« 99.9(シーズン2)第8話 | Main | 性格診断? »

March 21, 2018

99.9シーズン2(最終回)

終わり良ければ、すべて良し・・・
ということでしょうか。

裁判官批判がリアルで、
どっかから圧力がかかって、
続編の制作がストップさせられたらどうしよう・・・
とか思っていたのですが、

最後の鶴〇さんの真っ当な判決で、
いわゆる司法への信頼が保てて、
続編への邪魔も入らないかなと、
ほっとしました。

まあ、それも鶴〇裁判官の策略の一環だったようで、
悪役ぶりに磨きがかかって、
まだまだ、鶴〇さんとの対決が楽しめるという、
素晴らしい落としどころでしたね。

最終回で印象的だった深山先生は、

封筒が届いて、
再審請求が受け付けられたかどうか、
ドキドキシーンでの、
潤くんの眼の演技。

求めるものはただ一つ、
事実だけ・・・
という深山先生は、
何があっても、平静でしたが、

この時だけは、
本当にドキドキしたんだなあと、
眼で表現していました。

ストーリー自体は、ツッコミどころ満載で、
???がいろいろあります。

でも、親父ギャグというコミカルをめいっぱい楽しみ、

開かずの扉の再審請求がとおって、
無罪を勝ち取ったという、
力強い筋立てに、圧倒されました。

このドラマのおかげで、
再審請求が増え、
晴らされる冤罪が増えたらいいですね。

制作陣も、そういう使命を持って、作ったのではないでしょうか。

事実を解明するために、
しつこくしつこく、
また、大がかりな実験をするところをドラマで再現して、

事実を明らかにすることは、
こんなにもたいへんなことなんだと、
実感できました。

素晴らしいドラマを本当にありがとうございました。

|

« 99.9(シーズン2)第8話 | Main | 性格診断? »