« 潤くんファンがおっとりしている理由 | Main | 結婚について »

March 20, 2016

言葉の力

香○さんの潤くんについての言葉。
「各方面から絶賛の嵐ですよ。あんないい男はいないと。みなさんそういう風におっしゃるんで、本当に楽しみに現場に入ってきて。。。」

あんないい男はいないと、ファンは知っているけれど、
これから共演する人にそう言ってもらえるのは、
本人もうれしいし、
新しいドラマへの不安も、この一言で、かなり和らぎますよね。

さらに、
「昨日のクランクインから殴り合いでね。最初から意見の食い違いが。」
と言われ、言いたいことや自分の主張を笑って言い合える、いい雰囲気なんだなあと、
想像しちゃいますよね。

いやはや、香○さんは凄いわ。

クランクインしたばかりの番宣でのご自身の役割を十二分に理解して、
カットされないようなインパクトのある言葉にエッセンスを込める。

香○さんが共演してくれてよかったとキャストやファンは思い、
出演してくれてよかったとスタッフは思い、
こんな面白い人が出るドラマだったら、見てみようかなと一般視聴者は思うかもしれませんもの。

言葉の力って大きいですね。

私、潤くんの「俺を好きになったことを後悔させない」という一言で、
彼のファンであることが、本当に幸せだと実感できるのですが、
潤くんから、「嵐のファンになったことを後悔させない」という言葉があったらなあと思うんです。

嵐コンの演出のみならず、嵐のプロデューサー的な役割をいろんな場面で発揮しているようですが、
5人のファンあっての嵐ですからね。

100人いれば100人の真実がある・・・と、ドラマ『99.9』について語っていましたが、
ネットに溢れている潤くん批判の言葉は、彼女たちにとっての真実なのでしょう。
ファンにとっての真実というのは、自分が期待する理想なのかもしれません。
そして、アイドルの仕事は、期待される理想像を演じることなのかもしれません。

NHKのハワイのドキュメンタリーについての批判が続いているのは、
嵐コンの裏側を、映像という事実として見せられ、
自分が真実と思いこんでいたものと違っていたから、受け入れられないのかなと思ったりします。

とはいえ、平穏無事に、理想像ばかりを見せられたからと言って、ファン熱が高まるものでもないですね。

ものすごく辛いことや逆境があって、
それを遥かに上回る形で克服したときこそがハッピー。

事実は事実として変えられませんが、
それをどう解釈し、力強い言葉にして発信できるかが、これからの勝負のように思います。

5人それぞれのファンが納得できるような、再ブレイクのストーリー作り。
それが、コンサートのみならず、嵐の冠番組などの隆盛の大きなポイントになると思います。

|

« 潤くんファンがおっとりしている理由 | Main | 結婚について »