« 文春記事 | Main | 紅白2016感想 »

December 29, 2016

Are you happy? コン感想(12月27日東京ドーム)

12月27日東京ドームの、ネタバレ込みの感想を、
↓に書きました。

行く途中の電車で、文春の中づり広告を見ての参戦だったので、
いつもとは違う精神状態でした。

どういう人かもまったくわからない状態での、コンサートの感想です。
(そのときは、相手が一般人だと勝手に思っていました)

今、同じコンサートを見たら、
違う感想になっているかもしれませんが、
そのとき思ったことを正直に書きました。

====================

水道橋に行くJRの電車の中吊り広告で、
潤くんの名前と、
“裏切りの4年恋人”の大きな文字を見てしまったため、
普通ではない精神状態での、参戦でした。

詳細も、相手がどういう人かもわからなかったので、
あれやこれや、
潤くんがどんな気持ちでいるんだろう・・・とか、
考えてしまいました。

Are you happy?
と問われると、
私たちじゃなくて、
嵐メン、それぞれが幸せなんだろうか・・・
と、逆に質問したくなりました。

私たちは、嵐くんたちのおかげで
夢と幸せをもらっているけれど、
あなたたちは、本当はどうなの?

私生活は、結婚をして、子供を持って、
ささやかな幸せを望んでいるメンバーだっているだろうなあ
と思ったのです。

特に、リーダーやニノは、去年と今年、
熱愛報道があったので。。。

嵐メンたちは、
どんなに好きで、結婚したくても、
なかなか結婚が許されない状況では、
責任もって、女性と付き合えないよね~。

だから、ニノのソロの絶唱は、
胸が締め付けられました。

青春ブギの、男の子の恋心。
すごく楽しかったけれど、
甘酸っぱい感傷に、涙が出そうでした。

リーダーのソロのダンス。
素晴らしかった!
エクセレント!!!!!

切れ味に円熟が増して、
嵐ファンだけが楽しむのは、もったいないと思いました。

潤くんが、いつもと違うかなと思ったのは、
ソロの出だしで、ちょっとつかえたときだけで、
他は、いつも通り。

生歌をたくさん聴けたのも、うれしかった~。

美しく輝く笑顔は、
何があっても、プロフェッショナルだと思わせてくれる象徴のようです。

いつもと違うのは、私の方。

感謝カンゲキで、
♪泣きながら生まれてきた僕たちは、ピンチに強~い♪
のところで、
今がピンチかも。。。
でも、潤くんは、ピンチに強い!

いつもはスルーの五里霧中なのに、
♪勇気を、叡智を、与えたまえ♪
という歌詞が、
私のアンテナにビビッときて、
今のピンチを乗り越える勇気と叡智を与えたまえ・・・
という、潤くんの心の声のように思いました。

コンサートそのものは、
大がかりなセットも、
派手な演出もなかったので、
物足りない感もありましたが、

なにしろ、文春の第一報を知った直後なだけに、
心に深く刻まれるコンサートになりました。

夢を売るアイドルとして、
紅白の大トリも任せられるほど成功したけれど、
その陰で、
失ったもの、犠牲にしてきたものが、たくさんあるだろうなあと、
想像してしまいました。

ですから、歌詞の一言一言が、
犠牲にしてきたものの涙も含んでいるようで、
嵐メンの心の声に思え、
胸に染み入りました。

そんなこんなを全部飲みこんで、
楽しいエンターティメントにしてくれて、
感謝しかないです。

|

« 文春記事 | Main | 紅白2016感想 »