« やりたいようにやることと嫌われないことの両立 | Main | 『The Music Day』で思ったこと »

June 25, 2015

嵐とファンは、ある意味、運命共同体

今日、久々にVS嵐をリアルタイムで見ました。

同じゲームの繰り返しでも、
楽しいですね~。
最後まで真剣に見てしまいました。

一見変わり映えしないようでも、
ゲスト(今回は戦隊ヒーローたち)のキャラを立たせたり、
得意なことをやってもらったり、
細かい工夫が積み重ねられているんでしょうね。

関東でしか放送していなかった土曜日昼の嵐の冠番組が、
初回視聴率1.5%だったそうですが、
それから、いくつもの番組を経て、
VS嵐が、ゴールデン進出になったんですね。
それまで試行錯誤の連続だったと思います。

試行錯誤をしてVS嵐になって、きっと視聴率がよかったから、
夜7時の全国放送になったんだろうなあと思っています。

嵐にしやがれも、試行錯誤中なんでしょうね。

試行錯誤させてもらえるのは、
嵐の才能や人柄やチームワークに可能性を感じてもらえるからだと思うんですね。
この素敵なグループをなんとしても、活かしたい、成功させたいと思わせる魅力があるからでしょう。

ところで、コンサートについての私の投稿ですが、
もう、向こうが悪いと言い合うのはやめたいなあと思ってのことです。

相手を批判しても、何も生まないし、不毛だと思うんです。

他人を変えることはできませんから、
自分にできることにフォーカスして、
試行錯誤し続けるしかないと思うんです。

ひたすら自分に何ができるか考え、自分にできることを実行し続ける。
それが私のスタンスです。

潤くんも、いろいろ考えて実行していることでしょう。

どんな強大な組織であっても、
崩壊は内部からです。

環境がどんなに変わっても、内部がガッチリ力を合わせて事にあたれば、
環境の変化に耐えられます。

嵐とファンは、ある意味、運命共同体です。
ファン同士の対立が、嵐にいい影響があるはずはないと思います。

嵐とファンと力を合わせて、嵐を押し上げていけたらなあと願っていますので、
そろそろファンも、建設的な方向に何ができるか考えていってもいい頃ではないかと思います。

潤くんも嵐メンも、スタッフもアンチも私たちも、
皆、不完全な人間ですから、
それを踏まえた上での、建設的なご意見をお待ちしています。


|

« やりたいようにやることと嫌われないことの両立 | Main | 『The Music Day』で思ったこと »