January 09, 2017

ファンに対する誠意

ほとんどの男性にとっては、
仕事と恋愛・結婚は、関係性がない。

でも、潤くんの仕事は、
女性の疑似恋愛対象であり、夢と希望を与えること。

ですから、文春の突然の取材に対して、
相手の女性を知らないと言ったことは、
ファンに対する気遣いだと思います。

今まで、彼の恋愛が表に出てこなかったのも、
ファンの気持ちを思って、
できる限りの努力をしてきたからだと思います。

でも、ファンの期待に添うだけで、
女性関係がゼロという仙人のようにはなれない。

まじめに付き合っても、いつ結婚できるかわからないし、
まじめに付け合えば、相手の女性には誠実でしょうが、
ほとんどのファンをがっかりさせる。

また、彼は膨大なプロジェクトと人の命運を背負っているわけで、
個人の好き嫌いだけで、恋愛や結婚ができるわけでもない。

潤くんは、そういう非常に難しい立場にいるわけです。

女性との付き合いで、
あれもダメ、これもダメという八方ふさがりの中、
男女関係について、やはり特殊な職業の女性と、
未明にだけ関係を持ち続けることは、
唯一可能なことだったのかもしれません。

もしタクシー代を払わなかったのが本当なら、
それは、相手の女性を思ってのことだと思います。

まったくお金を介さないことで、
彼女の自由意志次第ということになります。

彼女と結婚できるはずもなく、
こんな時間に隠れて会うことしかできないけど、
それでもよかったら来て・・・
という、潤くんの誠意だと思います。

男女関係について、特殊な状況の彼を、
一般人の感覚で批判することはできないと思います。

そもそも、前提がまったく違うのですから。

仕事に対して素晴らしいプロフェッショナルである彼が、
文春に書かれている女性と関係を持ち続けたことが本当であるなら、
それは、ファンにたいする誠意だと、
私は思います。

|

January 05, 2017

私の願い

例の文春の記事で、
これだけは事実であってほしい・・・
と願っていることがあるんです。

それは、すべて知人のA子さんが語ったことであること。

相手の女性は、
取材に対して、逃げるように立ち去ったんですよね。
つまり、何も語っていないんです。

もし仮に、相手の女性が語ったことだとすると、
その目的は何でしょう?

お金が欲しいのであれば、
週刊誌ではなく、
ジャニーズ事務所に行くと思うんです。

週刊誌より、ジャニーズ事務所の方が、
遥かにお金持ちだし、
今の嵐や潤くんを守るためなら、
いくらでも出すんじゃないでしょうか。

売名目的もないように思います。
ジャニーズ事務所が、できるだけ表沙汰にならないようにするでしょうから。

残るのは、潤くんに対する恨み・つらみですか?

4年もの間、たくさんのリスクを冒して付き合った女性から、
恨みを受けるような付き合い方をしたのでしょうか。

そうであってほしくないと、切に願います。

A子さんが、相手の女性から直接聞いたことであっても、
A子さんの興味や主観で、いろんなストーリーが出来上がります。

どんな話でも、文春に語ることができます。

真相は、本人たちにしかわからないですからね。

繰り返しますが、
文春に書かれている数々のことは、
周辺取材をする中で、
知人のA子さんから聞いたことであって、
相手の女性から文春が直接聞いたことではありません。

そこだけは、本当であってほしいと切に願っています。

|

December 29, 2016

文春記事

文春に記事が載ることを知った一昨日は、
二股はないわ、
セクシー女優はないわ・・・
と思ったけれど、

昨日、実際に記事を読んだら、
真偽のほどはわからないけれど、
これはこれでアリかも・・・
と思いました。

知り合いの若い男性(妻子あり)が、
「あれは、スポーツ!」
と言っていたのを思い出しました。

女は、好きな人の心が欲しいから、
女性から見たら、酷い男だけど、

あの記事を読んだ男性たちは、
そんなもんだろ・・・
くらいの感想かなと思います。

中には、うらやましいと思う男性もいそうです。
したくてもできないことを、
ガンガン実行しているのですから。

松本潤というタレントイメージも、
最近は、潤愛を貫く男気のある男・・・
みたいな感じになっていたけれど、

東京タワーの耕二みたいな役が、
彼の魅力炸裂だと思うんです。

バラエティで、出川さんにキレて、凍り付かせたり、
悪役部長のうまさなど、
しびれます。

ですから、長い目で見れば、
イメージダウンではなく、

品行方正な国民的アイドルの枠を飛び出して、
大きく飛躍できるチャンスだと思うのです。

また、嵐というグループにも、
危ない色気炸裂なマツジュンという切り札がいる方が、
グループとしての厚みや魅力が増すと思います。

今回のことは、
ファンを直接傷つけたわけではないので、
濃いファンがたくさん離れることはないのではないでしょうか。

(追記)
東京タワーの宣伝で、
共演した寺○し○ぶさんが、
「慣れていらっしゃるようで、私の体を物のように扱ってくれるのが心地よかった」
のようなことをおっしゃっていて、
胸がキュンとなりました。

