« 星フリ14周年で春がきました。 | Main | しやがれ諸々 »

April 06, 2018

再び『あゝ、荒野』

脚本を書かれた、夕暮れマリーさんが、
ブログをやめるにあたって、
『あゝ、荒野』について、書かれていますね。

やはり、彼は男性だったんですね。

そして、主役の二人ときちんと話す機会が一度だけ設けられて、

夕暮れマリーさんにとって、一番大事な事柄であった、

“新次とバリカンは、寺山修司の二面性を表したものであり、
二人でありながら、一人の人間を描いたものである“

と伝えたとのこと。

ああ、なるほど、そうだったんだ・・・
と、やっとすっきりした思いです。

上演前に、そのようなことが、
私たちに伝えられていたでしょうか?

少なくとも、私は知らなかった。

知っていたら、
1回限りの観劇が、
もっと、深く、
もっと、わかりやすく、
もっと、面白かったと思う。

潤くんの新次は、
この上ないほど、魅力的で、
一瞬、一瞬の、彼の姿、声、セリフが、
脳裏に刻まれて、
おそらく、その記憶は、
私の一生、ドキドキさせ続けることと思う。

でも、舞台の横に何度も表示された文言が、
私には意味不明で、
舞台上で行われているお芝居との関係性に悩み、
『あゝ、荒野』を存分に楽しむことを阻害された。

どんなに観たくても、
チケットを手に入れることが難しかった『あゝ、荒野』。

観ることができても、1回限りという人が多かったからこそ、
根幹のコンセプトをハッキリ提示して、
もっとわかりやすくしてほしかったなあと思います。

もしかして、夕暮れマリーさんは、
脚本という形で自分が創作した『あゝ、荒野』の、
一番重要な事柄であった、
二人で一人の寺山修司であるというコンセプトが、
上演されたものから抜け落ちていたことから、

ブログを終える最後の記事で、
どうしても書き残しておきたかったのかも・・・
とも思います。

|

« 星フリ14周年で春がきました。 | Main | しやがれ諸々 »