« August 2016 | Main | October 2016 »

September 22, 2016

ザ・プロフェッショナル

先日のウルトラフェスの録画を見て、
潤くんの凄さに圧倒されて、
なんて言ったらいいんだろう・・・
と、言葉を探していました。

黒いロングコートに、スカートのようなズボン。

奇抜なデザインの衣装を、
毅然と着こなした立ち姿の美しさ。

sakuraの最後の、コートの裾を翻してのジャンプとダンス。

どう映されるかを計算しつくした一瞬のパフォーマンス。

ものすごい数の、緻密な計算と実行を積み重ねたものだということがわかります。

簡単に言ってしまえば、
漫然と立って、適当に踊るの、真逆ってこと。

ハワイのコンサートリハや、
宮城での、合唱の生徒たちと会ったときの素顔の彼は、
歩き方も立ち方もまったく違っていた。
ガニマタ?って思えるくらいだった。

でも、テレビに映る時は、片方の脚を前に出したり、
美しく映ることを研究し尽くしているんだろうなあと思う。

まさに、ザ・プロフェッショナル。

“ザ・松本潤”をプロデュースするプロフェッショナル。

それは、自分がカッコよく魅力的であり続けることが、
多くの人を幸せにし、
励ますことになると、
強く自覚しているんでしょうね。

それが、お金を生み出し、
才能が集まり、
さらに魅力的な仕事が舞い込むという好循環。

衣装にしても、
曲にしても、
ダンスにしても、
彼が超一流と思うプロフェッショナルの手によるものであり、
それらに、渾身のザ・松本潤を掛け合わせることで、
前人未到の世界が広がっていく。

スケスケ衣装でデビューした16歳のあどけない少年が、
17年後、
誰も追随できない、大人の魅力をまとった“ザ・松本潤”として、
黒いロングコートを翻して、華麗に舞っていました。

|

September 18, 2016

VS嵐の面白さ

VS嵐、先週・先々週分と、録画を2週分、まとめて見ました。

面白かった~。

まず、なんといっても、潤くんとた○しさんとのクリフクライム。

パーフェクトなら、一緒にメイド喫茶に行くという約束。

た○しさんが、ボタンを押していないところがあったため、
この時点で、パーフェクトは無理・・・
と、視聴者の誰もが思ったと思うのです。

でも潤くんは、た○しさんが押せなかったボタンを押しに行った。

わ~、カッコいい~!と、
胸キュン💙

ヘマしてしまった仲間を、何も言わずに助けに行ったヒーローのように見えました。

別に、一緒にメイド喫茶に行きたかったわけではないでしょうが、
目標を決めたら、それを達成するために、全力を尽くす。
たとえ、それが誰の目にも不可能なことでも。

これがマツジュンなんだと、改めて思いました。

そして、VS嵐が、マンネリゲームでも8年も続いている理由は、
こういうところにもあるんだと思いました。

いつものおなじみのゲームだから、
ゲストも含め、一人一人のキャラが際立ってくるんですね。

ゲームという予測不能なことを一生懸命やっていることで、
思わず、その人の本質が見えてしまうことがあります。
こずるかったり、あほなことをしてしまったり。。。

最後、斉○さんと一緒のA・RA・SHIも、とても楽しかった。

先々週の超一流選手たちとの、ガチのバスケの試合も楽しかった。
ハンデをつけても、
それでも、嵐メンバーがガチで戦うのはワクワクします。

試合中の各メンバーの動きを見ていると、
どんなことをしても、センスと運動神経があるんだなあと感心してしまいます。

VS嵐は、毎週毎週同じことをするのですから、
面白くするには、頭を使って、工夫していくしかないわけです。

それは、笑点にも通じることだと思うのです。

何十年間も、決まった枠組みの中で、頭を使って工夫しつづける。

笑点は言葉を使ったゲーム、
VS嵐は体を使ったゲームだけど、
そこから見えてくる、人間という存在の面白さ。

その普遍性が、長寿番組の秘訣のように思います。

|

September 13, 2016

天の時。

何度も何度も、同じ方との熱愛の記事が出ますが、
なぜでしょう。

私は、どんなに記事にしても、
双方から文句も圧力もこないからだと思うんです。

つまり、双方にとって、メリットはあっても、
デメリットはないということ。

世間からは、
ヒットドラマのイメージそのままの好感度の高いカップルとみられ、
宣伝にも利用できるし、
追求されても、二人が本当に付き合っているという証拠は押さえられない。

