« 悪い男。。。 | Main | 『赤めだか』 »

January 02, 2016

紅白&カウコン雑感

あけましておめでとうございます。

今年も私は、熱烈なファンとして、
正直な思いを書いていきますので、
それでもよいという方だけお読みいただけたらと願っています。

紅白。
スターウォーズとのコラボとのことでしたが、
衣装を着て、ライトセーバーを振り回しただけ。

スターウォーズx嵐のコラボなら、
嵐しかできないことをして、コラボと言えるのはないでしょうか。

スターウォーズというビッグネームをまとうだけなら、
嵐でなくてもできます。

権威をかりるほど、嵐の存在が薄くなり、
つまらない存在になります。

逆に、ゴー○デン○ンバー。
賛否があるだろうパフォーマンスでしたが、
やれる限りのことをして、観るものを楽しませようという心意気に溢れていました。

頭を使って、自分たちにしかできないことをする姿勢こそ、
エンターティメントだと思います。
だから、1曲しかヒット曲がなくても、4年連続で出場できるのだと思います。
今度は、どんなことしてくれるかなと期待しますもの。

マ○チ先輩。

あまり歌手活動もしていないのに、事務所の力で紅白のトリなんて・・・と思っていましたが、
かつてのやんちゃなアイドルの面影はなく、
修羅場を生き抜いてきた男の、○ン○ラギンにさ○げ○く・・・になっていました。

自分が生きてきた道に誇りをもっていて、
それが○ン○ラギンにさ○げ○い生き方なんだなと思わせる説得力がありました。

大勢の後輩たちの応援と一緒に歌っていると、
こんなときだけ先輩ヅラして・・・と反発を感じましたが、
一人で、堂々と、生で歌う姿こそ、大人の男。

毎年紅白に出るのが当たり前の感じになっていて、
えっ?! この人、こんなにヘタだったの・・・という人もいるので、
普段歌手活動をしているかどうかは、たいした問題ではないんだなあと思いました。
本番こそすべて。
本番にかけるあらゆることの総合力が、人の心を打つんだなあと思いました。

そして、カウントダウンコンサート。

普段ないペアで歌うから面白かったし、
二人ずつの生の声だったので、実力が丸見え。

そんな中、大野くんの歌声は、嵐の宝だと思いました。
彼の美しい声を生かすことが、嵐のネクストステージかもしれないとさえ思いました。

潤くんより松潤っぽい、河合くんのWISHと本人のコラボ。
本当に楽しかった。
河合くんの潤くんのモノマネは、似ているだけなく、
観客を楽しませるためのエンターティメントと心得ていて、素晴らしい!

最後の潤くんの、河合くんの頭をくちゃくちゃにした姿は、
潤くんの嬉しさと、悔しさと、賞賛がごっちゃになった表現かな。

この日、たくさんのジャニーズの歌声を聴きましたが、
潤くんの歌声は、かなり上位に位置すると思いました。
彼の独特の甘い高音。
スローバラードで聴きたいなあ。。。

|

« 悪い男。。。 | Main | 『赤めだか』 »