« August 2015 | Main | October 2015 »

September 25, 2015

才能を磨くもの

しやがれのドリフト駐車。
超カッコよかったですね。
車に限らず、できる男はカッコいい。

最後、グダグダで終わるのがMJで、
グダグダのまま終わらせず、何度やってもバシッとできるまで挑戦し続けるのが松本潤だと思いました。

白刃取りの対決で、
潤くんは失敗したのに、佐○健くんがビシっと成功させたときの、
潤くんの悔しそうな顔。

あの顔を見た時、
次々と起こる演出批判に対して、じ~っと爪をといでいたんだろうなあと、
想像してしまいました。
悔しさをそのままにする男ではないですからね。

私、才能を磨くには、情熱が不可欠だと思うんです。
そして、情熱を持ち続けるには、↓の3つが大きな要素ではないでしょうか。

1.恋
2.悔しさ
3.使命

失恋ショコラティエでもテーマであったように、
恋が仕事や創作をインスパイアしますね。
でも、夢を売るプロフェッショナルは、絶対に恋を表に出さないでいただきたい。

批判に対する悔しさは、
受けた批判と同レベルで解消しようとせず、
今回の宮城コンのように、Deeper&Higherなやり方で、多くの人を納得させるんでしょうね。

使命とは、あなたにしかできないと、天から与えられた仕事ですね。
長い間の地道な努力の積み重ねで国民的アイドルとしてTopに立った嵐だから、
東北復興のために、多くの人を励ます使命を与えられたのだと思います。

使命を背負った人間は、天との約束ですから、
どんなことがあっても実現し、成功させようとします。

結果、嵐のBlast in Miyagiは、コンサートそのものの成功もですが、
運営も含んだ一大プロジェクトとして、大成功をおさめたようです。

この結果を受けて、嵐にはさらなる大きな使命が課せられるかもしれません。

嵐ならできる。
嵐にしかできないと。

嵐にしかできないと思われるのは、その情熱と不撓不屈の精神ですね。
その中心にいるのは、間違いなく、松本潤です。

初日の潤くんの挨拶で、
「皆さんに感情とかを伝えて、皆さんから感情をもらって、そんな関係でこれからもいれたらいいなあと思います。」
と、私は聴きました。

エンターティメントの本質は、幸せだったり、喜びだったり、やる気だったり、
感情を喚起することだと思うんです。

でも、潤くんは、すさまじい負の感情もぶつけられてきています。

そんな彼が、「皆さんからも感情をもらって」と、逃げずに受け止めているんですね。
ますます強くて懐の大きな男になったんだなあと感慨深いです。

だから、大勢の人の心を動かし、巨大なプロジェクトを成功へと導くことが出来るんだと思います。

そんな彼のファンで居続けること、心から誇りに思います。


|

September 20, 2015

宮城コン(9月19日初日)感想

宮城コン、すごく良かったです。
何よりも地元に対するリスペクトがとても感じられたこと。

最後、引っ込む時の潤くん。
「また宮城に戻ってくるぞ」と言って、
ものすごく力強く握りこぶしを突き出し、
口をぎゅーっと結んでいて、
強い強い意志を感じました。

あんな潤くんを見たことがなかったし、
成功を確信したからこその意志表示だと思いました。


実は私、このところの演出批判に対する、潤くんの答えが提示されるのではないかと、
ひそかに期待して参加したのです。

そうしたら、オープニングからやられました。

メインステージの一番高いところに現れた5人。
キャ~と歓声が上がったと思ったら、
まるで、ニノだけ奈落に落とした演出の再現のように、
向かって右端の一人(誰かわかりません)が、奈落に落とされたのです。

その後、残りの4人も奈落に落ちたと思ったら、
遠く離れた、アリーナに放射線状に広がった舞台の先端に、5人が現れたのです。
スタジアムの一番高いところから、一瞬にして、
低いアリーナの一番遠い端っこに、5人がばらけて登場したんです。
えっ?! マジック? イル―ジョン?

