« May 2018 | Main | July 2018 »

June 18, 2018

親と子の気持ちのすれ違い?

untitledの初回限定盤(Blu-ray)を見ました。


まずは嵐会。


潤くんは、大股を開いて座って、
男っぽく、
「俺が作ったコンサート、見て見ろや」
という感じ。


リーダーは、まるでファンのように、
唖然と、でも真剣に、
自分が出ているにもかかわらず、
第3者のような感じ見ている。


5人の座り方だけでも、
関係性が如実にわかる感じ。


そして、本編を見終わって思うことは、


潤くんは、本当にファンのことを思い、
ファンに喜んでもらおうと作っているけれど、


でも、違うんだよな・・・という感じ。


まるで、親が、子供の為と、
たくさんのお金とエネルギーを使って、
子供を喜ばせようと頑張っているんだけど、


子供にしてみれば、
別にそんなことしてくれなくてもいいのに・・・
という感じ。


ペンライトの自動制御の華々しい演出も、
ファンもコンサートつくりに参加しているんだという
一体感を盛り上げているのかもしれないけれど、


私が見たいのは、
潤くんと嵐のパフォーマンス。


光の演出は、
彼らのパフォーマンスを引き立てるものであり、
さらに魅力をUPさせるものであってほしい。


例えば、song for youの大画面を使った素晴らしい演出も、
客席のライトと混在してしまって、


今回、DVDを見て、初めて、こんな感じだったんだ、
これを潤くんは見せたかったんだと思った。


客席のペンライトが、勝手にいろんな色にされるのは、
演出に差しさわりがあるのなら、


せっかく自動制御なんだから、
真っ暗な客席にして、


嵐のパフォーマンスだけが、
光り輝くものにしてほしい。


その方が、どれほど、私たちをワクワクさせ、
心ときめいて、幸せな気持ちにさせることか。


もちろん、客席のライトの演出があるのもいいし、
要するに、メリハリが欲しい。


嵐の他のメンバーも、スタッフも、
そんな風に思っている人もいるだろうけれど、


あんなに松潤が一生懸命がんばっているんだから、
言えないよなあ・・・という感じかなと思ってしまう。


でも、Come backの時の、
潤くんが翔くんを見る眼にドキッとしたり、


夜の影の潤くんのダンスが、新鮮なエロさだったり、


全編を通じて、
潤くんが、スッキリ美しく、カッコよくて、
それだけで、幸せだったり。。。


こうして、毎年、ライブでの素敵な潤くんを見せていただけるのは、
昨今のジャニーズ状況を思うと、


当たり前のことではない、
本当にありがたいことだと、
手を合わせたくなります。

|

June 05, 2018

いじる・いじられること。

先日のしやがれの、
長〇剛さんと相葉ちゃんの、
鹿児島のツーリング、
楽しかったですねえ。


相葉ちゃんは、おじん殺しというか、
懐に飛び込んで可愛がられるのが、
素晴らしく上手ですね。


もし、これが潤くんだったら、
どうだったろう・・・と思いました。


私、潤くんが、こういう怖そうな先輩に、
鋭く突っ込むことができたら、
潤くん株が大いに上がるだろうなあと思うんです。


だって、そんなことができる人は、
滅多にいませんもの。


他の人ができないことをするから、
魅力的なんです。


相葉ちゃんとは、逆の意味で、
おじん殺しになれると思いますね。


私、仕事関連の勉強で、
あるコミュニティに入っているんですが、


そこで、ものすごく優秀で、
デキル若い男たちに、


いじり倒されているんです。


どんなにいじられても、
私は、めげずに立ち向かっていきますから、


そういう優秀な男たちは、
安心して、私を責めてきます。


そこまで酷いこと言うか!
ということまで、言われます。(涙)


でも、周りから、
まるで、漫才みたいと、面白がられています。


これが、言い返せないような人をいじると、
イジメと思われますからね。


デキル男は、そのへんのことを、
瞬時に判断して、


いじる相手を選んで、
周りを楽しませて、
盛り上げますね。

|

« May 2018 | Main | July 2018 »