遠慮したり、気を使われる方が、やりにくいんでしょうね。

そして潤くんは、雑誌で、
「普段していることに、カメラが回っているだけ」
のようなことを言っていて、
オ―ッ!となったものです。

|

July 17, 2015

共犯関係

Men’s non-no の写真についての潤くんの言葉。
「フィルム撮影では、写真家と被写体の共犯関係が生まれる。
その関係がうまく築ければ、絶対いいものができる。」

絵画から抜け出た女性にしか見えない表紙があってこそ、
この言葉が命を持つと思うのです。

男なのに、美少女のような魅力で、
どこか背徳の翳りを醸し出し、見る者の心を千々に乱す。
まさに、心のひだを犯すんですね。

私は、潤くんとファンも共犯関係にあると思うのです。

この場合は、お互いに犯しあうことも含みます。

潤くんは、ドラマや歌やダンスや目や表情や言葉で、
ファンを犯す。
そして、犯されているファンが彼の心を犯していると思うのです。

それは、確か、popcornコンのDVDの最後の方で、
客席を見上げて恍惚とした潤くんの表情から、
ファンの恍惚とした顔顔顔・・・が想像できたからです。
互いが鏡となって、同じ表情をしていたんでしょうね。。。

そういう共犯関係が、潤くんを光り輝かせ、
CDやDVDの売り上げを引き上げ、
コンサート動員数を誇り、
彼や嵐のCMする商品がよく売れ、
企業や国のイベントに引っ張り出される。

そして、松本潤や嵐という存在が、日本人の心のひだにはまり込んでいく。

Arashi Blast in Miyagiに参加して、
潤くんの共犯者になりたかったけれど、
全滅して拒否されました。
残念です。


|

May 09, 2015

「小善は大悪に似たり、大善は非道に似たり」

非公式本だからと星フリが荒れたころ、
メインBBSも、この個人ブログも、
アクセス数が大幅にUPしました。

荒れるとこうなるのは、いつものことなのですが、
メインBBSは、元のアクセス数に戻ったのに、
私の個人ブログは、アクセス数が元に戻らず、
伸びたままなのです。

しかも、男性の割合が35~40%、
30代が75%前後なんです。

失恋ショコラティエのころ、男性のアクセス数が大幅に伸びましたが、
その後は、5~10%くらいを推移していましたし、
私の個人ブログは、ずうっと40代のアクセスが圧倒的に多いんです。

それが、今はこうなっているということは、
私が『嵐ブレイク前夜』の感想を書いてから、
30代男性のアクセスが、急に伸びているということです。

書店でたまたま目にした嵐と同年代の男性たちが、
嵐がブレイクするまでにどういう経過をたどったのかという、
ビジネス書や成功本として興味を持ったのではないかと思ったりします。

平積みされていますから、目につきますし、
パラパラと読んで、面白そうだから買うのでしょう。
書店も売れない本なら、平積みで場所をとらないと思うのです。

非公式本とか暴露本と言われ、
非道に思われたものが、
30代男性という新たなファン層の獲得という、
嵐側とすれば、願ってもない大善につながっているのかもしれません。


|

April 21, 2015

読み手の心次第ですね。

私の想像は、元「嵐」側近スタッフ一同というのは、
ジャニーズ事務所のことだと思っています。

ですから、信頼している人たちから金で売られたとは思っていません。

嵐の今後を考えた、事務所の戦略の一環だと思っています。

この戦略がいいのか悪いのかわかりません。

また、私の想像が正しいか間違っているかわかりません。
おそらく間違っているでしょう。
人の心なんかわかりませんからね。

ただ、この本は、すでに全国の書店の店頭に並べられて、
ファンでない人も、軽いファンの人も、
それこそ、ファンとはくらべものにならないくらいの大勢の人たちが手にとり、
立ち読みしたり、購入して読むものです。

