« 『嵐ブレイク前夜』出版についての想像 | Main | ハワイコン・ブルーレイの感想の大きな変化 »

April 21, 2015

読み手の心次第ですね。

私の想像は、元「嵐」側近スタッフ一同というのは、
ジャニーズ事務所のことだと思っています。

ですから、信頼している人たちから金で売られたとは思っていません。

嵐の今後を考えた、事務所の戦略の一環だと思っています。

この戦略がいいのか悪いのかわかりません。

また、私の想像が正しいか間違っているかわかりません。
おそらく間違っているでしょう。
人の心なんかわかりませんからね。

ただ、この本は、すでに全国の書店の店頭に並べられて、
ファンでない人も、軽いファンの人も、
それこそ、ファンとはくらべものにならないくらいの大勢の人たちが手にとり、
立ち読みしたり、購入して読むものです。

公式本とか非公式本とか、そういうのは一般の人たちは知りませんし、
関係ありません。

この本に傷ついているファンがたくさんいるでしょうし、
読みたくないという気持ちも、ものすごくわかります。

でも、すでに、世に出てしまったし、
これからも売られ続けるでしょうから、
今さら、どうしようもありません。

ですから、この本の出版が、嵐と嵐ファンたちの今後に、
少しでも良い影響があるように、
私なりに考えた想像です。

嵐と嵐のファンにとって、
明るい未来につながるようなポジティブな想像のつもりです。

今、私が書いたことに、愛がないと感じる人もいるでしょうし、
愛があると感じる人もいるでしょう。

この本に、嵐に対する愛を感じる人もいれば、嫌悪感しか感じない人もいるでしょう。

すべては、読み手の心次第ですね。


|

« 『嵐ブレイク前夜』出版についての想像 | Main | ハワイコン・ブルーレイの感想の大きな変化 »