« ダメ出し | Main | 星フリは賛否両論OKです。 »

July 24, 2015

東京風探し

先日のしやがれの東京風探し、
面白かったですね~。

スタジオでダークスーツで、チェロの伴奏付MJは、
「なんですって?」とか、
芝居じみていて、松潤、やるなあ~って感じ。

地下鉄からの風を下から受けて、マイ○ルジャ○ソンの真似をして踊ったけど、
毎回の、This is MJ のときのマイケルと同じように、
これって、カッコいいか? というレベル。
上から映して、わざと脚短く撮ってねえか? ってな感じ。

冷めた外人さんたちグループまで映して、
あれが、MJを見るスタッフや視聴者目線なんでしょうね。
要するに、誰も、MJにキャー!!!と言ってねえよということ。

MJって、かっこいいかっこいいと持ち上げられているのに、
実は、スタッフや視聴者やMJ本人からもカッコいいとは思われていない空気が充満してますよね。

追い打ちをかけるように、MJより何でもできてしまうAD田中くんが、
MJと同じ格好で、無言でしれ~っと登場。
見た目はどうみてもMJより遥かに劣るのに、
なぜかしら、MJよりカッコよく見えてしまう。

いやあ、よくできた作りです。
スタッフ頑張ってるなあ。。。

ニノの超高層ビル掃除。
ビルの外の恐怖の中で歌い踊るニノたちと、
ビルの中にいる能天気な一般人との対比がシュール。

でも、最後のまくら投げ。
それまでの面白かった空気が、急に冷めてしまいました。
だって、ルールがよくわからないことを、
テレビの中の人たちだけが盛り上がっていて、
テレビを見ているこちらは、置いてきぼり。

バラエティって、基本、ぼ~っとして見るものだから、
ババ抜きとか綱引きとか、わかりやすいルールで丁々発止やるから、
惹きこまれて、一緒に楽しめるんだと思うんです。

まくら投げ大会は、真剣に見ているファンは面白いかもしれないけれど、
一般視聴者にとっては、誰が誰だかわからず、
ルールもよくわからず、
しやがれの世界から気持ちが離されてしまっただろうなあと思います。


|

« ダメ出し | Main | 星フリは賛否両論OKです。 »