« April 2015 | Main | June 2015 »

May 29, 2015

男が男に愛を叫ぶ!

昨夜のVS嵐、メチャメチャ楽しかったですね。

ゴー○デンボ○バー、DAI○Oさん、壇○さんたちが、盛り上げてくれたのはもちろんですが、
歌○場さんのおかげで、
潤担にとっては、最高!だったのではないでしょうか。

潤くんと同世代の男性に、あんなにストレートに愛を叫んでいただき、
本当にありがたくて、ありがたくて・・・です。

彼にも、熱狂的ファンがたくさんいると思うんです。

納得できないツマンナイ男を、
熱狂的に好き好きとアピールしたら、
ファンは、興ざめだと思うんです。

でも、こんなに公に愛を叫べるってことは、
松潤を好きな歌○場さんを好きな、歌○場さんファンがたくさんいるんでしょうね。

同世代の男性から見て、尊敬とあこがれと恋焦がれる対象になり、
その男性を好きな女性から見ても、彼になら恋焦がれるのも当然だわと思われる対象って、
なかなかいませんよね。

凄いよ、潤くん。
本物のスターだよ。

以前は、芸能界の年上の女性から告白が多かったように思いますが、
30歳を過ぎて、同世代の男性芸能人のファンがいるということは、
これまでの生き方とか、仕事の仕方とか、
実社会で働いてきた男性が評価したり、憧れたりするものを、
潤くんが培ってきたということでしょうね。

ところで、ネットで見ると、
「赤ピンを倒したら僕を好きになって」というお願いに応えて、
潤くんが、「歌広場さん、好きだよ」と言ったのが、
カットされたとか???

もし、実際に言って、カットされたのなら、
良かったなあと思います。

潤くんは、大スターですから、
大好きと告白されても、余裕で微笑むだけでいいんです。

ファンにとっては、手の届かない、いつまでも輝けるスターであってほしいですから。

話が戻りますが、
VSのドS潤と、しやがれの炒飯MJについて、
いろいろ感想をいただき、うれしいです。

ドS潤についてはお一人だけ、炒飯MJについてはたくさんの方が書いてくださったのは、
何故なんだろう・・・と、
また、新たな疑問が湧いてきました。


|

May 25, 2015

だから何?

This is MJ.

カッコいい自分を、
もう一人の自分が笑い飛ばしている感じが、
とっても面白いと思って見ていましたが、
今回は、炒飯を1日でできるようになるというもの。

出来なかったことが、一生懸命頑張って、できるようになりました・・・
というだけ。

ひねりも、パロディの要素もない。

どうせなら、
「ドラマも映画もなくて暇なんです。(ウソでもいい)
最高の炒飯を1日で作れるようになりますので、
ドラマ仕事ください。」
くらい言ってもいいと思うんです。

今の彼が言ったら、視聴者が、おっ!と驚くと思うんです。

昔、関東だけ放送の昼のバラエティで、
5人でテレビ局内を回って、「ゴールデンタイムに冠番組ください」
と、あちこちで言っていたことがありましたね。

嵐のネクストステージって、
もう一度、ブレイク前夜になることだと私は思うんです。

バラエティで、
カッコいい潤くんが、ストイックに一生懸命頑張っても、
だから何?
って感じがします。

もちろん、ケースバイケースで、
5人の個性の中で、ストイックでカッコいい潤くんだからいい・・・
という場合もあるでしょう。

でも、This is MJ の場合、
笑い飛ばせる要素が欲しいなあと思います。

中華鍋で顔を隠して歩いてくる予告で、
どんな面白いことが起こるんだろうか・・・
と期待したのに、
予告が一番面白かったというオチでした。

皆さまは、いかが思われますか?


|

May 23, 2015

ドS炸裂でしたねえ。。。

今年のワクワクは、仕事と重なって行けません。
行かれた方のご感想をお待ちしています。

ところで、VS嵐、ネクストステージというのは、
ゲーム主体→小芝居主体へのリニューアルかなあと思って見ています。

私について言えば、
リニューアル前は、同じゲームばかりなので、
録画を早送りすることもあったりしたのですが、
リニューアル後は、芸人さんたちの頑張りもあって、
小芝居を楽しく見ています。