だから、双方にとっても、メディアにとっても、安全な話題だからではないでしょうか。

潤くんもいずれ結婚するでしょうが、
ファンの勝手な願いとしては、
奥様や家族の姿が見えないようにしてほしいということ。

今まで、潤くんのご両親やご家族は、まったくメディアに出られることはなかったので、
きっと素晴らしい方達なんだろうなあと、
妄想を膨らませることができました。

潤くんの結婚後も、そうであってほしいなあと思います。

奥様も有名人だと、メディアは、必ずと言ってもいいほど、
ペアで話題にします。

潤くんの仕事の内容よりも、私生活の方に興味がある一般人が多いからでしょう。

潤くん一人のイメージではなく、
奥様のイメージが、
潤くんのイメージに覆いかぶさってきます。

今まで演じてきたどんな役よりも、私生活の方が強烈なイメージとして、
多くの人たちにインプットされます。

それは、本当に本当にもったいないことだと思います。

まあ、結婚にしても、あらゆることに、天の時があるんだと思います。

今まで積み重ねてきたいろんなことが、
時を経て、うまくかみ合って、
誰からも反対されず、
皆に祝福されて、Go!となる時ですね。

そんな風に始まった結婚生活は、
幾多の困難があっても、
周囲からの協力や理解を得られて、
実り多いものになると思います。

|

September 11, 2016

Are you happy?

新しいアルバムのタイトル、Are you happy?

はい。
おかげさまで、私はとてもhappyです。

おそらく潤くんも、とてもhappyなんじゃないかと思います。

幸せって、状況を指すものではないと思うんです。

潤くんが置かれている状況は、
ジャニーズ事務所も含め、
私たちファンが想像もできないほど厳しいものだと思うし、
昨今のニュースを見聞きすると、
芸能界って、なんでもありの魑魅魍魎の世界なんだなあと思います。

ふと、深夜にやっていた“Dの嵐”で、
スタッフの日○ディレクターが本番中に逮捕されるという回を思い出しました。

ニノがドッキリを仕掛けたんだけど、
他のメンバーが、唖然として声も出ない中、
潤くんだけが、「バカだなあ」と言い、
立ち上げって、「今日は、もうやめる?」と、
対処を提案していました。

当時、見ていた私は、
スタッフが本番中に逮捕されるなんてありえないのに、
本気にしちゃうんだ・・・と思ったものです。

でも、現在の芸能界にまつわる事件、不祥事、報道の状況からしたら、
スタッフが逮捕されるというのも、ありえないことじゃないんですね。

現在の潤くんの周りでも、次から次と、大小さまざまな事件が起きていると思うんです。
彼にとっては、こういう状況がまさに現実で、その中で生きているんですね。

状況を嘆くだけならば、不幸だけど、
潤くんは、自分と嵐のため、ジャニーズ事務所のために、
どうしたらいいか考え抜き、行動し続ける人だと思うのです。

そういう潤くんは、何があっても、心はhappyなんじゃないかなあと、
勝手に想像しています。

|

September 05, 2016

嵐の強みを育ててほしい

ム○ツ○シさんとの第2回MJ対決。
ワイヤーアクションやダンクシュート、車のボンネットを滑って超えるなど、
楽しかったですねえ。

箸休めの潤くんの、やり過ぎの表情が超可愛い。

苦労人のム○さんが潤くんを盛り立ててくれて、
潤くんが心置きなく奔放にふるまえて、ありがたい限りです。

当初のカッコいいけどちょっと残念なMJから、
ム○さんとのコンビで、カッコいいけど可愛げのあるMJになっていました。

潤くんが撮ったム○さんの二枚目じゃない宣材写真。
素敵ですね。

彼の人間的温かさが溢れていて、
ム○さんの俳優としての魅力は、こちらの方が断然伝わります。

まごまご嵐でも、潤くんがおじいちゃんおばあちゃんの写真を撮っていましたが、
皆、とってもいい写真でした。

カメラを向けている潤くんからの愛情を感じるから、
被写体も幸せな、いい表情をするんでしょうね。

そして、嵐とリオのメダリストたちの対談と対決。
こちらも楽しかったです。

メダリストたちは皆、本当に凄い人たちばかりですが、
嵐と一緒だと、普通のおにいちゃん・おねえちゃんみたいな、親しみやすい人たちになるんですね。
それは、嵐メンたちがそうだからでしょうね。

以前、しやがれには、その道のトップ・プロフェッショナルがゲストできて、
ご自身が長年かけて培ってきたものを惜しげもなく提供してくれましたよね。

また、ああいう企画をしてほしいなあと思います。

ゲストやスタッフの負担がものすごく大きいんでしょうが、
その道のプロたちの中には、
できるだけ多くの人に知ってもらい、普及と継承を望んでいる人たちがいると思うのです。

嵐に教え、嵐と一緒にテレビでパフォーマンスすることは、
準備のたいへんさを上回る大きな効果があると思うのです。

嵐には、超短時間で覚えて、実行できる能力がありますし、
それでいて、普通の人たちの代表という雰囲気があります。

そして、嵐5人の中に入ると、ゲストも視聴者も、
6人目の嵐として歓迎してもらえる温かさがありますよね。

そこが嵐の強みですから、
他のタレントさんたちでもできる食レポではなく、
嵐の強みを育てていってほしいなあと思います。

|

« August 2016 | Main | October 2016 »