« 人間の極限状態を演じるということ。 | Main | Are you happy? »

September 05, 2016

嵐の強みを育ててほしい

ム○ツ○シさんとの第2回MJ対決。
ワイヤーアクションやダンクシュート、車のボンネットを滑って超えるなど、
楽しかったですねえ。

箸休めの潤くんの、やり過ぎの表情が超可愛い。

苦労人のム○さんが潤くんを盛り立ててくれて、
潤くんが心置きなく奔放にふるまえて、ありがたい限りです。

当初のカッコいいけどちょっと残念なMJから、
ム○さんとのコンビで、カッコいいけど可愛げのあるMJになっていました。

潤くんが撮ったム○さんの二枚目じゃない宣材写真。
素敵ですね。

彼の人間的温かさが溢れていて、
ム○さんの俳優としての魅力は、こちらの方が断然伝わります。

まごまご嵐でも、潤くんがおじいちゃんおばあちゃんの写真を撮っていましたが、
皆、とってもいい写真でした。

カメラを向けている潤くんからの愛情を感じるから、
被写体も幸せな、いい表情をするんでしょうね。

そして、嵐とリオのメダリストたちの対談と対決。
こちらも楽しかったです。

メダリストたちは皆、本当に凄い人たちばかりですが、
嵐と一緒だと、普通のおにいちゃん・おねえちゃんみたいな、親しみやすい人たちになるんですね。
それは、嵐メンたちがそうだからでしょうね。

以前、しやがれには、その道のトップ・プロフェッショナルがゲストできて、
ご自身が長年かけて培ってきたものを惜しげもなく提供してくれましたよね。

また、ああいう企画をしてほしいなあと思います。

ゲストやスタッフの負担がものすごく大きいんでしょうが、
その道のプロたちの中には、
できるだけ多くの人に知ってもらい、普及と継承を望んでいる人たちがいると思うのです。

嵐に教え、嵐と一緒にテレビでパフォーマンスすることは、
準備のたいへんさを上回る大きな効果があると思うのです。

嵐には、超短時間で覚えて、実行できる能力がありますし、
それでいて、普通の人たちの代表という雰囲気があります。

そして、嵐5人の中に入ると、ゲストも視聴者も、
6人目の嵐として歓迎してもらえる温かさがありますよね。

そこが嵐の強みですから、
他のタレントさんたちでもできる食レポではなく、
嵐の強みを育てていってほしいなあと思います。

|

« 人間の極限状態を演じるということ。 | Main | Are you happy? »