« ウッチ―とのMJ対決 | Main | 深山先生は麻薬。 »

August 02, 2017

尖っている

たまっていたVS嵐を見ていたら、
向○理くんが、10年前のバンビーノのときの潤くんを、
「尖がんていましたねえ。触れるもの、すべて傷つけるような。」
と言っていて、
くう~っ、いいなあ~と思いました。

仕事場で、とんがっている若者を見たら、
私なら、コイツは凄いなあ~、
どんなふうに成長していくだろうか・・・
と、興味津々になりますね。

だって、嫌われるよりも、いい仕事にしようと本気の方が強いから、
尖がっちゃうんですよね。

周りを傷つけたりしたら、
今後、仕事がやりづらいだろうなあとか、
恨まれたらイヤだなあとか思いますよね。

だから、そういう若者は、なかなかいないのではないでしょうか。

向○理くんも、いい意味で、バンビーノの時の潤くんを尖がっていたと言ったのではないかと思います。

それにしても、バンビーノで向○理くんを初めて見たとき、
わあ、この人、凄い!と思いました。

何が?と聞かれても、
凄い!としか表現できないんですが、
存在が尖がっていたんですね。

きみぺのときの、瑛○くん。

陽だまりのときの、菅○くん。

初めて見ましたが、
わあ、凄いは、この人!
と、一瞬で思っちゃうんですね。

そういう、存在が尖っている人というのは、
出てきますね。

大勢の中にいても、尖がっているから、
見る目のある人に、引っ張り上げられて、
どんどん活躍していくんでしょうね。

|

« ウッチ―とのMJ対決 | Main | 深山先生は麻薬。 »