« 男が惚れる男。 | Main | 99.9 第6話 »

May 24, 2016

冠番組のステータス

しやがれでの、笑点メンバー5人の『愛を叫べ』、
楽しかったですね~。

歌○さんが引退するという番組の宣伝ですから、
いつもの番宣ゲストのように、座って話をするだけでもよかったのに、
時間をかけて、歌とダンスを練習して、素晴らしかったです。

こういう真剣なサービス精神が、笑点50年継続の原動力なんだろうなあと思いました。

そして、バラエティ番組の歌は、うまい必要はなく、
観ている人を心から楽しませればいいんだと思いました。

嵐にしやがれ、以前は、ゲストが真剣に準備をして、
嵐メンバーと一緒に、そのゲストにしかできないことをやっていましたよね。

準備するゲストもたいへんだったろうし、
その気にさせるスタッフの熱意も凄かったのでしょう。

ゲストにとって、頑張るだけの魅力やメリットがある、
ステータスのある番組だったのだと思います。

でも、いまや食べ物紹介に時間を割き、
ゲストにとって楽な番組になってしまいました。
自ら、そのステータスを放棄してしまったのですね。
冠番組のステータスは、嵐そのもののステータスにもなりますから、
残念なことです。

そんな中、今回の笑点メンバーの『愛を叫べ』は、久々のヒットで、
思わず、笑点そのものを日曜日に見てしまいました。
今回の企画だけで終わらず、
笑点メンバーが嵐のナンバーを歌うということが、あちこちで求められるかもしれません。
つまり双方にとってメリットのある企画ですよね。

ム○ツ○シさんの、MJ対決も、ゲストにとってメリットのある企画だったのではないでしょうか。
彼があんなにアクションができると知りませんでしたし、
ラー○ンズの片○さん(99.9の明石さん)のように、
アクションができる脇役というのも、必要とされると思うのです。(もちろん主役も)

相葉ちゃんがNHKでスポーツ番組を任せられたのも、
大好評の相葉JAPANのおかげかと思います。

テレビは、評判が良ければ、業界の人たちも注目すると思いますので、
楽に流されず、ゲストも嵐メンも、その才能を存分に発揮するような番組つくりをしてほしいなあと、
切に願います。


|

« 男が惚れる男。 | Main | 99.9 第6話 »