« June 2015 | Main | August 2015 »

July 29, 2015

デジコン・ブルーレイの感想

デジタリアンのブルーレイ、観ました。

ネタバレが嫌な方はご覧にならないでくださいませ。

ライブで見た時は、なにしろ、あの心拍数表示板の存在感が圧倒的に大きくて、
しかも常に数字が乱高下して、
特に潤くんが高かったものだから、
身内の健康診断の結果に一喜一憂しているみたいで、
ライブに集中できなかったんですよ。

その上、ファンライトの明かりが強烈で、
デジタルとヒューマンの融合というよりも、
デジタルがヒューマンを支配しているような、
SFの怖い近未来みたいな感じがして、
嵐のライブに入り込めませんでした。

でも、ブルーレイでは、心拍数の表示板はたまに小さく出てくるだけだし、
ファンライトも、画面の中で制御されたように納まっていて、
嵐のパフォーマンスとバランスがとれて、
とっても良かったです。

やっと、嵐のライブを集中して観ることができたというのが実感です。

初回限定盤に、スッピンデジタリアンを入れたのは、
素顔の嵐(ヒューマン)とコンサート(デジタル)の対比なのでしょうか。

素顔の嵐は、私たちと同じ、疲れるし、寝るし、食べるし、ふざけるし・・・という、
ごく普通の30代の人間で、
それが、デジタルの力を借りて、
輝けるスーパースターに変身するということかも。

ステージに立ったときの潤くんは、まさに百万ドルの笑顔で(古っ)、可愛い!!!
オフステージのときの男臭い彼とは、別人。
この豹変ぶりが天性のアイドルなのでしょうし、
幸せな気持ちにさせてくれる笑顔ですね。

前にズンズン進む巨大ウィングで歌い踊る嵐が、
ものすごく力強く輝いていました。

特に、Hope in the darkness の演出が素晴らしかった!

筋肉の動きに連動した音や映像と、
立ったまま腕だけの表現。
ファンライトも加え、
人間の英知が結集し、デジタルを圧倒した瞬間でした。

私が潤くんに惹かれるのは、
希望を感じさせてくれるから。

コンサートで、あっと驚くような壮大な演出を見た時、
どんな暗闇にあっても、どんな逆境にあっても、
希望があると思える。
だって、それは私たちと同じ人間が、無から創りだしたものだから。

希望こそ、生きる糧。

デジタルが繁栄すればするほど、問題山積みのこの時代。
Hope in the darkness を、コンサートの山場に持ってきたのは、
エンターティメントを創る人間としての鋭い嗅覚なのでしょうか。。。


|

July 28, 2015

熱い男No1

私、マ○コさんが好きだけど、
しやがれの後の『マ○コとマ○コ』は、
内容がよく理解できず、テレビを消してしまうんです。
以前のしやがれの後の『心ゆさぶれ!先輩RO○K Y○U』は、
思わず、そのまま最後まで見てしまうことが多かったのですが。。。

同じくマ○コさんの番組の『怒り○党』は、
報○ステー○ョンの後、そのまま見てしまって、
のめり込んでしまいます。
有○さんと二人で、
誰にでもあるような身近なことが、
両者、違う視点から深堀していくので、
なるほど~と感心してしまいます。

何が言いたいかというと、
好きなタレントさんが出ていても、つまらないと思ったら見ないし、
タレントさんに興味がなくても、面白かったら見るということ。

そういう私が、もし仮に、
興味もない嵐の番組をたまたま見てしまったとしたら、、
今回のしやがれのリンボー対決は、
おもわず興奮して、惹きこまれてしまったと思います。

まず第一に、わかりやすい!
途中から見ても、何をやっているか一目瞭然!

そして、ハイレベル!

