« 99.9シーズン2(第6話) | Main | 99.9(シーズン2)第8話 »

March 06, 2018

ええ判決せえよ(99.9・第7話)

逮捕された佐田先生に対して、
まあ、うれしそうな深山先生。

イキイキ、ワクワクと、
言いたい放題。
やりたい放題。

生意気で腹の立つ後輩でしょうが、
頼りになること、この上ない。

深山先生も、事実を突き止めて、
佐田先生を救い出す自信があるから、
あんな態度なんでしょうね。

最後、家族の絆を見せられた泣かせる場面でも、
お邪魔虫になって、タクシーに乗り込む。

あのメンタルの強さは、
人間離れした化け物ですな。

一方、裁判官側は、
嫉妬や、
自分の身を少しでも危うくするものは、
陥れようとする、
ダークな人間の負の部分。

「ええ判決せえや」と、
いかにも立派な裁判官の上司のようなのに、

ええ判決というのは、
自分にとって都合のいい判決ということ。

それを実行させるために、裏から圧力をかける。

最後、自分のパソコンから、
証拠を消すシーンは、
恐ろしい。。。

鶴〇さんも、はまり役ですね。

親父ギャグの寒さや明るさに救われているけれど、
99.9シーズン2は、
人間の闇、
権力の横暴をえぐる、
とんでもなくハイレベルなドラマですよ。

テンポがよくて、
息もつかせず、あっという間に終わってしまうので、
細かいところで理解できないことがあって、

おばさんの私は、再度、見直して、
ストーリーを確認しています。

テレビドラマって、
老若男女が、自宅でのんびり、頭をつかわずに理解できるものでないと、
視聴率がとれないと思っていたけれど、

こういう畳みかけるように集中させることで、
ドラマにのめり込ませるという手法もあるんですね。

今回の、松〇零〇先生とメーテルのように、
多くの人に、わかりやすいネタは、
楽しい~。

プロレス好きでないとわからないネタは、
???となって、
ドラマへの集中が切れたりしますから。

|

« 99.9シーズン2(第6話) | Main | 99.9(シーズン2)第8話 »