公式本とか非公式本とか、そういうのは一般の人たちは知りませんし、
関係ありません。

この本に傷ついているファンがたくさんいるでしょうし、
読みたくないという気持ちも、ものすごくわかります。

でも、すでに、世に出てしまったし、
これからも売られ続けるでしょうから、
今さら、どうしようもありません。

ですから、この本の出版が、嵐と嵐ファンたちの今後に、
少しでも良い影響があるように、
私なりに考えた想像です。

嵐と嵐のファンにとって、
明るい未来につながるようなポジティブな想像のつもりです。

今、私が書いたことに、愛がないと感じる人もいるでしょうし、
愛があると感じる人もいるでしょう。

この本に、嵐に対する愛を感じる人もいれば、嫌悪感しか感じない人もいるでしょう。

すべては、読み手の心次第ですね。


|

『嵐ブレイク前夜』出版についての想像

一部削除して、再掲載いたします。
ありがとうございます。
====================

この本が、週刊文○あたりが発売したのなら、
ファンにとっては、おぞましいものになっていたと思います。

なぜなら、購読者には、身近な女性がジャニーズに熱を上げて、
内心面白くない男性が結構いると思うのです。
ですから、ジャニーズの暗部のような記事や本を出すと、
売れるのでしょう。

でも、主婦と生活社という、幅広い年代の女性がターゲットの出版社です。
嵐ファンに恨まれたら、マイナスにしかならないと思います。

主婦と生活社の週刊女性が毎年やっている、
好きなジャニーズ・嫌いなジャニーズという特集が、
この雑誌のスタンスを表しているのではと思います。

つまり、ジャニーズに興味のあるものすごく多くの女性の、
正と負の両方の好奇心を満たすこと。
ジャニーズのおかげの売り上げがかなりあるのでしょう。

ですから、『嵐ブレイク前夜』は、ジャニーズと協力して作ったものだと、
私は思っています。

著者が、元「嵐」側近スタッフ一同となっていますが、
やめたスタッフの一人がどこかの出版社に、暴露話を提供することはあっても、
元側近スタッフ一同が協力して、ジャニーズを敵にまわすことは、
ありえないだろうし、
それに乗っかる、女性向けの出版社はないと思います。

この本によると、
辞めるマネージャーのために、
夜を徹して、メンバーがハメを外した送別会をし、
それを撮影したビデオを贈ったそうです。

このビデオを流出させるはずがないという、
その辞めるマネージャーへの信頼の表現だと思います。

そして、嵐が、いかにマネージャーを大事にし、感謝を示したか、
その一体感が追い風になったようなことが書かれています。

逆に言えば、メンバーのプライベートや素顔を知っている人たちを敵にまわしたら、
たいへんなことになるという自覚があったのではないでしょうか。

そういう嵐の元側近スタッフ一同が、
嵐にマイナスになる暴露をするはずがないと、私は思うのです。

では、なぜ、今、このような本を出版したか。

さ○まさんが、「日本中親戚みたいなもんや」と言っていましたが、
離婚も女性関係も子供のことも、全部ひっくるめた上で、
日本人から愛され、親しまれているということだと思うんです。

嵐も全員30代になり、
これから、結婚、子供、その他、
その年代年代で、いろいろな課題があるでしょう。

どこかで見かけられたら、あっという間にツィッターその他で拡散されるですから、
もはや、嵐の日本中総親戚化と開き直ることにしたのかな・・・と思ったりします。

その準備として、女性関係も含めた、嵐の過去を公式化するのが狙いかなと思います。

この本で、嵐の女性関係のことがいろいろ書かれていますが、
マーケティングの専門家が、
今の女性は、好きな男性の過去を、どこまで許容できるか・・・
などの、綿密なリサーチをした上で、
ここまでならOKだろうというギリギリの線を書いたのではないでしょうか。

あくまでも、私の個人的想像です。


|

April 20, 2015

ファンへの愛をビシバシ感じます。

非公式本だから、暴露本だから・・・
という理由で読まない方がたくさんいらっしゃるようですので、
これだけは、伝えさせてください。

立ち読みでもいいですので、
P.176~181あたりを読んでください。

20歳になったころの潤くんが、
「ファンを大切にしていこう。俺たちを愛してくれているんだから、もっと大事にしようぜ」
と、ことあるごとに言うようになったそうです。

失速を味わったことで、それでもついてきてくれるファンへの感謝がより本物になったこと。

苦難にありながらも、数々の作品や出来事をファンと一緒に歩んできた嵐が、
今もファンに伝える感謝と愛は、見紛うことのない本物の愛である・・・
というようなことが書かれています。