今をトキメク若い男たちが、自らの限界に挑戦して、
ハイレベルな真剣勝負をしている。
おばさんの血が騒ぎますよ。

やっていることが単純だから、
6人のいい男たちの身体能力の差が歴然とわかるし、
きゃあ~~~(昇天)

その後、リンボーのシンプルな勝負から一転、
過去のドラマやアニメの名セリフと組み合わた、
1番声がでかいのは誰だ!?選手権。

ああ・・・懐かしいわあ。。。
そういえば、こんな場面もあったわねえ・・・
と、郷愁に浸る。
誰が一番声がでかいかは、別にどうでもいいか。。。

にくい演出ですねえ(感心しきり)

で、松潤ファンとしては、
75cmまでクリアしたリンボーは、美しい!の一言。

美しさの元は、あらゆる筋肉を鍛えているからこそですよね。
柔らかく強靭。
ちょっとしたときに、日ごろの鍛錬が日の目を見るんだと実感しました。
素晴らしいわあ。。。

そして、ごくせんの映像ですよ。

熱いセリフはヤンクミのものでしたが、
私は、潤くんが演じた役で一番熱い男は、沢田慎だと思うんです。

燃えたぎるような熱い思いを胸に秘めているからこそ、
大人の汚れた世界を冷めた目で見るしかすべがなかったんだろうと思います。

私にとっての熱い男の定義は、
ここぞというときに、逃げずに、立ち向かうこと。

その先に何が待っているかなど、誰にもわからないけれど、
信念に殉ずる。

そこに熱い言葉などいらないし、
クールに実行するのみ。

それが、沢田慎だったと思うんです。

そんな男は、滅多に滅多にいるものではありませんし、
それをあんなにも魅力的に演じた18歳の松本潤の映像は、
永遠の命を持って、燦然と輝き続けることでしょう。


|

July 26, 2015

星フリは賛否両論OKです。

マシュマロックさんへ、

この掲示板のあり方をご理解いただけていないようですので、
今後のこともありますので、書かせていただきます。

★★星フリは、潤くんや嵐の活動について、賛否両論の書き込みOKのサイトです★★

潤くんのドラマでも、潤くんや嵐やスタッフが精魂込めて作ったコンサートでもバラエティでも、
つまらなければつまらないと書きます。
面白かったら面白い、素晴らしいと思ったら素晴らしいと書きます。

それは、潤くんや嵐が、もっともっといい仕事をして、
より多くの人たちに楽しんでほしいからです。
そのためには、正直な感想が不可欠だと思っています。

画像も動画もない、書き込みだけの星フリが検索上位にいるのは、
正直な感想を読みたい人が、それだけ多くいるからだと思います。

11年半にわたって、あきさんと二人で、
多くのファンの方々のご協力のおかげで続けてくることができました。
星フリのあり方に賛同する人がいなかったら、続けることができなかったはずです。
本当に本当に感謝しています。

また、テレビについてですが、
ツィッターなどで一般人の反応がわかりますが、
ツィッターなどで発信するのは、一部の人たちです。

ファン以外の多くの人は、つまらなければ、見なくなるだけです。

視聴率が正確な数字だとは思っていませんが、
視聴率次第でスポンサーがつかなくなりますから、
お金を出してくれる企業が減ったり、なくなったりすれば、
嵐の番組がなくなります。

バラエティは、嵐ファン100万人以外の99%の一般人の反応が、
冠番組の存続を握っていると言っても過言ではないと思います。
どんなにCDやDVDが売れても、テレビに冠番組を持っていないグループはあります。
テレビは、不特定多数のためのものですからね。

本気でいい仕事をしたいと思っている人間は、
いい反応も良くない反応も、自分の糧にして努力します。
それは、私自身の経験から痛感しています。
そのことについて、先日、↓に書きました。
http://mitujun04.cocolog-nifty.com/msa/2015/07/post-9826.html

私は一般人代表とは思っていませんが、
私が嵐ファンでなかったら、或いは潤くんファンでなかったらという視点で、
個人の感想を書いていますし、
これからも書いていきます。