今回の潤くんは、ドS炸裂でしたねえ。。。

オールバックの超絶美形が、
ドS発言したり、
無言で無視したりするものですから、
ヒェ~~!!!です。

ワイワイガヤガヤ楽しく盛り上がっているのが、
一瞬、固まっちゃったりして。。。

でも、これが緩急になって、見る者を引き込むんじゃないかと思うんです。

ドラマだって、悪役がいるから面白いんであって、
みんないい人で、いつも楽しくやっていても、
観る側は飽きてしまう。

バラエティで、自分に話を振られたのに、
しばらく無言を通すって、かなり勇気がいると思うんですよ。

それをする潤くんは、勇敢だなあと思います。

これも、協力してくれる嵐メンや、ゲストの方々がいてこそ成り立つもので、
今回は、ドMになってくれた、岡○さんや宮○大○さんに、感謝です。

・・・と私は思うのですが、皆様はいかがですか?

ドラマも映画もない昨今、
しやがれの微妙なMJや、VSの凍りつかせるドS松潤で、
潤くんの役者としての可能性を楽しませてもらっています。


|

May 18, 2015

人生はドラマ。

ザリガニについてのご感想・ご意見ありがとうございます。

それぞれの方の、これまでの経験次第で、
同じものを見ても、感じ方が違ったり、逆だったりするのがよくわかりました。
ありがとうございます。

嵐にしやがれ、楽しいですね。
特に、相葉JAPANの綱引き対決、すごく面白かったです。

選手を選抜していく過程も楽しかったし、
刑務官の人たちのポーカーフェースの強さに圧倒されました。

一気に刑務官の人たちが勝ったとき、
潤くんの、えっ、何が起こったの?という反応は、
どんな筋肉を鍛え、どんな練習をすれば、ああなるのか・・・とか、
彼の脳内コンピューターの検索システムが瞬時に動き出したのかと思いました。

それに対して、相葉ちゃんの、
それぞれの分野でオリンピックを目指してください・・・という、
全方位を丸く収めるコメントは、さすが相葉ちゃん!でした。

1m走選手権。
潤くんの真剣な顔と体が、超カッコよくて、セクシー(嬉)

でもね。
最後の二人が、計測器の不調なのか、なんなのかわからないまま終わってしまって、
潤くんだったら、納得しないで、
もう1回やろうとか言うと思うんです。

でも、うやむやでもいいや・・・という他メンたちの緩さ。
このバランスが嵐というグループなんだなあと思いました。

ところで、天○の料○番。
素晴らしいドラマですね。

主人公が、妻子を養うために、
理不尽な上司に食って掛かる激しさ。
ブレイク前夜に出てくる若き日の潤くんを彷彿とさせるんです。

このドラマは、実在の人物をモデルにしたものですが、
たくさんのフィクションで成り立っていると思うのです。

私にとっての『嵐ブレイク前夜』という本の位置づけもそんな感じです。

内容の真偽よりも、若き日の潤くんや嵐メンたちの葛藤や人間性が、
ドラマなんです。
嵐を守るために、様々な理不尽に食って掛かる潤くん。
胸が熱くなりました。

天○の料○番も、
大日本帝国一のコックになるために、
質問攻めで、逐一メモをとる主人公を、
引き上げてやろうとする人もいれば、
嫉妬で足を引っ張る上司や同僚もいる。

どこの世界でも、情熱と野望を持って一途に頑張れば、
正反対の反応がある。

その中をどう生きるか。
それがドラマなんですね。


|

May 11, 2015

自分で自分をパロディ

しやがれの、This is MJ、
楽しいですね。

今回のひも結びも、彼のことだから、
絶対にできるようになりたければ、
一生懸命練習して、マスターすると思うんです。

でも、実は不器用なMJを演じてるように思うんです。

カッコいい松本潤をパロディにした、
実は微妙なMJ。

これを、スタッフと協力して、創り上げているんでしょうね。

確固としたイメージがすでにあるから、
パロディが成立するんですが、
自分を自分でパロディ化するって、他にありましたか?
私は思いつかないんですが。。。

ですから、凄いよ、潤くん。
ものすごく演技力がないと、できないことですよ。

前人未踏な道を歩みはじめましたね。

ところで、『嵐ブレイク前夜』の感想をたくさんいただき、
ありがとうございます。(メールでもいただきました)
嵐や潤くんや事務所は、感想を知りたいだろうと思うんです。

