« す〇るくんの引退会見 | Main | 主演男優賞の当たり前 »

April 28, 2018

事務所の危機管理能力

女性を被害者にして、
重職にある人を失脚させる・・・というのは、
政治的陰謀があるのかなと思ったりしますが、

先輩Gの山〇くんのことは、
これらとは、違うと思うのです。

なぜなら、彼は、アルコール依存症という病気だから。

進行すればするほど、問題行動が深刻化し、
まわりに大きな被害を与える。

離婚の原因もおそらく、これだったのでしょう。

事務所も当然、彼の病気を知っていて、
入院させたりしていたのでしょうが、

入院先から仕事に通わせたりして、
本気で病気を治すより、
仕事を優先させていたとしか思えない。

まるで、アルコール依存症の妻が、
夫の尻拭いばかりして、
自分がいないと、夫は生きていけないようにしている
共依存のようなもの。

記者会見で、「自分の席が残っているなら、TOK〇Oを戻りたい」
というような発言をして、
甘いと批判されていますが、

弁護士に司会をさせ、
被害者の親からの、
「娘も山〇にもこれからがあり、
1人の人間の未来がすべて奪われてしまうことを望んでいない」
というような手紙を読み上げた。

無期限活動禁止としながらも、
いずれ活動を再開するための布石としか思えない。

だから、「TOK〇Oに戻りたい」というような発言も出てきたのだと思う。

今までも、何か事件を起こしても、
事務所が守ってくれた(隠ぺいしてくれた)から。

危機管理とは、スキャンダルを隠蔽することではなく、
早め早めに問題を適切に処理すること。

アルコール依存症であるとわかった時点で、
すべての仕事をやめさせて、
病気療養に専念させる。

もし、完全に病気が治らなければ、
解雇するという強い処置をしなくてはならなかったと思う。

そういう毅然とした態度の積み重ねが、信頼になるのだと思う。

いつ、何をしでかすかわからない爆弾を抱えたまま、
仕事をさせるという、
危機管理能力のない事務所のタレントを、
使いたいと思うでしょうか。

何かを起こした時の損害は計り知れませんから。

1人の爆弾のために、
事務所全体の信用を大きく失墜させてしまいました。

|

« す〇るくんの引退会見 | Main | 主演男優賞の当たり前 »