批判の対象になった演出を、度肝を抜く演出に進化・深化させて、
素晴らしいエンターティメントにしたんです。
やるなあ、潤くん。

そして、曲の多くが、シングル曲。
今回は、嵐の濃いファンだけでなく、復興支援が目的だから、
嵐の曲をそんなに知らない人でも楽しんでもらえるようにということだと思います。

でも、まあ、はっきりに言って、またかよのマンネリ曲。

でも、それをいろんな演出や振り付けで、新たな命を産もうとしているのがわかります。

例えば、盆踊りのような振付の説明を、翔さんが中心になってやるのですが、
有吉さんにつけられたあだ名が、“説明”だからというのが面白かったし、
伊達正宗をアニメにしたキャラが、一緒に踊ってくれるので、超楽しい~。

でも、それは、マンネリ曲の代表のような『ハダシの未来』で踊るんですよ。
なんか、潤くんの執念を見せつけられたような。。。

地元の人たちの雀踊りと一緒に、
裏表色違いの扇子をヒラヒラさせて踊るカーニバルナイトは、
和のお祭り気分満載で、ワクワク楽しかったですねえ。。。

そして圧巻は、地元の高校生(合唱日本一にもなったそうな)と一緒に歌う、『感謝カンゲキ雨嵐』。
大好きな歌ですが、これ歌うの、難しいんですよね。
それを、会場の人たちも一緒に歌えるように、
編曲した短いフレーズを皆で、何度も何度も繰り返すんです。

♪LaLaLa・・・I’m smile again・・・♪

私は、感極まって泣いてしまいました。
最後は、観客席の人たちの声だけのアカペラになっていました。

東北で被災した人たちだけでなく、
日本中で、♪泣きながら生まれてきた僕たちはピンチに強い~♪
に励まされて頑張っている人たちがたくさんいるよ・・・
と、心の中で言っていました。

そして、日が暮れて真っ暗になったら、
空中を縦横無尽に飛び回り、MJウォークのように歩き、何度も何度も回転する潤くんのソロ、『Come back to me』。
あまりの華やかさに、私は、笑っちゃいましたよ。
だって、潤くんのソロだけが長いとか、演出が凝っているとか、散々言われているのに、
もうもう、これでもか~!!!!!と、観客の心をわしづかみにする素晴らしい演出なんですもの。
(他の4人のソロはシンプルそのものでした・・・小声・・・)

私の独断と偏見ですが、
他のメンバーに演出をさせてほしいという声に対して、
潤くんは、開き直ったのかなと思いました。

5人のメンバーそれぞれが、自分のベストを尽くしてソロをやると、
こうなんだよ。
演出に凝るより、歌と踊りだけで見せてほしいというのは、こういうことなんだよ・・・
という現実を見せつけたのかな・・・と思いました。

5人の間で、どういう話し合いがもたれ、
今回のソロ曲や演出が決まったのかわかりませんが、
潤くんのソロは、群を抜いてインパクトがあり、息をのむ華麗さでした。

ですから、今回の宮城コンの演出は、
潤くんへの演出批判に対して、真っ向勝負を挑んだように私には思えました。

そして、批判が潤くんにだけ向けられていますが、
それは、他のメンバーのファンが、それぞれのソロに大満足していたら、
出てこないと思うんです。
ですから、今回の潤くんは、自分のソロに全力を注ぎ、
他メンに対して、それでいいのか?という挑戦状のようにも思いました。

サービス精神の塊の潤くんは、他メンバーが、こういうソロをやりたいと提示したら、
その実現に頑張ると思うのです。

これは、私が感じただけのことで、
もちろん潤くんの真意はわかりませんので、
そんな風に思った人間もいるということで、スルー願います。

最後の挨拶。
潤くんが、被災地に対する思いを語っていましたが、
それが、スムーズじゃなくて、朴訥で。。。
被災地の人間でない自分が、言葉にすることの躊躇のようなものが、私には感じられました。

ものすごいエンターティメントを創り、これだけ多くの人に喜んでもらう仕事をしているのに、
一人のちっぽけな人間でもあるという自覚が、
松本潤という人なんだなあと思いました。
だから私は、彼が好きなんだと。