私は、この本から、潤くんのファン一人一人への、深い愛情をものすごく感じます。


|

April 19, 2015

読んだ方の感想をお待ちしています。

星フリは、あきさんと私の個人サイトです。

ジャニーズ事務所の公式サイトではありません。
ジャニーズ事務所が公式と認めるものしか話題としているものではありません。

事務所に対する不満も書きますし、
ファンにとっては不愉快と思える週刊誌の記事についても、
今まで、何度も書いてきました。

応援サイトだから、こうするべきだと思われるなら、
ご自身がそういうサイトをおつくりになればいいのであって、
突然星フリに現れて、こうするべきだと言うのは、
突然、人の家に入ってきて、こうするべきだ、
あなたのしていることはおかしいと言うようなものです。

少なくとも、『嵐ブレイク前夜』に書かれているエピソードは、
私からするとほほえましいものばかりで、
人としておかしいようなことは書かれていません。

それが本当かウソかは、誰もわかりません。
人間の記憶など、あてになりませんし、
嵐の5人は、そういう虚実ないまぜの世界で生きているのでしょう。

ファンにとって好ましい作り話もあるでしょうし、
ファンにとって好ましいものは本当で、そうでないものは嘘というのは、
あまりに視野が狭いと思います。

現実生活で、「あなたこう言ったでしょ」と言われて、
言われた本人は全く覚えていない・・・なんてことは、日常茶飯事です。

私のスタンスは、昨夜投稿しましたので、
非公式本だから話題にすべきでないという主旨の投稿は、今後削除いたします。

実際に読まれたら、潤くんについても、
身近な人だからこそ知っている素敵なエピソードがいくつも載っています。

実際に読まれた方の感想をお待ちしています。

影響力が大きいからこそ、賛否もあるでしょう。

潤くんや嵐メン、事務所も、ファンも、
実際に読んだ人の率直な声を知りたいだろうと思います。


|

私のスタンス

明らかにジャニーズ非公式本というのは、
事務所に無断で、写真などを載せている本です。

これは、肖像権の侵害ですから、法律違反です。
こういう非公式本については、星フリで話題にするのは禁止です。

でも、世の中には、事務所の承認を得ないで発売しているものがたくさんあります。

たとえば、種々の週刊誌などですね。

事務所の承認を得なくても、
新聞や電車の中吊り広告など、
日本人全体への影響力は、計り知れません。

そして、ファンが喜ぶような記事は、
一般には興味がなく、
マイナスイメージにつながるような、
ショッキングな内容ほど、多くの日本人の興味をそそるようです。

私は、週刊誌の記事など、ファンには不愉快であっても、
タレントとしてのイメージに大きな影響を与えるような記事については、
感想を書いています。

今回は、週刊女性を発売している主婦と生活社が発売している本です。

つい先日は、好きなジャニーズ・嫌いなジャニーズのランキングで、
潤くんが好きなジャニーズ1位になった雑誌です。

アンチジャニーズっぽいけれど、
実は、ジャニーズとはいい関係を築きながら、ガス抜きの役割をはたしている週刊誌かなというのが、
私のイメージです。

『嵐ブレイク前夜』も、その一環かなと思っています。

今更、嵐5人が仲が良くて、みんないい人ですよ・・・
という本を出版しても、ファン以外に購入する人は少ないでしょうね。

でも、元側近が書いた暴露本となると、売り上げが全然ちがうでしょうね。

良かれ悪しかれ、注目されなければ、タレント生命が危ういです。

ですから、暴露本と煽っておいて、
いい子ちゃんイメージから、
そう単純なグループではないよ・・・という、嵐についてのイメージ戦略かなと、
私は思ったわけです。

この本を読んで、ますます潤くんも嵐も好きになったし、
人間臭い彼らだからこそ魅力的です。

誰からもいい人だと思われるから人気があるわけでもなく、
嫌われ役を引き受けるからこそカッコいいということも、
大いにあると思うのです。

人間の感情は、単純ではありませんからね。

ただ、一部の熱狂的ファンからは、
揚げ足取りの材料にされたり、
不愉快極まりないという反応もあるでしょうね。

でも、紅白のトリまで務めるようになった嵐は、
日本人全体を相手にした、次に戦略が必要なんでしょう。

私としては、この本は、嵐の素晴らしい宣伝本だと思います。

潤くんについては、たとえば星○仙○さんが、
野球への情熱や勝負に賭ける執念から、
その激しい言動が人気を博したような、
それに近いものを感じます。


|

より以前の記事一覧