« 勝負あった? | Main | MJ=大人げない »

January 16, 2016

劇場型戦略???

先日、友人と話をしていて、
嵐の歌で知っている曲ある?って聞いたら、
考えても考えても、1曲も出てこなかったんです。

彼女は、毎朝ワイドショーを見て、
芸能ニュースももちろん見ているし、
芸能界に興味もあるし、
歌番組もドラマも映画も見る。

だから、私と芸能界の話で盛り上がる人なのに。。。

そこで、私は、♪思い出ずっとずっと♪と歌ったら、
知ってる知ってる・・・と言うのですが、題名はわからないとのこと。
♪百年先も♪と歌ったら、
同じく、知ってる知ってる。だけど、題名はわからないとのこと。

じゃ、S○○Pの曲は?と尋ねたら、3曲、題名がすぐ出てきました。

これが世間の現状なんだなあと思いました。
嵐は、世間に対するインパクトが弱いんでしょうね。。。

嵐は、エンターティメントを真摯に追及しているから、
中の世界に入り込んでしまうと、本当に楽しい。
だから、コンサートは人気だし、DVDもCDもよく売れる。

それに対して、S○○PのNくんの最近の“アイドルはやめられない”というCM。
わざと思えるほどの超ド級のオ○チで、
自分を笑い者にしている。
S○○PやNくんに興味のない人にもすごいインパクトで、面白いなあと思う。

そういう彼がリーダーのグループは、
世間を舞台にした劇場型の戦略を行っているように思うのです。

一般のニュースにも登場するような、よろしくない話題でも、
注目を集めることで、さらにパワーアップしていく。

また、ジャニーズ事務所は長い間、派閥争いをしていたようにとらえられているけれど、
経営者側とマネージャーが対等な立場で、派閥争いをするなんて考えられない。
一緒に共演させないなど、わかりやすい形で、対立構造があるように見せかけているだけでは?

そんなことを思うと、今回の解散騒動も、最初からシナリオありきの劇場型のようにも思える。

仲良しが売りの嵐に対して、
仲が悪くて、いつ解散するかわからないヒリヒリ感で、ファンや世間を翻弄し、
したたかにやっていくのかもしれない。


|

« 勝負あった? | Main | MJ=大人げない »