そこで次は、今回のしやがれのザリガニについての感想をいただければと思います。

私は、嵐は日本の宝だから、
嵐にしかできない、嵐の良さや個性を生かした企画で楽しませてほしいと思うんです。

鼻ザリガニをした嵐メンの心意気は買いますが、
あの路線は、やめてほしいと私は思うのです。


|

May 09, 2015

「小善は大悪に似たり、大善は非道に似たり」

非公式本だからと星フリが荒れたころ、
メインBBSも、この個人ブログも、
アクセス数が大幅にUPしました。

荒れるとこうなるのは、いつものことなのですが、
メインBBSは、元のアクセス数に戻ったのに、
私の個人ブログは、アクセス数が元に戻らず、
伸びたままなのです。

しかも、男性の割合が35~40%、
30代が75%前後なんです。

失恋ショコラティエのころ、男性のアクセス数が大幅に伸びましたが、
その後は、5~10%くらいを推移していましたし、
私の個人ブログは、ずうっと40代のアクセスが圧倒的に多いんです。

それが、今はこうなっているということは、
私が『嵐ブレイク前夜』の感想を書いてから、
30代男性のアクセスが、急に伸びているということです。

書店でたまたま目にした嵐と同年代の男性たちが、
嵐がブレイクするまでにどういう経過をたどったのかという、
ビジネス書や成功本として興味を持ったのではないかと思ったりします。

平積みされていますから、目につきますし、
パラパラと読んで、面白そうだから買うのでしょう。
書店も売れない本なら、平積みで場所をとらないと思うのです。

非公式本とか暴露本と言われ、
非道に思われたものが、
30代男性という新たなファン層の獲得という、
嵐側とすれば、願ってもない大善につながっているのかもしれません。


|

May 07, 2015

人気=空気を作る

宮城スタジアムって、サッカーの日韓ワールドカップが行われたところですよね。

それこそ、日本中から、世界中から観客が集まってきたんだから、
今回の嵐ランドも、なんとかなるんでしょう。

つくづく、当事者になるのが一番のエンターティメントなんだなあと思います。

どうやったら行けるか(交通手段、宿、家族の説得、仕事、その他)から始まって、
当日、現地での諸々の予期せぬ事態も含めて、
エンターティメントなんでしょう。
今回は、悲惨な状況を楽しめるくらいの精神的タフさがないと、キツイかも。

人気って、空気なんだと思うんですよ。

チケットがとれない、宿がとれない、交通手段が確保できない・・・
そういうことが話題になって、空気を作る。

そして、地元の人たちにとっては、
嵐ランドができて、購買力のあるファンがどっと押し寄せるぞ。
ハワイでの経済効果は、○○億円あったそうだ。
これはチャンスだぞ。

まあ、日本でオリンピックが開催されるとか、
地元でワールドカップの公式試合が行われる・・・みたいなもんでしょうね。

日本全国に、日韓ワールドカップのための大きな競技場が、
活用されずに残っているようですから、
これからも、全国からの招致合戦になるかも。

嵐側とすれば、5年後のオリンピックへの布石かな。

国立競技場の最後に、五輪のマークを描いて、
それを狙うことをハッキリ意思表示しましたからね。

コンサート開催だけでなく、地元の産業振興も含めたところが賢いなあと思います。

利益を得ることができる裾野を広げれば広げるほど、
つまり、底面積が広ければ広いほど、
その上に高い山を築くことができますからね。
つまり、嵐のブランド力が高まるということ。

オリンピックやワールドカップのように、
一時のお祭りかもしれないけれど、
課題が山盛りだからこそ、その祭りに向けて、エネルギーが燃え盛るのでしょう。


|

May 03, 2015

腹話術が未来を拓く

昨夜のしやがれ、
潤くんの腹話術、超楽しかったですね。

2時間で、あれほどできるようになるのも凄いですが、
ゲーセンでゲットした人形とのコンビネーションが、ウルトラ・ナイス!

