« December 2014 | Main | February 2015 »

January 27, 2015

ムービングステージの特許取得について

潤くんが考案したムービングステージ、
すでに類似品がありますので、
特許申請して、特許権を取得できるかどうかは、
弁理士さんの腕次第と思います。
特許をとれるかもしれないし、ダメかもしれないというところだと思います。

世界中に通用する特許権を持つためには、
世界中の国々に、個別に申請し、登録しなくてはいけません。

各国の特許制度は、それぞれ独自なものですので、
全部とるのは、たいへんなことです。

また、初期費用だけでなく、特許を維持するために、
毎年、各国に年金を払い続けなくてはいけません。(特許は20年で切れます)

そして、特許権を獲得するということは、その内容を公開することですから、
特許の根幹のところを避けて、類似品を作ることを可能にします。

また、どこかが、自社の特許に抵触するものを無断で作ったとしても、
それをやめさせるための訴訟その他、膨大な費用と労力と時間がかかります。

そのようなことを総合的に考えて、ムービングステージの特許はとらなかったのではないかと、
私は思います。

特許権はありませんが、
ムービングステージが、様々なアーティストによって使われれば使われるほど、
それを考案したのは、日本のジャニーズの松本潤であるという認識は広まっていくと思います。

エンターティメントにおけるステージの概念を根底から覆す、素晴らしい発明ですから、
日常生活を画期的に便利にした○○は、エジソンの発明である・・・というように、
特許の有無とは関係なく、国や時代を超えて伝わるのではないでしょうか。

1月21日の朝日新聞・朝刊のジャ○ーさんのインタビューで、
「タレント兼演出家という人材も増やしていくように心がけている」
と言っていて、
ジャニーズ内の演出できる人たちの名前が挙がっていました。

私は、その人たちが、どんな演出をするのかわかりませんが、
“ムービングステージを考案した松本潤”と言われれば、
ムービングステージを使ったコンサートを見たことがある人は、
くっきりとイメージが湧くと思うのです。

それだけインパクトのあるものだし、
広く多くのアーティストが使っているものだから、
NHKの『嵐15年目の告白』も、
視聴者を惹きつけるために、潤くんの演出をメインにした番組を作ったのだと思います。

でも、究極のところ、
ムービングステージは、単なる道具ですから、
それを使って、どのように観客に喜んでもらうか、
どのようなパフォーマンスをするかの方が遥かに大事だと思います。


|

January 26, 2015

メ○ーさん、カッコいい!

文春のインタビュー、読みました。

内容は、はあ? えっ? と、
?のてんこ盛りですが、
読後感は、
メ○ーさん、カッコいい!
潤くんや嵐は、こういう人に守られているんだなあ・・・です。

誰だって、自分の都合のよい見方しかしないし、
自分の見えている世界がすべてだし、
好き嫌いで判断している。

でも、彼女が凡人と違うのは、
それを法律のごとく、絶対的権威にしているということでしょうね。

世の中、何が正しくて、何が間違っているか・・・なんて、
立場が変われば、コロッとひっくり返る。

何かあるたびに、ふらふら日和見している人になんか、
怖くて誰もついていけない。

自分が悪者になってでも、大事なものを守るという、
彼女のとてつもない強さがあるから、
ジャニーズ事務所がここまで繁栄したのでしょう。

そして、どうせインタビューを受けるなら、
アンチジャニーズの総本山のような文春。

数限りない修羅場を経験したからこそ、
ここぞという勝負時は、宿敵のど真ん中に乗り込む。

当然予想される論議も、
エンターティメントの真髄を知り尽くしているからこそでしょうね。

ところで、彼女と大女優さんたちとの食事会に、
嵐5人の中で、潤くんだけ出席したようですが、
潤くんが出席することで、嵐を守っているんでしょうね。

いつなんどきでも、彼女と交渉できる下地を、
普段から作っておくかどうかで、
いざという時、違ってくるでしょうね。
人間は感情の動物ですから。

以前、ニノが、
「目の前に壁が降りてきたとき、
潤くんがそれを抑えて、4人を通してくれる」
というようなことを言っていましたが、
それが、こういうことなんだと思います。


|

January 20, 2015

フォローありがとうございます。

皆さま、いろいろフォローありがとうございます。

嵐の5人、それぞれが才能と魅力と努力に溢れ、
本当に素晴らしい、奇跡の5人と思っています。

これは、私にとっては、あまりに当たり前のことですので、
その都度書きませんが、これが大前提です。

出ない杭や出れない杭というのは、性格のことです。

どんなに能力や努力や貢献が素晴らしくても、
性格的に、出ない杭、出れない杭の方たちがいます。
そういう方たちの一部のファンたちが、ネットで不満を噴出させていると言いたかったのです。

言葉足らずで、申し訳ございませんでした。

そして、私には、もう一つの大前提があります。

それは、今の嵐に危機感を抱いていることです。

一部のファンが騒いでいることだから無視していいと思われる方もたくさんいらっしゃると思いますが、
私は、小さなほころびのうちに対処するかどうかで、
その後が大きく変わってくると思っています。