皆様もぜひ、そういう視点でも書いてくださいませ。

ということで、どうぞよろしくお願いいたします。


|

July 24, 2015

東京風探し

先日のしやがれの東京風探し、
面白かったですね~。

スタジオでダークスーツで、チェロの伴奏付MJは、
「なんですって?」とか、
芝居じみていて、松潤、やるなあ~って感じ。

地下鉄からの風を下から受けて、マイ○ルジャ○ソンの真似をして踊ったけど、
毎回の、This is MJ のときのマイケルと同じように、
これって、カッコいいか? というレベル。
上から映して、わざと脚短く撮ってねえか? ってな感じ。

冷めた外人さんたちグループまで映して、
あれが、MJを見るスタッフや視聴者目線なんでしょうね。
要するに、誰も、MJにキャー!!!と言ってねえよということ。

MJって、かっこいいかっこいいと持ち上げられているのに、
実は、スタッフや視聴者やMJ本人からもカッコいいとは思われていない空気が充満してますよね。

追い打ちをかけるように、MJより何でもできてしまうAD田中くんが、
MJと同じ格好で、無言でしれ~っと登場。
見た目はどうみてもMJより遥かに劣るのに、
なぜかしら、MJよりカッコよく見えてしまう。

いやあ、よくできた作りです。
スタッフ頑張ってるなあ。。。

ニノの超高層ビル掃除。
ビルの外の恐怖の中で歌い踊るニノたちと、
ビルの中にいる能天気な一般人との対比がシュール。

でも、最後のまくら投げ。
それまでの面白かった空気が、急に冷めてしまいました。
だって、ルールがよくわからないことを、
テレビの中の人たちだけが盛り上がっていて、
テレビを見ているこちらは、置いてきぼり。

バラエティって、基本、ぼ~っとして見るものだから、
ババ抜きとか綱引きとか、わかりやすいルールで丁々発止やるから、
惹きこまれて、一緒に楽しめるんだと思うんです。

まくら投げ大会は、真剣に見ているファンは面白いかもしれないけれど、
一般視聴者にとっては、誰が誰だかわからず、
ルールもよくわからず、
しやがれの世界から気持ちが離されてしまっただろうなあと思います。


|

July 21, 2015

ダメ出し

この土日、ある講座で終日缶詰になっていました。

次々と、いろんな発表をしなくてはならず、
初日の午前中は、自分でもビックリするほどできなくて、
第一線で活躍している人たちの様子を見て、
私には無理だなあと、諦めかけていました。

そして、講師の人たちや、参加者から、
いいところ、よくないところを、どんどん指摘されていきました。

自分の弱点や欠けているところを教えてもらったり、
反対に、コンプレックスに思っていたことが、人からは魅力的に見えることを知り、
うれしい驚きだったりしました。

また、他の参加者のよいところ、よくないところが指摘されているのを見ながら、
私も学んでいきました。

そうしましたら、2日目の発表では、
1日目とは全然違って、ものすごくよくなったと大勢の人から言われ、
私にもできる!と、自信がついてきました。

また、同じ言葉を聞いても、人によって反応が違い、
その反応は聞き手の心の反映であると、改めて思いました。

この充実した2日間を通して、
本気で仕事をする人間にとって、
自分のいいところ、よくないところ、
自分がした仕事や作品のいいところ、よくないところを、
ハッキリ指摘してもらえるのは、本当に本当にありがたいことだと痛感しました。
自分のことや自分のしたことを客観的に見ることはできませんからね。

いいことばかり言われると、本当はどうなんだろうと逆に不安になって、
本物の自信はつかないし、
成長にもつながらないだろうと、
自分自身の体験を通して、実感いたしました。

いいことを言うのは誰からも嫌われませんが、
ダメ出しは、大いに嫌われる可能性があります。
でも、それができてこそ、相手を思う本気が伝わりますね。

相手を思って言っているのか、
自分を守るために批判しているのかは、
わかる人にはわかりますからね。


|

July 17, 2015

共犯関係

Men’s non-no の写真についての潤くんの言葉。
「フィルム撮影では、写真家と被写体の共犯関係が生まれる。
その関係がうまく築ければ、絶対いいものができる。」

