August 13, 2004

僕らの勇気・未満都市

潤くんの過去探しの旅で、『僕らの勇気・未満都市』を見ましたが、この時の、光一くんは、素敵でした。
ごくせんの潤くんと、同じくらいの歳だったのでしょうか。
一番印象に残っているのが、白竜さん(俳優さん名)を信じたいけど、信じていいのか・・・と不安だったとき、口では、「大丈夫」と明るく言いながら、自分の発した言葉に、まったく確信を持てずに、表情が曇るときの芝居が、スゴイなあ・・・と感心しました。
そして、とにかくかっこよかった!
あの役を、潤くんにもやってもらいたいと思いましたね。
潤くんだったら、どんなリーダーになっていたかしら?
髪の毛をバンダナで止めたら、どんな感じになっていたかしら?
このビデオも全然期待せずに見たのですが、あまりに面白くて、一気に見てしまいました。
堤監督でしたね。

モリはドラマの中で、身長が10センチ伸びただけでなく、最初、オドオドした、いたいけな子供だったのに、最後の頃は、「次のリーダーは俺だぞ」オーラが出ていたのは、ビックリでした。
そう演じるように言われてやっていたのかしら?
それとも、潤くんお得意の、役を演じることによって、成長したということなのかしら?

今でも、あの哀切なメロディが浮かんできます。
ホント潤くんて、ドラマ運が良いわ~。
それにしても、あれから、6~7年くらいかしら。
潤くんは、可愛い可愛いモリから、セクシーな男に目覚しい変化を遂げたのに、光一くんは、まったくイメージ変わらず。
不思議な感じです。(2004.5.9)

| | TrackBack (0)