« 人間に恋した猫の哀しいラブストーリー | Main | 運のついて »

May 13, 2016

蜷○さんを継ぐのは松本潤。


蜷○幸雄さんが、お亡くなりになられたとのこと。

松本潤を育ててくださって、ありがとうございます。

育てるというのは、理不尽な巨大な壁として目の前にそびえ立ってくれることだと思うのです。
そこを必死で這い上がっていくことができた者だけが、育てられたということでしょう。

私、彼の遺志を継ぐのは、松本潤だと思っています。

ダイナミックで斬新な演出。(Loveコンの円形ステージで繰り広げられた演出は素晴らしかった!)
妥協を許さぬ強い執念。
そして、魂の底から芝居が好き。

他にも素晴らしい演出家がいるでしょうが、
輝くスター性とパワーを持った演出家として、後を継げるのは、松本潤以外いるでしょうか?

そして、潤くんは、蜷○さんを超えていくことでしょう。

なにしろ、潤くんは、98歳で運気が最高になる人ですから。

その頃、時代がどう変わっているかわかりませんが、
人類が存続する限り、エンターテイメントは求められるでしょう。

アイドルの仮面をはぎ取った潤くんは、
どんな言葉を発しているでしょうか?

かつてのような鋭く尖がった言葉で、
円熟とは程遠い、過激な存在として、時代をリードしていってほしいものです。


|

« 人間に恋した猫の哀しいラブストーリー | Main | 運のついて »