絵画から抜け出た女性にしか見えない表紙があってこそ、
この言葉が命を持つと思うのです。

男なのに、美少女のような魅力で、
どこか背徳の翳りを醸し出し、見る者の心を千々に乱す。
まさに、心のひだを犯すんですね。

私は、潤くんとファンも共犯関係にあると思うのです。

この場合は、お互いに犯しあうことも含みます。

潤くんは、ドラマや歌やダンスや目や表情や言葉で、
ファンを犯す。
そして、犯されているファンが彼の心を犯していると思うのです。

それは、確か、popcornコンのDVDの最後の方で、
客席を見上げて恍惚とした潤くんの表情から、
ファンの恍惚とした顔顔顔・・・が想像できたからです。
互いが鏡となって、同じ表情をしていたんでしょうね。。。

そういう共犯関係が、潤くんを光り輝かせ、
CDやDVDの売り上げを引き上げ、
コンサート動員数を誇り、
彼や嵐のCMする商品がよく売れ、
企業や国のイベントに引っ張り出される。

そして、松本潤や嵐という存在が、日本人の心のひだにはまり込んでいく。

Arashi Blast in Miyagiに参加して、
潤くんの共犯者になりたかったけれど、
全滅して拒否されました。
残念です。


|

July 14, 2015

ドラマ制作者の野望

天○の料○番が終わって、喪失感です。

ごくせんの再放送をたまたま見て、
面白くて、見続けて、
7話で潤くんを発見し、
最終話で号泣したときのことを思い出しました。

本当にいいドラマは、
何気に見て、はまってしまい、
ドラマと一緒に生きて、
終わると、もう一緒に生きられない寂しさでいっぱいになります。

きみぺ、花男、失恋ショコラティエなども、そういうドラマでしたね。

そういう代表作をいくつも持っている潤くんは、
とても恵まれているんだと思います。

と同時に、それを超えるドラマでないと、満足できなくなってしまいますので、
どんどんハードルが上がっていきます。

天○の料○番の最終話は、予定調和で綺麗に終わらず、
もしかしたら、視聴者に違和感を残すような、問題提起があったように思います。

そういえば、スマイルもTBSでした。
私は貝になりたいもそうですね。

TBSのドラマ班には、そういう骨太な野望が受け継がれているんでしょうか。

このドラマの主人公は、天○の料○番であるという使命を、
戦後のGHQに対する態度でまっとうしようとしました。
また、天皇とは日本人にとって何なのか?
という、タブー視されることにも踏み込んできました。

このドラマの制作陣も、スマイルの制作陣も、
現代を生きるドラマ制作者としての使命を、
なんとかドラマに盛り込もうとしたのでしょうか。

視聴者を楽しませるだけでなく、
考えてほしい・・・ということでしょうか。

そういうドラマは、いつまでも記憶にひっかかり、後を引きますね。。。


|

July 13, 2015

常に頭脳を使っているから・・・

今回のしやがれ。
翔くんの立山紀行も、いつバレルかとドキドキしたし、
大野くんの、ラムネ作りも、
何度やってもうまくできないので、食い入るように見てしまいました。

大野くんの禿げづら・ランニングシャツおやじも、
様(さま)になっていて、
MJに続く、新たなキャラクターの誕生かも。

そして、なんといっても、パンケーキアート。
5人5様で素晴らしかったですね。

お馴染みのアニメのキャラクターって、
漠然としたイメージを持っているだけで、
それを再現するように言われたら、
私だったら、翔くんと似たようなものだと思うのです。

それに対して潤くんが、
アンパンマンの眉毛や目や鼻やほっぺたをほぼ正確に表現したのは、
スッゲー!の一言です。

潤くんは、コンサートの一部始終をすべて頭の中に入っていると、
どこかで読んだことがあります。

見たもの、聴いたものを、細部までそのままストックしておく、
超絶優秀な頭脳を持っているんだと、
改めて思いました。

ニノのMJも素晴らしかったですが、
MJは目の前にいますから、それを再現すればいいので、
記憶力とは別ですものね。

そして、大野くんの胴体を作った発想力。
素晴らしいですね。
きっと、常に作品を作っているので、
独創ということを、意識し続けているのかもしれません。

潤くんの、ムービングステージにしろ、
聖火台を上から滑り降りてくる発想にしろ、
常にコンサート作りを考えているから、
常識と逆の発想が生まれてくるのと、似たようなことかもしれません。


|

July 08, 2015

ババ抜きじゃもったいない。

いつもなら、潤くんが出ているテレビは見ようとしない夫が、
たまたま夕食の時、テレビをつけたら、
「おー、松潤のババ抜き、見てやろうじゃないか」
と、見始めました。

