« January 2018 | Main | March 2018 »

February 27, 2018

99.9シーズン2(第6話)

25分も延長したとは思えなかったですね。

第5話も、これくらい延長で見たかったです。

舞子先生は、自分の弟でも、
罪を犯したという前提でしか見れないんですね。

職業病というか、
起訴されたら99.9%有罪になるという現実の中で、
判決を下すというのは、
こういうことなんだということを、
描きたかったんでしょうね。

でも、もっと根本的なことで、
あんなに仲がいい弟が、無罪だと言っているのに、
それを信じられないというのは、

実は、舞子先生自身が、自分を信じられない
メンタルの弱い人なんでしょうね。

自分を信じられないから、
なんとか、この世の中でうまく収まるようにすることがいいことなんだと奔走する。

自分を信じられないから、
私の弟が、そんなことをするはずがない!
ということを前提にすることができないんですね。

裁判官になれるくらい優秀な頭脳を持っていても、
心は、ものすごく弱い。

一方、深山先生は、
強靭なメンタルの持ち主ですね。

自分に自信があるから、
父親の無実を信じて、
長い時間かけても、事実を解明した。

誰にどう思われようと、
どんな不利益を被ろうと、
事実を解明することこそすべて!
という信念を突き進む。

自分を信じ抜くか、
世の中でうまく立ち回ることを選択するか。
究極の選択ですね。

でもね。
うまく立ち回ったつもりの人は、
人からの信頼を失い、

自分を信じ抜く人は、
いつかは、人からも信頼してもらえるということだと思います。

|

February 15, 2018

巨大な社会悪に挑む(99.9第5話)

99.9の第5話は、
裁判官と検察が結託して、
冤罪をつくるという話でした。

正義の味方と思っていた裁判所が、
こんなにも汚れているというドラマを作って、
人気になっているので、

圧力がかかったりしないだろうか・・・
と思ったりします。

雨雲の件なども含め、
いかにもフィクションという感じがしたのに、
実際にあった事件そっくりなんですね。

これって、事実でないことをドラマにして、
視聴者に誤った認識を持たせるから
ケシカラン!
という圧力をかわすためかなと思ったりします。

と同時に、
本当にあった事件を広く知らしめ、
国に本気で挑んでいるのかも。。。

覚悟をもって、作っているのでしょう。

深山先生の、お金にまったく興味がなく、
事実のみを追求するという、
変人なキャラ設定は、
そうでもなければ、
権力に刃向かうことなどできないだろうなあと、
リアルです。

こういうドラマに潤くんが主演できて、
はまり役と言われ、

18歳のとき、酷寒の滝に打たれて、
「世界中の人を幸せな気持ちにする~」
と叫んだことを、実現させていますね。

幸せな気持ちにするって、
なまやさしいことではできないんですよね。

巨大な社会悪に、
エンターテイメントという手段を使って挑み、
多くの人に、気づきを与え、
幸せへの道に貢献する。

潤くんに負けないように、
私も頑張らなくちゃ!です。

|

February 06, 2018

99.9シーズン2第4話

99.9の第4話は、
腹黒カマキリとゲロゲロがまがえるの
弁護士対決でしたね。

いい人、立派な人対決より、
こういう、我欲と悪意に満ち溢れた人間同士の方が、
面白い!

まあ、私が我欲の塊だからでしょうね。

ところで、第3話の信念を貫いて左遷された裁判官は、
松○諭さんだったんですね。

初めて見る俳優さんだったのですが、
その後、VS嵐と朝ドラのわろてんかで拝見しました。

99.9の裁判官の演技が、
とても心に沁みていて、
誰、この人?
と思って、ネットで調べたんです。
いろんなドラマで活躍されていたんですね。

わろてんかのシロー役は、
ものすごく表情豊かで、
素晴らしい俳優さんですね。

陽だまりの彼女の最初のシーンで、
浩介の弟の役で出ていた菅○将○くんも、
セリフをしゃべった途端、
わあ、誰この人!?
と、ビックリしました。

素晴らしい俳優さんって、
さもない、ちょっとした出番でも、
人の心に強烈な印象を残すんですね。

99.9の潤くんも、
えっ?!
嵐の松潤って、こんな人だったの?
こんな役作りするんだ!
と、驚いている人たちがいると思うんです。

だからと言って、
松潤ファンになったり、
嵐のコンサートに行くようになる人は、
滅多にいないかもしれません。

でも、どんな俳優さんであれ、
新鮮な役作りを見るというのは、
とてもワクワクすることです。

コンサートに行くような熱烈なファンではないけれど、
松潤が出ているなら、
今度はどんな役作りをするのか観てみたい・・・という、
俳優・松本潤のファンが増えつつあるのでは・・・と思います。

歳を重ねるにつれて、
アイドルとしてよりも、
俳優としてのファンが増えることは、
喜ばしいことなのではないでしょうか。

|

« January 2018 | Main | March 2018 »