« 俳優業の厳しさ | Main | JaponismドームツアーのBlue Rayの感想 »

August 24, 2016

スターの宿命

潤くんが芸能界の中で人気があると、私たちファンはうれしいけれど、
あんなにマツジュン大好きをアピールしていた高○裕○くんが、
あんな事件を起こしてしまうと、
潤くんもたいへんだなあ・・・と、つくづく思います。

芸能界でいい仕事をしようと思えば、
スタッフや共演者やスポンサーから好いてもらうことがものすごく大事ですよね。

スタッフやキャストが、この人のために頑張ろうと思うのと、
なんだかイケスカナイ奴だけど、
お仕事だから・・・
というのとでは、
出来上がった作品も、潤くんの映像も、違うと思うんですよ。

でも、人気者の潤くんだから、
私たちが知らないだけで、ものすごい数の男性や女性たちから、
しかも、様々な職種の人たちから、
手を変え品を変え、
アピールやアタックされているんじゃないかと想像してしまいます。

そういう人たちの本当の心を知ることはできないし、
対応に困ることも頻繁なんじゃないでしょうか。

中には、勝手に好きになって、
相手にしてもらえないとか、
イメージと違うとかで、勝手に恨んでしまう人もいるかも。

スターの宿命でしょうが、
たいへんなものを背負って生きているんだなあと、
改めて思ってしまいました。

|

« 俳優業の厳しさ | Main | JaponismドームツアーのBlue Rayの感想 »