« July 2018 | Main | September 2018 »

August 31, 2018

生MJ

恒例の24時間TVの嵐のしやがれ、
みることができなくて、
夕べ、やっと録画を観ました。


生MJ、楽しかった~。


あのですね。


This is MJは、
潤くんのカッコ良さを褒めたたえるコーナーではなく、


松潤のカッコ良さを、からかうコーナーなんですよ。


松本潤は、世間的には、
ジャニーズのカッコイイ担当のようだけど、


MJは、
実は、姑息(こそく)で、卑怯(ひきょう)で、
ちっちぇえ男なんですよ。


どうだ、俺はカッコいいだろう・・・じゃなくて、
自虐風味だから、
愛されて、人気コーナーになって、
ずっと続いているんだと思うんです。


今回の生MJは、
最初のトライは、失敗して、
これは練習ということにして、
2回目で成功するという台本なのかもと思ってしまうほどです。


自分だけ2回トライする、
ズルイ奴なんですよ。
MJは。


でも、そんなMJが成立するには、
決める時は決めるという、
身体能力と、メンタルの強さが不可欠。


今回の生MJで、
2回目にビシッと決めたのは、
本当にサスガですね。


カッコ良さとカッコ悪さが背中合わせの、
微妙なバランスがとれるのは、
潤くんならでは。


生でそれをやってのけることができるのは、
素晴らしいことです。


次のコーナーのMCの上田さんの、
誰もカッコいい男はいなかった・・・というようなコメントは、
まったくその通りで、
大団円なまとめ。


今回の生MJで、
まだまだThis is MJは続くだろうなあと安心しました。

|

カバー曲

潤くんの声って、
伸びやかな高音が魅力なんだと思うんです。


百年先も~♪や、
満天の星の~♪など。

こういう声を活かすのは、
たしかに、
尾崎豊さんの、I love you~♪ですね。


嵐の歌声って、
他のジャニーズのグループと、
そんなに違わない気がするんです。(ごめんなさい)

そんな中、潤くんのソロが入ると、
アクセントになって、
急に、嵐だ~と、
独特の世界観を放つ気がします。

潤くんの歌声をうまく活かしてほしいなあと思います。

最近の曲は、インパクトがないですからね。

|

好きなCM

エツコさん、BD企画ありがとうございます。

私が好きなのは、
1.ホットペッパービューティー
2.ニッサンNOTEの水兵さん


ほかにも、カッコイイCMはたくさんあるんですが、
私が好きなCMは?
と自問すると、

潤くんの俳優としての資質が、
遺憾なく発揮されているもの。

ホットペッパービューティーは、
たくさんのバージョンがあって、
一つ一つ、違った設定のドラマを、
潤くんが見事に演じ分けていました。

ニッサンNOTEは、
オツムがちょっと足りなさそうな水兵さんが、
とっても可愛いらしくて、大好き。

潤くんの魅力は、
かっこいいイケメンなのに、

99.9の親父ギャグのように、
ちょっとずれていたり、
どこか変な人を、
面白く演じられることだと思うんですね。

これから、潤くんのそういう側面を活かしたCMが、
もっと作られていってほしいなあと思います。

|

August 14, 2018

チーズのこえさんの声

嵐にしやがれのMJ倶楽部のロケで、
「この牛乳いくらですか?」
「670円です」
「高っ、スーパーだと130円とかですよね!」
という会話があったとのこと。


この部分を削除しないでほしいという声が、
ロケを受けた人のFacebookに書かれている・・・
ということが、
ネットで話題になっていますね。


私、高っ!って言ったのは、
潤くんではないと思うのです。


彼は、ブランド志向で、
ブランドというものが、
どれほどの手間がかかり、
作り手の強い思いがこもっているかを、
よく知っていると思うのです。


ですから、こういう発言は出てこないと思うのです。


ロケに行った、キンプリの二人も含む3人の誰かの発言でしょうが、
潤くんが言ったということで、
ネットでは広まっています。


チーズのこえさんの無念の気持ちもわかりますが、
一般人は、
facebookなどで発信できます。


でも、タレント側は弁明できない。


タレント側が、どんな気持ちで、発言したかはわからないし、
自分の思いとは、まったく違う形で編集されて、放送されることも、
多々あるでしょう。


編集する側も、本当は、こういうことを伝えたいと思っても、
牛乳関係の大手メーカーのスポンサー筋に忖度(そんたく)したり、


真面目に考えることよりも、
面白おかしく番組を作った方が視聴率がとれるという現実があるわけで、


こういう大きな仕組みの中で、
誰もが、何かを犠牲にして、
自分がやれることをやって、
生きているんでしょうね。

|

« July 2018 | Main | September 2018 »