« April 2017 | Main | June 2017 »

May 10, 2017

情熱VS倫理観

フランスの新大統領にマカロン氏(39歳)

奥さんであり、最強のブレインのブリジットさんは25歳年上の64歳。

高校生のときの教師で、
クラスメートのお母さん。

ごくせんと東京タワーを足したようなもの。

フランスの歴代の大統領は、
愛人がいたり、二股、三股もあったり、
女性関係で、いろいろあっても、
国民からの支持を得ていたようです。

大統領になるような人は、
圧倒的な情熱と野心と、何がなんでも実行する強いメンタルが必要なんだと思うんです。

一方、日本は、
倫理観で行動を制限し、
情熱を抑え込む。

一億総監視世界になってしまって、
ちょっと目立つと、すぐに足を引っ張る。

情熱がある人を、倫理観でしばり、
何一つ、有効な手立てを実行できないから、
少子化まっしぐらで、
人口激減の未来が待っています。

フランスは、少子化対策に成功し、
出生率が上がっている国。

有効な手段を実行しようという情熱を後押しするんでしょうね。

潤くんは、情熱と野心の人です。
松本潤王国が作りたいという人です。

潤くんも、フランス大統領になるような、
頭脳と、情熱と、実行力があると思います。
女性についても情熱があるでしょうね。

そういう人を、凡人の倫理観で測っては、
せっかくの才能を潰してしまいます。

|

May 06, 2017

深読み

昨日、コンビニに行ったら、
うちのごはんの1人前用が3種類、売っていました。

今までコンビニでは見たことがなかった気がするので、
潤くんがCMをやるようになって、
凄く売れるようになったから、
とうとうコンビニでまで売るようになったのかな・・・
などと、喜んでいました。

でも、ふと思ったんです。

もしかして、潤くんをCMに起用した目的が、
女性だけでなく、
一人暮らしの男性もターゲットにすることだったのかもと。

カッコイイ独身男性の松潤が、
うちのごはんを使って、
美味しい料理を、
カッコよく、超簡単に作る。

じゃあ、俺もやってみようと。

コンビニは、狭いスペースで、
大多数の人が必要とする限られた品物だけが売られています。

コンビニには、幾種類もの男性向け週刊誌が売られていて、
その多くに、裸の女性の写真が載っていますね。

つまり、大多数の男性のニーズが、そこにあるということ。

ジャニーズファンの女性よりも、
そういう写真を見たい男性の方が、
おそらく圧倒的に多いでしょう。

深読みで、多くの潤くんファンに怒られそうですが、
うちのごはんのCMが始まったのが、
潤くんの週刊誌報道の後。

また、そういう女優さんたちのバラエティ番組が
地上波で放送されていて、
潤くんネタのようなこともやっているようです。

今までは日陰の存在だったけれど、
実は巨大マーケットであるAV市場を、
辣腕プロデューサーが、
表舞台に出そうとしているのかなと思ったりします。

そこに、潤くんが利用されている気がします。

それをジャニーズ事務所が黙認しているのは、
潤くんを、女性ファンだけの王子様から、
男性にとっても憧れの、生身の男路線も視野に入れてのことかな・・・
と思ったりします。

|

May 02, 2017

70歳過ぎの潤くん

テレビLIFEを立ち読みしたら、
35年後は、のんびりしたい、
仕事はもういいかな・・・
というようなコメント。

今は、そういう心境なんだなあ・・・と。

でも、そういう歳に近づきつつある私からすると、
男は、70過ぎてからが、本当の魅力だと思う。

70歳を過ぎたら、
経済的なことや健康面だけでなく、
今まで生きてきたことの蓄積が、
その人の人生の価値そのものになるとき。

人生って、白黒つけられないことだらけで、
幅広いグレーゾーンをどう生きるか。

それが生きた知恵だし、
たくさんの失敗や、傷ついた経験があればあるほど、
深い知恵も生まれる。

その人の人生の奥底から紡ぎ出された智恵に接したとき、
たまらなく色気を感じる。

なぜなら、その智恵の奥に、
一生懸命頑張ったからこその、
辛い経験があったんだろうなあと想像できるから。

潤くんの70歳以降が楽しみです。

ところで、しやがれでの、
天○よ○みさんのONE LOVE、
素敵でしたねえ~。

嵐の代表曲が何か?
という論議がありますが、
カラオケも含んで、
他の人がどれだけ歌ってくれるか・・・も、
大きな判断基準だと思うんです。

売上は単なるデータであって、
歌は、人の心を打ってなんぼ。

歌いたいと選んでもらえるって、凄いことですよね。

|

« April 2017 | Main | June 2017 »