・・・と、私の思い込みの激しい感想でした。
失礼がありましたら、お許しくださいませ。

|

宮城コンのトイレ事情

9月19日、宮城スタジアムの初日に参加してきました。

これから参加する方のために、
周辺やスタジアムのトイレ事情を、
星フリメインBBSで、現地レポいたしました。

それを、こちらに転載しましたので、よろしくお願いいたします。


◆シャトルバス乗り場にて 09月19日(土) 11時12分

今、仙台駅近くのH⚪︎ISのシャトルバス乗り場の列に並んでいます。

暑くて、上着を脱ぎました。
雨傘を日傘代わりに使っている人、多数です。

今回のチケットを譲ってくださった方に、
本当に感謝です。

そして、連日の雨が止み、
こんな素晴らしい天気にしていただき、
ありがとうございます。


◆復興支援市場にて 09月19日(土) 13時16分

シャトルバスは、仙台から35分で会場に着きました。

グッズ売り場が長蛇の列なのはもちろんですが、
たくさんある食べもののお店が、
どこも長蛇の待ちです。
牛タンの店は、一時間半待ちと言っていました。

待っている間、汗がボタボタ落ちてきます。

飲み物の自動販売機がスタジアムの中にしかないようで、
会場に来る前に、十分な飲み物を持参した方がいいです。

あっ、今まで焼きそばの列に並んでいたのに、
目の前で売り切れました。

ほとんどの人が、購入の列に並んでいるか、
地べたに座っているかですので、
レジャーシートが必要ですね。


◆自販機とトイレ 09月19日(土) 14時45分

今、Wゲートの開場待ちの列に並んでいます。

先ほど、スタジアムの外に自動販売機がないと書きましたが、
歩いている間に、二箇所ありました。
でも、そこも長蛇の列です。

外の仮設トイレ、一箇所に50個ずらっと並んでいますが、
ざっと数えると、1個に40人くらいずつ並んでいます。


◆スタジアム内に入りました。09月19日(土) 15時47分
14:30開場のはずでしたが、
結局、15:00過ぎに入場が始まりました。

中のトイレは数分で入れました。

中の売店では、飲み物、おにぎり、サンドイッチだけしか売っていないようですが、
すぐ買えます。

外の炎天下の行列を思うと、
できるだけ早く、スタジアム内に入った方が、
快適です。

初めて、国立の嵐コン会場に入ったときは、
狭っと思ったものですが、
宮城スタジアムの嵐コン会場は、
広って感じがします。
アリーナの横幅が広い気がします。

青空と白い雲、ところどころ灰色の雲もあり、
風が心地よいです。
聖火台もあります。

今日この会場に来れたこと、
心から感謝いたします。


◆すご~く良かったです。09月19日(土) 21時02分

トイレ事情報告担当のミツコです。

19:30頃終演し、
スタジアム内トイレを19:55頃出て、
アクセスツアーのバスに、20:40頃到着しました。
今、バスの中です。

コンサートは、すごく良かったです。
何よりも地元に対するリスペクトがとても感じられたこと。

最後、引っ込む時の潤くん。
「また宮城に戻ってくるぞ」と言って、
ものすごく力強く握りこぶしを突き出し、
口をぎゅーっと結んでいて、
強い強い意志を感じました。

あんな潤くんを見たことがなかったし、
成功を確信したからこその意志表示だと思いました。

ネタバレを含んだ感想は、
後ほど、ネタバレBBSに書かせていただきます。


◆バスが新宿に着きました。09月20日(日) 05時15分

トイレ事情報告担当のミツコです。

私が乗ったアクセスツアーのバスは、
21;20に現地を出発しました。

途中、3箇所のサービスエリアに止まり、
それぞれ30分ずつトイレ休憩がありましたので、
十分余裕がありました。

4:40に新宿西口に到着し、
5:00まで車内に留まることができましたが、
5:02の山手線に乗るために、
すぐにバスを降りました。

いろいろ混乱を想像していましたが、
トラブルもなく、まったくスムーズでした。

関係各者の十分な準備のおかげかと思います。

これにて、宮城ツアーのトイレ事情報告を終わらせていただきます。

今回のツアーに関わったすべての方々に、
心より感謝申し上げます。


|

September 07, 2015

サービス精神の塊

松本潤という人は、サービス精神の塊だと思うんです。

人を喜ばせたい。楽しませたい。
そのために勉強し、考え、実行し、反応を見て、
さらに勉強し、考え、実行し・・・の、繰り返しなんでしょうね。

天井からさかさまにつられて歩くMJウォークなんて、
サービス精神の極致でしょうね。

サービス精神の対極にあるのは、予定調和だったり、常識の範囲ということだと思うんです。

LOVEコンの、ニノが奈落に落ちて、一人別枠での写真なんていうのは、
予定調和じゃ面白くないから、
ちょっと奇想天外なことをしてみようというサービス精神だったと思うんです。
でも、ニノのファンがものすごく辛い気持ちになるのは、すごくよくわかります。

