« リオの閉会式の日本アピールが素晴らしすぎて。。。 | Main | スターの宿命 »

August 23, 2016

俳優業の厳しさ

夜会の未公開映像。
香○さんと榮○さんと潤くんの会話。

笑って楽しそうに話しているけれど、
俳優業の厳しさがビンビン伝わってきました。

セリフを覚えるたいへんさもあって、女優を続けるかどうかわからないという榮○さんに、
香川さんが、
子役時代の吉○秀○さんが、渥○清さんからずっと続けるのかと尋ねられ、
続けるかどうかわからないと答えたら、
可愛そうに、そういう子はずっと続けて、
ずっと続けるという子は、やめてしまう・・・と言われた話をしていましたね。

私が思うに、
子役の頃に、ずっと続けると答えた子たちは、
役者業の本当の厳しさを知らないから、
どこかで、こんなはずではなかったとやめてしまい、
続けるかどうかわからないと答えた子は、
先輩たちから、その厳しさを肌で感じることができる能力があるから、
辛いことがあっても続けることができるのかなと思ったりします。

そんな話を聞いて潤くんは、榮○さんに、
いいなあ、一生続けるんだって・・・と言っていましたね。

どんなに一生続けていきたいと思っても、
オファーがないとできない仕事。
それが、いいなあ・・・という言葉になったのかもしれません。

ところで、金田一の頃、
意味もよく考えず、ほとんど寝ないで、ひたすらセリフを覚えた話をしていましたね。

その半年後が、あの沢田慎ですよ。

寝る間もなく膨大なセリフと格闘した時期をちゃんとやり遂げたからこそ、
ほとんどセリフもなく、
表情だけで、複雑な感情を伝える沢田慎を、
クールで独特な人物として創り上げることができたのでしょうか。

その感性の奥深さに感嘆です。

やはり、俳優の魅力は、いかに奥行きのある感性を表現できるかですね。

|

« リオの閉会式の日本アピールが素晴らしすぎて。。。 | Main | スターの宿命 »