« ハワイコン・ブルーレイの感想の大きな変化 | Main | (M)MDAに愛を感じますか? »

April 28, 2015

つまんなくならないから

リニューアル後の嵐にしやがれは、
嵐と一般の人をフィーチャーする番組に変わったのかな・・・という印象です。

いいのか悪いのかわかりませんが、
そういうテレビ番組が増えている印象です。
そういう時代なんでしょうね。。。

そんな中、たまたま見たのが、ドラマ『天皇の料○番』。

面白いものを作ろう・・・という意欲や志が、
画面の隅々までみなぎっていて、
そういう渾身の力作をテレビで見られるのは、
本当に幸せを感じます。

で、主役の佐○健くん。
イケメン俳優のイメージしかなかったのですが、
凄いですね、彼。

前作のあの役は、堺○章さんで、
イケメンとは逆タイプのようなのに、
なぜ、佐○健くんがキャスティングされたのか、
理由が知りたいと思います。

イメージとまったくかけ離れた役を、
印象深く演じると、
すごく魅力的ですね。

大作の、こういう役に、潤くんがキャスティングされることがあるでしょうか。
そういう話が来たら、彼なら引き受けるような気がします。

カッコいい彼に、こういうドンクサイ役がまわってくるのは、
千載一遇のチャンスでしょうからね。

ところで、このドラマの中で、
あきっぽい主人公が、コックになる決意をする理由が、
「つまんなくならないから」。

すごく共感しました。

12年も松本潤を追いかけているのは、つまんなくならないからですもの。

ドラマ、バラエティ、コンサート、雑誌、その他、
彼の仕事を追いかけているのは、もちろん楽しいのですが、
視聴率に一喜一憂したり、
恋愛の噂に一喜一憂したり、
チケット取りに一喜一憂したり、
ドラマやバラエティの内容に一喜一憂したり、
バッシングをどう乗り越えたらいいんだろうかと考えたり・・・。

こういう諸々のことも含めて、エンターティメントなんじゃないかと思うんです。
ワクワク・ドキドキさせてくれますからね。

ジャニーズは、そういう総合エンターティメント(=つまんなくさせないこと)に長けているように思います。


|

« ハワイコン・ブルーレイの感想の大きな変化 | Main | (M)MDAに愛を感じますか? »