« 共犯関係 | Main | 東京風探し »

July 21, 2015

ダメ出し

この土日、ある講座で終日缶詰になっていました。

次々と、いろんな発表をしなくてはならず、
初日の午前中は、自分でもビックリするほどできなくて、
第一線で活躍している人たちの様子を見て、
私には無理だなあと、諦めかけていました。

そして、講師の人たちや、参加者から、
いいところ、よくないところを、どんどん指摘されていきました。

自分の弱点や欠けているところを教えてもらったり、
反対に、コンプレックスに思っていたことが、人からは魅力的に見えることを知り、
うれしい驚きだったりしました。

また、他の参加者のよいところ、よくないところが指摘されているのを見ながら、
私も学んでいきました。

そうしましたら、2日目の発表では、
1日目とは全然違って、ものすごくよくなったと大勢の人から言われ、
私にもできる!と、自信がついてきました。

また、同じ言葉を聞いても、人によって反応が違い、
その反応は聞き手の心の反映であると、改めて思いました。

この充実した2日間を通して、
本気で仕事をする人間にとって、
自分のいいところ、よくないところ、
自分がした仕事や作品のいいところ、よくないところを、
ハッキリ指摘してもらえるのは、本当に本当にありがたいことだと痛感しました。
自分のことや自分のしたことを客観的に見ることはできませんからね。

いいことばかり言われると、本当はどうなんだろうと逆に不安になって、
本物の自信はつかないし、
成長にもつながらないだろうと、
自分自身の体験を通して、実感いたしました。

いいことを言うのは誰からも嫌われませんが、
ダメ出しは、大いに嫌われる可能性があります。
でも、それができてこそ、相手を思う本気が伝わりますね。

相手を思って言っているのか、
自分を守るために批判しているのかは、
わかる人にはわかりますからね。


|

« 共犯関係 | Main | 東京風探し »