SPのため、ババ抜きは20時以降だったので見ることができたのですが、
食事をしながら、
あーだ、こーだ、
嵐のババ抜きを楽しんでいました。

誰でもわかる単純なルールなので、
仕事その他で疲れた頭には、ちょうどいいのかもしれません。

それに、うちの夫。
外ではいい人やっているので、その反動で、
こういう、土壇場で表れる、人間臭いドロドロ駆け引きが好きなのかもしれません。

夫と一緒では、潤くんをガン見できなかったので、
昨日、一人で改めて見ました。

ものすごく面白かったのですが、
超絶美形で、
超絶頭がキレて、
人の心理も見抜こうとするオールバックの潤くんは、
ババ抜きにはもったいない。

命のやりとりをするくらいの、強烈なギャンブラー役を見てみたい。
美貌も頭脳もヘアスタイルも表情も、キレまくっているからこその凄味が出ますよね。

V6とのゲームも楽しかったですね。

20年間、いろいろあったかもしれませんが、
メンバーが抜けることなく、続けてきたグループには、
口では言い表せないような重みを感じます。

嵐がV6コンで、バックダンサー、ぜひやってほしいものです。


|

July 07, 2015

『The Music Day』で思ったこと

嵐の曲でも、ジャニーズの他グループの曲でも、
他のアーティストの曲でも、
何度聴いても、いい曲だなあ・・・
心にしみるなあ・・・
ワクワクするなあ・・・という曲がある。

でも、嵐の曲でも、また、この曲・・・
というのもある。

要するに、個人の好みの問題なんだと思う。
そこに理由はない。

嵐の場合、いい曲がたくさんあるけれど、
圧倒的にファンや一般に支持され、好まれている代表曲というのがない。

そうすると、歌番組で、新曲を歌う場合は問題がないけれど、
過去の曲のメドレーとなると、
その選曲が、ファン一人一人の好みと違う場合、
ファンの一人一人に、?という感情が出てくるのは、仕方がないと思う。
コンサートの選曲についても、同じではないでしょうか。

潤くんも、好みという点では、100万人のファン一人一人と同じ立場だと思うのです。

でも、コンサートの選曲などは、主に潤くんが中心になって決めているようですから、
どうしても、彼の好みが反映された選曲になるでしょう。

そこに、ファンの不満の基があるように思います。(潤くんのすることなら何でもOKというファンや日が浅いファン以外)

潤くんは、素晴らしい演出の才能や努力と情熱があり、
嵐コンの人気やDVDの売り上げは、潤くんの力によるところが、
ものすごく大きいと思うし、
嵐をここまでにしたのも潤くんだと思います。

でも、好みという点では、嵐5人が平等だし、
100万人のファン一人一人も平等だと思うのです。

ですから、私は、“今回のコンサートの選曲は、○○くん”
というように、
嵐の一人のメンバーが決めた選曲のコンサートが観たい。
どんな発見があるか、新鮮な楽しみがあります。

演出家というのは、台本など、与えられた条件の中で、
最高の作品を作るのが仕事ですから、
他メンが選んだ曲で、潤くんが最高のコンサートを創るのは、
プロフェッショナルなら、当然アリだと思うんです。

毎年、コンサートや歌番組で、違うメンバーが選曲したり、
ファン投票をしたり、
一般人(日本人の99%ですからね)にアンケートをしたりして、
多角的に選曲することで、
嵐の曲の中で、真に求められている曲、
長い風雪に耐えて命を持ち続ける曲が、
客観的に絞られてくるのではないでしょうか。


|

« June 2015 | Main | August 2015 »