« June 2018 | Main | August 2018 »

July 29, 2018

執念深さ

昨夜のしやがれ、
笑点のときの紫の着物姿。
美しかったですねえ~。(ためいき)


私は、潤くんが、
美しく、スッキリしていれば、
それだけで幸せな女。


歳を重ねても、美しい男は美しい。


若い時、美形でも、
歳と共に、醜くなる男は、
中身に問題あるんだろうなあ。。。(言いたい放題)


平成のロビンフッド、
リンゴを射抜いて見事でした。


勝つためには、
勝つまでやる!


そんな執念深さが、
潤くんの勝負強さなんでしょうね。

|

July 24, 2018

長期にわたって・・・

二ノが岡山の被災地を訪問して、
拡声器で、
「短期ではなく、長期にわたって、
みなさんと共に寄り添うつもりでいますので」
という言うのを聞いて、


おっ!と思いました。


「長期にわたって」と、
全国に放送されるカメラの前で言うことは、
覚悟のいることです。


嵐が、ずっと今のような人気が続くとも限らないし、
寄付をできるほどの収益を上げられるとも限らない。


そういうリスクがあるにもかかわらず、


「僕らがその都度、寄り添うことを必ず約束します」
とも言っています。


寄り添うことは、必ずしもお金を出すことだけではありませんが、
ニノの言葉には、本気を感じます。


嵐5人の総意なのでしょうが、
「長期にわたって」や、
「約束します」
という言葉があるかないかで、


単なるパフォーマンスなのか、
自分たちが、どういう状況になろうと支援をする・・・
という覚悟を持っているのか、


印象が変わります。


嵐5人にとっても、
自分たちが、被災者の力になることができるということは、


すでにトップになったグループとして、
さらなる使命を与えられているという
モチベーションにもなるのではないかと思います。

|

July 22, 2018

被災地訪問と寄付金

潤くんが一人で、
広島と愛媛の被災地を訪問して、
寄付金を各知事に渡してきたことについて、
ネットでは、かしましいようですね。


こういうニュースでも取り上げられるような話題になると、
その人の心のありようが現れますね。


私なんかは、潤くんの緊張が伝わってきて、
まるで自分の息子がテレビに出て、
ハラハラ見守っている母親みたいな心境でした。


潤くんが行こうが、他のメンバーが行こうが、
別にどうでもいいです。


それで好感度が上がるとも思いませんし、
元々好きな人は好きでしょうし、
好きでない人は好きでないでしょう。


まあ、一番いいのは、5人そろっていくことでしょうが。。。


芸能人が、こうして報道陣を引き連れて、
被災地に行くことは、
私はパフォーマンスとしか思っていません。


好感度うんぬんよりも、
芸能人は、話題になってナンボ。


それよりも、寄付金の使い道が気になります。


今まで20億円寄付してきたそうですが、
これだけの金額を寄付できるのは、
嵐の実力の証明でもありますから、
潤くんや嵐は誇らしいでしょうね。


何かあるたびに、寄付が集められますが、
赤十字にしても、
その後、どのように使われたかという報告を聞いたことがありません。


嵐5人とスタッフが、
血のにじむような努力を続けてきた、
汗と涙の結晶ですし、


嵐にささげたファンの熱い思いの詰まったお金です。


有意義に使ってほしいですし、
どのように使われているか、
ぜひ報告が欲しいです。


寄付が有意義に使われていることを知ることで、
さらに寄付が集まり、
良い循環が生まれると思います。

|

July 08, 2018

VS嵐のプロテイン話。

私、潤くんのこういう話、大好き。

潤くんが、横暴?だったり、
キレたりした話を、

他メンたちが、面白おかしくネタにしてくれる。

ありがたいことです。

潤くんは、イケメンで、
嵐を仕切っている感じで、
頭も切れて、
嵐のコンサートの演出もしている。

ファンから見たら、完璧。

でも、こういうダメなところもあるんですよ・・・
と披露してくれると、

ファン以外からも、
面白がられると思うんですね。

ファン以外は、完璧な人なんかは、
面白くもなんともなく、
むしろ反発の対象になりますからね。

カップルや夫婦が、
お互いに、
バカとか言い合って、
いかにヒドイ奴かを、
第三者に披露すると、

ああ、仲がいいんだな・・・と、
よくわかる。

嵐の関係もそんな感じ。

嵐の他の4人は、
潤くんイジリの天才。

大野くんの、
怒られてシュンとなったマネージャーのものまねは、
天下一品。

翔くんも、ニノも、相葉ちゃんも、
潤くんをいじってくれてありがとう。

潤くんが他メンをいじると、
ハラハラすることもあるけれど、

潤くんがいじられる分には、
安心して見ていられる。

いじられて、潤くんが、後で怒るような人だったら、
絶対にできないことで、

潤くんの人の良さとか、
器の大きさとかがよくわかって、
うれしい。

潤くんが、他の4人からいじられるくらいが、
嵐のパワーバランスとして、
ちょうどいいのかもしれない。

|

Music Day 楽しかった。

今年も楽しかったですね。

ジャニーズメドレー、
大勢でキラキラして、ワクワクしてしまいます。

普段、バラエティ番組などで、MCしたり、
ドラマに出ていたり、

そういう人たちが、いかにもジャニーズという衣装を着て、
華麗に歌い踊るというのは、
自分のアイデンティティを誇示しているようで、壮観。

華麗に・・・が、最初、加齢に・・・と変換されてしまって、
確かに。。。

若いグループが出てきて、
活躍して、

当然、加齢なグループもいるわけだけど、

これだけ大勢が、切磋琢磨して、
途中、どんどん脱落していく人たちもいて、
ますます活躍しているのは、めでたいこと。

歌い手が加齢しても、
いつまでも多くの人の心に残るスタンダード曲があるというのは、
ありがたいこと。

One Loveは、もはや、花男から離れて、
嵐の代表曲。

この曲の最後に、潤くんが、口パクで、
「頑張ろう!」と言ったのは、
どういう意図なんだろう?

視聴者に向けての言葉でしょうが、
なぜ、One Loveのとき?

これからもっと頑張るから・・・という、
潤くんの決意表明かな・・・なんて、思ったりします。

|

« June 2018 | Main | August 2018 »