
多額のお金を払い続けるスポンサーがいつまでもいるのでしょうか?

万が一、嵐ちゃんの二人体制がギャラの問題だとしたら、
本末転倒ですね。
いいものを作り続けて、視聴率が安定していれば、
お金は集まってくるし、高額のギャラだって払えるでしょうに。。。


|