« チャンス到来! | Main | (追加&修正)潤愛会ありがとうございました。 »

December 05, 2017

12月3日、untitled 東京ドーム3日目に行ってまいりました。

12月3日、untitled 東京ドーム3日目に行ってまいりました。

感想を正直に書きますので、
潤くんが、朝7時まで打ち合わせしたセットリスト・演出なのに、
そんな感想を書くなんて、許せない、
コンサートに行かないでほしい・・・などという方は、
読まないでください。

私は、正直な感想を伝えるのが、ファンの役割だと思っていますから。

・・・・・・・・・・・・・・・

24ゲート集合だったので、1階席かと思ったのですが、
席はアリーナのセンターの花道の近くでした。

最初のあいさつで、潤くんが、
「5万5千人、かかってこい! 俺の演出見せてやるぜ!」
というようなことを言ったので、

今回は自信があるし、
俺の演出・・・というくらい、
コンサートの責任者表明をしているんだなあと、
期待に胸が膨らみました。

メインステージの巨大スクリーンは、
まさに、スッゲ~!です。

巨大な嵐が、スクリーンの中で歌い踊り、
話しかけるので、圧倒されます。

相葉ちゃんとニノが絡み合った『UB』のダンスは、
新鮮で可愛らしく、ワンダフル!

リーダーが振り付けたという『夜の影』。
潤くんとリーダーとニノのダンスが素晴らしく、

しかも、3人だと、潤くんと他の二人のダンスを比べる余裕があって、
とても楽しめました。

そして、相葉ちゃんとリーダーと翔くんの『バズリNIGHT』。
昔なつかしいヤマンバ姿で、
大いに笑いました。

こういう遊びがあると、楽しいですね。

ということで、コンビやトリオの曲とダンス、
すっごく良かったです。

でも、その後は、最後まで、あまり印象に残っていないんです。

嵐は、いろいろ歌い、踊り、移動し、
メインステージの巨大ステージには、
いろんな映像が映し出されるのですが、

アクセントになるパフォーマンスがないんです。

ところどころ、巨大スクリーンに、
文字のメッセージが映し出され、
それを読み上げる5人の声が流れるのですが、

何を言いたいのか、まったく意味不明。

観客に伝えたいメッセージがあるのかもしれないけれど、
コンサート中に、潤くんを追いかけ、
嵐の歌と踊りを楽しんでいる最中に、

意味不明なメッセージと映像を提示されても、
????????????

その間に、嵐のパフォーマンスが次々とあって。。。

演出した人は、テーマを持っていて、
観客にそれを感じてほしいのかもしれませんが、
理解できない私は、おいてけぼり。

潤くんが見せてやりたい演出って、何だったの?
と思っているうちに、
コンサートは終わっていました。

潤くんのコンサートって、
山場から山場へと、息つく暇もないくらい、
次々と畳みかけてくるのが、
魅力だと思うんです。

今までの、いくつもの素晴らしい嵐コンに魅せられてきた私は、
期待のハードルが高くなっているんでしょう。

今回のuntitledのコンサートは、山場が、前半だけしかなく、
中盤から後半は、アルバムのCDを聴いたときと同じで、
アクセントのない印象でした。

今回もペンライトを購入しませんでした。

観客に、ライトを高額で購入させて、
それを自動制御して演出の一部にされるのは、
納得できませんので。

少しでも観客に近づいて、
自分達のパフォーマンスを楽しんでもらおうという
ムービングステージの心意気と、
ペンライトの自動制御は真逆ですね。

DVDが発売されたら、ペンライトの景色満載にならないことを祈ります。

DVDを購入するファンが見たいのは、
嵐メンたちのパフォーマンスなのですから。


嵐ランキング

|

« チャンス到来! | Main | (追加&修正)潤愛会ありがとうございました。 »