« ネクストステージ | Main | やっぱり相葉JAPANは楽しいわあ~ »

August 18, 2015

コウノ○リ

先日のマ○チさんがアサ○チに出演したとき、
たまたま同番組で、マンガ『コウノ○リ』を紹介していて、
ドラマ化されたら、潤くんに主演してほしいなあと思っていたんです。

そしたら、綾○剛さんで発表されましたね。
残念。

私は原作を読んでいないので、内容はよくわからないのですが、
天才ピアニスト&産婦人科医で、
必ずしも健康で生まれてくるわけではない厳しい現実に、
真正面から取り組んだ画期的なマンガのように思いました。

私、潤くんの笑顔は、まるで赤ん坊のようだと思うんです。

誰もが赤ちゃんのときは、純粋無垢な笑顔をしていたけれど、
それが、いろんな経験をして、もはやそんな笑顔はなくなってしまう。

潤くんは、人一倍、理不尽なことや辛いことを山と山と経験しているだろうに、
いまだ、赤ちゃんのような笑顔でいられる。
それは、辛いことがあるたびに、
彼の心の中で、辛い体験を浄化、或いは昇華しているからではないかと、勝手に思っています。
つまり、あの笑顔は、彼の本当の強さの証明でもあると思うんです。

ですから、喜びの頂点にいるはずのときに、
健康でない赤ちゃんを産んでしまったという不条理を、
親と一緒に受け入れる強さは、
まさに潤くんにぴったりというか、彼にしか、リアリティを持って演じられないんではないかとさえ思うんですね。

視聴者にとっては、目をそむけたくなる現実を、
ドラマで見せつけられるのですから、
そこに救いがないと、見続けることができないでしょう。

そこに、潤くんのあの笑顔があれば、
どれほど、癒され、勇気をもらえることでしょう。

また天才ピアニストという、狂気と紙一重の世界も潤くんにピッタリだと思うんです。
凡人を演じることが出来る人はたくさんいるかもしれないけれど、
華麗な音楽が似合う、美しい変人には、松本潤。
そういう役は滅多にないので、彼にやってほしかったなあ。。。

見る人を選んでしまうけど、深く考えさせられる、
『スマイル』や、たぶんこの『コウノ○リ』のようなドラマは、
視聴率を期待するのは難しいでしょう。

それでも作ろうというチャレンジングなドラマに出てほしかった。

・・・と、まあ、ファンの思い込みです。


|

« ネクストステージ | Main | やっぱり相葉JAPANは楽しいわあ~ »