« ジャポニズムの世界に女性はいらない | Main | 冠番組のステータス »

May 22, 2016

男が惚れる男。

しやがれで、阿○サダ○さんが、潤くんが好き!と告白していましたね。

私、男が男に惚れる第一条件って、強さだと思うんです。(ホモや、オネエとかは別として)

そして、強さって、嫌われることや批判を恐れないことかなと。

蜷○さんが、あれほどの暴言や人格否定の言葉を投げつけても、
一流の俳優たちから慕われたのは、
嫌われることを恐れない彼の強さへのあこがれがあったからではないかと思うんです。

憧れの大演出家から選ばれて、演技指導されているという誇りから、
何があっても、なにくそ!とくらいついていき、
自分がさらなる高みに這い上がることができると確信できるのではないかと。

阿○サダ○さんは、潤くんが「国立~!」と叫ぶのを聞くとゾクッとするとのこと。

彼も演劇人であり、バンド活動もしているようですので、
国立競技場を毎年いっぱいにし、その演出をする潤くんの凄さを、
痛いほどわかるのではないかと。

演出に、正しいも絶対にいいことなどない。
誰がなんと言おうと、どんなに批判されようと、
多くの人を動かし、自分の世界観を実現させる強さが不可欠でしょうからね。


|

« ジャポニズムの世界に女性はいらない | Main | 冠番組のステータス »