« 好きな衣装&『愛を叫べ』 | Main | サービス精神の塊 »

September 02, 2015

マーケティング

オリンピックのエンブレムが、問題になっていますが、
嵐の王様っぽいロゴマークは素晴らしいと思うんですよ。

Blast in Hawaii では、お花やレイをつけて、
Digitalian では、サングラスをつけていましたね。

Blast in HawaiiやDigitalian の文字のデザインも含め、
わあ、行ってみたいなあ、参加したいなあ、どんなものか観たいなあ・・・
と、ワクワクさせる楽しさがありましたよね。

可愛い王様っぽいロゴも、
アットホームな嵐のシンボルとして、ぴったりだし、
それが、コンサートとなると、
これでもかあ~と、ガンガン攻めてくるというギャップが、
まさに嵐の魅力になっていると思うんです。

このロゴや文字のデザインが、
DVDの売り上げに、大いに影響していると、私は思うんです。

まず、欲しいと思わせるイメージありきですからね。

そして、今日は、『愛を叫べ』の発売日。

『One Love』の場合は、
♪百年先も愛を誓うよ♪
というフレーズが突出しているので、
普遍性があると思うんです。

でも、『愛を叫べ』は、
花嫁の男友達5人が、結婚式でお祝いするっていうシチュエーション。
ありっちゃありなんでしょうが、
かなり、限られた設定ですよね。

ターゲットが広ければ広いほど、誰にも刺さらず、
結局売れないけれど、
ターゲットを絞れば絞るほど、
究極は、ある特定の人に刺されば、
そこから、広がって売れていく・・・
というマーケティングの理論がありますが、
『愛を叫べ』は、そこを狙っているのでしょうか。

かのリクルートが発行しているゼクシィのCMソング。
綿密なマーケティングリサーチの結果の嵐の起用とコンセプトなんでしょうが、
果たして、売れ行きはどうなるのか?
今後、結婚式の定番曲になるのか?

いつもと違う興味があります。


|

« 好きな衣装&『愛を叫べ』 | Main | サービス精神の塊 »