« 『ナラタージュ』についてのお願い | Main | 5人の総意 »

October 28, 2017

ラストがすべて

ナラタージュ、まだ1回しか観ていませんが、
とても心に残る映画です。

(以下、ネタバレを含みます。)


思ったことは、
懐中時計の「幸せでありますように」という言葉が、
この映画のすべてだったなあということ。

この言葉がなかったら、
葉山先生は、妻がありながら、
教え子の卒業式にキスをするというゲス男ですよ。

気を持たせるような優しいことをさんざんして、
うそついて、振り回して、
肉体関係を持った上で、妻の元に戻るという、
とんでもない男。

でも、泉に残した懐中時計に、
永遠に気が付かないかもしれないポルトガル語で、
「幸せでありますように」という文字があった。

そのおかげで、葉山先生の抑えに抑えた切ない感情を知ることができて、
観客の心が、一気に葉山先生の辛さに共感するんですね。

私をはじめ、そこでわあ~っと涙があふれてしまった人がたくさんいたのではないでしょうか。

人間、いろいろあるよね。
何考えているのかよくわからない男だったけど、
泉の幸せを願う気持ちは本物だったんだなってね。

泉に届くかどうかわからない、
隠されたメッセージなだけに、
そこに、真実を感じてしまうのが、人間の心理。

映画って、ラストの感動で、1本の映画そのものの評価が決まってしまうことってあると思うんです。

例えば、『幸福の黄色いハンカチ』。

妻がムショ帰りの自分のことを待っていてくれるかどうかわからない不安な中で帰宅したら、
待っているという印の黄色いハンカチが、
大量にはためいているというラストに号泣してしまいます。

ラストに至るまでの途中は、ほとんど覚えていない。

というか、主人公の男が不安でうじうじしているからこそ、
ラストのはためくハンカチが爽快で快感。

ナラタージュも、それまでの葉山先生が、
うじうじ、気持ちがよくわからない男だからこそ、
「幸せでありますように」という、
平凡だけど、わかりやすい言葉が、
大きな意味を持ってくるんでしょうね。

そして、懐中時計の文字に気づかせてくれた後輩くん。

彼こそ、泉の過去をすべて受け入れてくれる大人の男ですね。

|

« 『ナラタージュ』についてのお願い | Main | 5人の総意 »