最後、あっけらか~んと大口開けて、
「マ○チで~~~す」と言うのが最高!

だって、スタジオの他メン4人の表情からして、
腹話術の人形に、マ○チで~す!は、ヤバいらしいんですもの。

そのヤバいことを、あっけらかんとやっちゃうMJは、最高!

潤くんは、超美形だし、モテルし、頭いいし、偉そうだし(ゴメン)、
だから批判されやすいんだと思うんです。

そこで、あのマ○チくん人形に、
本音とか、言いにくいことを言わせるっていうのは、
メチャメチャグッドアイディアだと思うんですよ。

マ○コさんとか、ふ○っしーとか、
すごく頭のいい人が、ギリギリのことを言って面白がられるのは、
マンガチックな外見が、その毒をユーモアに変換されるからだと思うんです。

だから、バラエティにおけるMJが、
あのマ○チで~す君人形のおかげで、
誰にもまねのできない、面白い存在になれるなあと思うのです。


|

May 02, 2015

面白いから怖い。

正直言って、私もおとといのVS嵐、面白かったです。

過去の好プレー・ダメプレーが、うまくまとまっていて、
MMDAまで、一気に面白く見ていました。

またMMDAをやると知ったときの嫌さは、
忘れていました。

でも、だから怖いと思うのです。

嵐くんたちが真面目に盛り上げれば盛り上げるほど、
ファンである私は、その勢いに巻き込まれていきます。

でも、面白い面白くない以前に、
していいことと悪いことがあるのではないかと思うんです。

長寿番組は、毒舌があったにしても、
ほとんどの視聴者の許容範囲の中に納まっているから、長寿番組になっているんだと思うのです。
日本人の許容範囲の中で、面白さを追求しているから、
長い間、愛され、親しまれているんだと思うのです。

視聴率を狙って、奇をてらったことをしても、
一時の支持しか得られません。

好プレー・ダメプレーを振り返るのは、楽しいですが、
ダメな一人を指さして、高所から落とすのは、
私の許容範囲ではありません。

嵐の番組が、多くの一般視聴者に長く愛され続けてほしいと願ってのことです。


|

(M)MDAに愛を感じますか?

子供たちが見ているファミリー層の時間帯で、
仲良しが魅力だと思われて人気のグループが、
一人、ダメな人を一斉に指さして、
高い所から落として、
残りの4人がそれを笑う・・・ということが、
受け入れられるのでしょうか。

親たちが子供に見せたい光景でしょうか?

しかも、それを決めるときに、5人の力関係が垣間見えてしまって、
微妙な気分にさせられます。

先日来の、愛を感じる・感じないということであれば、
これに、嵐メンバー同士の愛を感じる人がいるのでしょうか?

個人ブログに保存している私の投稿を見直しましたが、
2度、MDAはやめた方がいいと書いています。

1度は、上から落ちると、首にものすごく負担がかかって、
一生の健康に悪影響があるという具体例も書いています。

おとといの放送では、視聴率が7%と、過去最低を記録したそうですが、
嵐メンバーだけの出演やGWということを考慮しても、
この3週間で、急に視聴率が落ちています。

番組中に、何度もMMDAの予告で煽っていたことと関係はないでしょうか。

やっと好調の波に乗ったひみつの嵐ちゃんが、
突然の二人体制になって、
視聴率が回復することなく終わってしまったように、
好調をキープしていたものが、
急におかしくなるのは、必ず原因があります。

大いなるマンネリでずっと人気が続いている番組もあるのですから、
あきられた・・・という理由で片づけてほしくないと思います。

ところで、星フリで私は何度も個人批判されてきましたが、
今回、はじめて謝っていただきました。
ありがとうございます。


|

« April 2015 | Main | June 2015 »