サービス精神が諸刃の刃になることもあるということですね。

バラエティなどでの、潤くんの視聴者に対するサービス精神からの言動が、
他メンのファンにとっては、許せなかったりすることもあるんでしょうね。

常に常識の範囲内で行動していれば、
誰からも非難はされないし、
いつも安全圏にいられる。

でも、そういう生き方をする自分を、松本潤という人は許せないんじゃないかと思うんです。

諸刃の刃の道を歩く覚悟をしているであろう潤くん。
そういう彼を応援するファンにも、覚悟が必要なんでしょうね。

***********

こんなことを書くのが、私の応援スタンスです。

私が星フリを始め、続けているのは、
ファンお一人お一人の応援スタンスで、星フリを活用してもらえたらと願ってのことです。


|

September 02, 2015

マーケティング

オリンピックのエンブレムが、問題になっていますが、
嵐の王様っぽいロゴマークは素晴らしいと思うんですよ。

Blast in Hawaii では、お花やレイをつけて、
Digitalian では、サングラスをつけていましたね。

Blast in HawaiiやDigitalian の文字のデザインも含め、
わあ、行ってみたいなあ、参加したいなあ、どんなものか観たいなあ・・・
と、ワクワクさせる楽しさがありましたよね。

可愛い王様っぽいロゴも、
アットホームな嵐のシンボルとして、ぴったりだし、
それが、コンサートとなると、
これでもかあ~と、ガンガン攻めてくるというギャップが、
まさに嵐の魅力になっていると思うんです。

このロゴや文字のデザインが、
DVDの売り上げに、大いに影響していると、私は思うんです。

まず、欲しいと思わせるイメージありきですからね。

そして、今日は、『愛を叫べ』の発売日。

『One Love』の場合は、
♪百年先も愛を誓うよ♪
というフレーズが突出しているので、
普遍性があると思うんです。

でも、『愛を叫べ』は、
花嫁の男友達5人が、結婚式でお祝いするっていうシチュエーション。
ありっちゃありなんでしょうが、
かなり、限られた設定ですよね。

ターゲットが広ければ広いほど、誰にも刺さらず、
結局売れないけれど、
ターゲットを絞れば絞るほど、
究極は、ある特定の人に刺されば、
そこから、広がって売れていく・・・
というマーケティングの理論がありますが、
『愛を叫べ』は、そこを狙っているのでしょうか。

かのリクルートが発行しているゼクシィのCMソング。
綿密なマーケティングリサーチの結果の嵐の起用とコンセプトなんでしょうが、
果たして、売れ行きはどうなるのか?
今後、結婚式の定番曲になるのか?

いつもと違う興味があります。


|

September 01, 2015

好きな衣装&『愛を叫べ』

次々と素敵なお題を出していただき、ありがとうございます。

好きな演出も、衣装も、人それぞれだなあと、
改めて思います。

ブログではなく、こうして掲示板にしているのは、
いろんな方がリードしてくださったり、
それぞれ違った感想を書きこんだりしていただきたいと願ってのことですので、
うれしいです。

これからは、私もできるだけ参加させていただきたいと思いますので、
よろしくお願いいたします。

好きな衣装と言われて、まっさきに思い浮かんだのが、ハダカ。(きゃ~)

まあ、ハダカも似合うけど、ジャニーズ衣装が似合うランキング1位は、
潤くんでしょうねえ。
どんなヘンなものでも着こなしてしまう気合が全身から溢れていますもの。

1.ONEコンの時のソロ、W/ME(ウィズミー)の黒いジャケットを脱いだり着たりするエロイダンス。
(神無月さんがテレビで真似をしていて、大爆笑でした)

2.TIMEコンの、Yes?No?の黄色(金色?)と黒の衣装

3.How‘sコンの、Blueの青いギリシア風衣装

4.アラフェス1の、OneLoveの白い羽の衣装

5.Loveコンのソロ、Dance in the Darkの燕尾服

いろんな色が混じったり、5人少しずつ違う衣装よりも、
シンプルなものの方が、ずっと印象に残っています。

ところで、Mステで初めて『愛を叫べ』を聴いた私は、
別の男と結婚する嵐メンたちの元カノへの応援歌か?
と思っちゃいました。
おばさんの頭が腐っているんでしょうか。。。


|

« August 2015 | Main | October 2015 »