« February 2017 | Main | April 2017 »

March 27, 2017

稀代の大スター

稀勢の里が、怪我をおして、
優勝決定戦も含め、2連勝をして優勝したことで、
日本中が盛り上がっていますね。

これを見て、潤くんが、
白夜の女騎士で声が出なくなったのに、
復活したことを連想しました。

ファンは皆、胸が押しつぶされるくらい心配しましたが、
千秋楽を見ることができた私は、
感動で泣きっぱなしでした。

神が降りてくるというのは、こういうことだと思いましたし、
まさに不死鳥に見えました。

16年前に、怪我を押して優勝した貴乃花は、
その後、ずっと休場し、結局引退しましたし、
稀勢の里も、今後、どうなるかわかりません。

ですから、いいことなのかどうかわかりませんが、
こういう精神力こそが、
大スターたる所以(ゆえん)なんでしょうね。

滅多に出ないからこそ、稀代の大スター。

潤くんの場合は、その5年後、
あゝ、荒野で、見事な発声を身につけていて、
5年の間に、
どれほどのケアとトレーニングをしてきたんだろうかと想像します。

白夜の女騎士の千秋楽と、あゝ、荒野を見ることができた私は、
潤くんの私生活とか、
週刊誌やネットに書かれたこととか、
どうでもいい。

松本潤という人の凄さに圧倒されているからです。

そして、彼の魅力は、
常に可能性を感じさせてくれること。

チャレンジし続ける限り、
いくつになっても可能性を感じますね。

|

March 25, 2017

食べている顔がセクシー

うちのごはんのCMで、
潤くんの食べている表情がいいですねえ~。

ハフハフと、
本当に熱々を、
真剣に食べている感じ。

食レポで、
美味しそうに食べるタレントさんたちは、
たくさんたくさんいるし、
バラエティでの潤くんが食べているのもおなじみだけど、

素のように見える彼が、
一生懸命食べている顔は、
男を感じて、
セクシー。。。

食こそ、人間の本能に根ざしたものだからでしょうか。

こんなとき、松本潤は、素晴らしい俳優だと思う。

役のために作った表情ではなく、
体の奥底から沸き上がってくる感情が、
顔と体に表れる。

しかも、ずっと見続けてきたファンでさえ、
見たことがない表情。

底なしの可能性を感じます。

|

March 24, 2017

女の無意識に食い込む

うちのごはんのCM。

おむつのCMもそうだけど、
ミスマッチの魅力だと思うんです。

いかにも、家庭的な、マイホームパパになりそうな人じゃなくて、
エロくて、
危険で、
綺麗で。。。

そんな潤くんが赤ちゃんを抱いているから、
現実を忘れ、
夢の世界が広がる。

だから、グーンも売れる。

うちのごはんも、
胃袋だけでなく、
子宮をつかもうという戦略かも。

東京タワーの耕二にメロメロにされたのは、
貴美子や吉田の母に、
自分を重ね合わせたからじゃないかと思う。

耕二が、二股しようと、三股、四股しようと、
そんなことは、どうでもいい。

子宮がうずくんだから、仕方がない。

そんな男が、綺麗な台所で、
ささっと、お料理を作ってくれたら、
もうドギマギして、
天国に連れて行かれる。

女の無意識に食い込むCM戦略ですなあ。。。

PS:
アイコンは、酢豚に欠かせないパイナップルです。

|

March 20, 2017

外敵と戦うMJ

久々のMJ、
楽しかった~。

オファーが殺到しているそうですが、
単純な対決は、わかりやすくて面白いし、

MJの、カッコいいんだか、微妙なんだかわからない、
絶妙なバランスが、
自分もMJと対決してみたいと思わせるんでしょうね。

今回は、跳び箱と、スライディングが、凄かった。

年齢を重ねても活躍している俳優さんたちは、
若い後輩たちに、動けることで、マジに挑んできますよね。

市○正○さん、唐○寿○さん、東○紀○さんなどなど。。。

そういう気迫が、いい仕事につながっているのでしょう。

だから、潤くんがMJを続けることは、
次々に出てくる若くて魅力的な俳優やジャニーズの後輩たちへの、
挑戦状ですね。

そして、嵐というグループの覚悟を示していると思うのです。

それぞれのメンバーが、それぞれ活躍していますが、
潤くんは、嵐を代表して、外敵と戦っているイメージです。

仲がいいのが嵐の代名詞のようですが、
仲がいいだけでは潰されます。

外と戦うメンバーがいてこそ、
中のメンバーが守られ、
得意分野で活躍できるのだと思います。


|

March 06, 2017

潤くんと翔くん。

先日のしやがれの潤くん。
上○ひろみさんの本当にファンなんだなあ・・・
ということがわかる表情で、
彼女のジャズ演奏を聴いていましたね。

潤くんって、世の中に認められているとか、
そういうことではなく、

自分の感性で、
どんな分野でも、
才能のある人に惚れるんですよね。
男でも女でも。

才能って、もちろん、生まれ持ったものもあるけれど、
それを本人が磨き続けた結果。

その厳しさを潤くん自身が骨身にしみて知っているから、
共感するものがあるのでしょうか。

ところで、またまた週刊誌ネタですが、
潤くんと翔君の不仲という話。

いまさら、嵐内の主導権争いはないでしょう。

ただね。
翔君が、嵐でやりたいことをやりつくしてしまって、
次の段階に行きたいと思っても不思議はないなあと。

潤くんは、ジャニーさんにも期待されて、
ジャニーズの未来を背負っていくでしょうけれど、
翔くんは、外にチャレンジの場所を求めるかも。

でもね。
メンバーそれぞれに、
迷いとか、いろんな思いがあったとしても、

誰かが情熱を持って渾身の努力をしていると、
その渦の中に引き込まれていくというか、
その輝きの中にいたいと思うんじゃないかと。

そんな風に思ったりします。

|

March 01, 2017

価値観に高いも低いもありません。

価値観は人それぞれです。

高いも低いもありません。

高学歴で、良い家柄とか、良い職業とか、
そういうものが好きな人が、
価値観が高いなどとは、私は全く思いません。

そういうものよりも、
人の中身に魅力を感じる人はたくさんいますよ。

|

« February 2017 | Main | April 2017 »