« 『The Music Day』で思ったこと | Main | 常に頭脳を使っているから・・・ »

July 08, 2015

ババ抜きじゃもったいない。

いつもなら、潤くんが出ているテレビは見ようとしない夫が、
たまたま夕食の時、テレビをつけたら、
「おー、松潤のババ抜き、見てやろうじゃないか」
と、見始めました。

SPのため、ババ抜きは20時以降だったので見ることができたのですが、
食事をしながら、
あーだ、こーだ、
嵐のババ抜きを楽しんでいました。

誰でもわかる単純なルールなので、
仕事その他で疲れた頭には、ちょうどいいのかもしれません。

それに、うちの夫。
外ではいい人やっているので、その反動で、
こういう、土壇場で表れる、人間臭いドロドロ駆け引きが好きなのかもしれません。

夫と一緒では、潤くんをガン見できなかったので、
昨日、一人で改めて見ました。

ものすごく面白かったのですが、
超絶美形で、
超絶頭がキレて、
人の心理も見抜こうとするオールバックの潤くんは、
ババ抜きにはもったいない。

命のやりとりをするくらいの、強烈なギャンブラー役を見てみたい。
美貌も頭脳もヘアスタイルも表情も、キレまくっているからこその凄味が出ますよね。

V6とのゲームも楽しかったですね。

20年間、いろいろあったかもしれませんが、
メンバーが抜けることなく、続けてきたグループには、
口では言い表せないような重みを感じます。

嵐がV6コンで、バックダンサー、ぜひやってほしいものです。


|

« 『The Music Day』で思ったこと | Main | 常に頭脳を使っているから・・・ »