« すべては必然。 | Main | 時代は松潤! »

November 01, 2015

巷(ちまた)の声

先日、私が松潤ファンだと知っている人に会った時の会話です。

「この間、ワイドショーでたまたま新曲(「心の空」ですね)を見たけど、
あれいいわあ。。。
あれ売れるわよ。
私、ジャパニーズな歌って嫌いなんだけど、特に童謡とかね。
でもあれは、凄くいい感じにジャパニーズを取り入れていて、カッコいいよ。
新しい感じ。
見てると、松潤一人が成長が違うって感じだね。
4人は、まだ少年って感じなのに、
松潤だけが、成熟した男になっちゃったみたい。」

「インタビューとか見たの?」

「踊っているのを見ただけだけど、一人だけ違うもの。」

また、宮城コンの前に会った別の人。
私が嵐ファンで、松潤ファンだとカミングアウトしたら、
彼女は、長い間、少○隊のファンだったそう。

「嵐5人の中じゃ、松潤がダントツにダンスがうまいね。」

「えっ。ファンの中じゃ○○くんが、一番うまいってことになってるよ。」

「え?! うっそー。私、自分もダンスをするし、踊りにはうるさいのよ。
松潤は、次の動作に行くまでの流れが綺麗だし、ナントカカントカ・・・」

と、私には記憶できないような技術的なことを延々と力説していました。

こういうことを書くと、嵐5人が横並びでないといけないとか、
比べるのはどうか・・・とか、
いろいろ言ってくる人がいますが、
外から嵐を見た声って、貴重だと思うんです。

ファンはどうしても近視眼的になってしまいますからね。

外からどう見えるかをしっかり把握し、
事実は事実として認めた上で、
戦略を立てないと、
トンチンカンになり得ますもの。


|

« すべては必然。 | Main | 時代は松潤! »