東山先輩の持ち込み企画も、
どんなときにファンが離れていくか知っている彼だからこその、
嵐へのアドバイスだと思います。

危機感を抱いて書いている私の文章は、
このままの嵐がずっと問題なく続くと思っておられる方たちには、
違和感だらけだと思います。

前提が違えば、同じものを見ても、読んでも、感じ方は大きく変わるでしょうね。


|

January 19, 2015

東山先輩の言葉

先週のしやがれの東山先輩の言葉から、
私は、何をどう書けばいいのかと、ずっと考えていました。

大人気だった少○隊が、30周年を迎え、
第一線で活躍しているのは、東山さんだけという現状と経験から、
彼にしか言えない、嵐への応援の言葉だと思っています。

大野くんを天才と言ったのは、
口パク問題も含め、彼を活かすことや彼自身の自覚が、
嵐がこれから長く輝き続けるポイントだと言いたいのかなと思いました。

長続きするグループは、個がちゃんとして、グループがちゃんとしているという言葉。

嵐って、グループとしてのチームワークや協力体制は、とてもよくできていると思うし、
だから、仲良しグループとして、ひっぱりだこだと思うんです。

でも、個としてちゃんとしているか・・・というと、?でもあるんです。

人間だれしも、いい人・立派な人の面と、嫌なヤツ・ダメな面と、両方あると思うんです。
私もそうだし、嵐各メンバーもそうだと思います。
嵐メン、特に、潤君以外の4人は、いい人の面だけで、嵐という仲良しグループを維持していて、
嫌な面は抑えているのかもしれない。
その抑えられた嫌な面を、熱烈なファンがネットで噴出させているように思うのです。
タレントあってのファン、ファンあってのタレントですから、表裏一体。

とくにコンサートにおいて、大好きな嵐メンが我慢しているように思うから、我慢の元をファンが批判せずにいられない。

潤くんファンが、他メン批判をほとんどしないのは、
潤くんが、自分のやりたいようにやっていて、我慢しているように見えないからだと思うのです。
潤くんも、実際は、我慢したり、葛藤がたくさんあるでしょうが、
ファンからは見えない。

パイオニアであった東山先輩が、ずいぶん批判されたようなことも言っていましたが、
出る杭は叩かれる。
出る杭を叩くのは、出ない杭や出れない杭たち。

潤くんを叩くのは、出ない杭や出れない杭のファンたち。

私、個がちゃんとしているというのは、批判されようが、嫌われようが、
自分の考えをきちんと持って、それを主張したり、行動できることだと思うんです。

また、わがままというのは、出る杭とは限らないと思うんです。
グループ全体を考えるから強く言うこともあるだろうし、
自分のことしか考えないわがままだから、批判されるのを恐れて、何も言わないということもあるのではないでしょうか。

ですから、東山先輩が、将来、嵐が少○隊の現在のようにならないためには、
5人全員それぞれが、叩かれてもビクともしないような、出る杭になることだと言いたかったのではないかと、
私なりに思います。

今あるバランスを壊すのは、ものすごく怖いことだと思うけれど、
過去と他人は変えられない。
変えられるのは、自分と未来だけ。
人のせいにしているうちは、問題はどんどん根深くなっていくでしょうね。


|

January 04, 2015

続:ムービングステージ

潤くんが考案したムービングステージ、
嵐ファン皆が大歓迎していると思うんです。

なぜなら、ファンを喜ばせたいという一念で実現させたものだとわかるし、
実際に嵐コンの楽しみが大幅にアップしましたから。

客観的にも、観客を楽しませるというエンターティメントの真髄を極め、
その可能性を大きく広げた画期的な発明だから、
実現させた松本潤が、演出家として世の中の注目を集めるのは当然だと思います。

逆に、観客を楽しませることよりも、見せたいものを創る方が勝っていると感じられたとき、
とくに、嵐メンバーやそのファンの誇りが傷つけられた感じたとき、
大きな反発が起こるのも当然だと思います。

人間は、なかなか他人の立場にはなれません。
潤くんファンの中には、他メンファンの気持ちになれない人もいるようですし、
作り手が、観客の気持ちになることも容易なことではないのでしょう。

でも、相手の立場になって考え、相互の理解が深まったとき、
嵐のコンサートは、深みと豊かさを増し、
大きな進歩を遂げることと思います。


| | Comments (0)

January 01, 2015

初トリ紅白

昨夜の紅白の幸せの絶頂から、
今は、抜け殻状態です。

5回目の司会の潤くんは、背負っていたものを降ろしちゃったというか、
開き直ったのか、いい感じでしたね。
これからも、毎回毎回、紅白の司会をお任せ!と思っちゃいました。

GUTSが終わったときは、一人スタンディングオベーションでした。
間奏のダンスも含め、GUTSの世界がステージいっぱいに繰り広げられて、
大満足。

ただね。
先輩が曲紹介で、感謝を、感謝をと何度も言っていたから、
曲名を、『感謝カンゲキ雨嵐』!と言って、ビシっと決まると思ったのに、
『Thanks メドレー』と言われ、ガクッ。
おばさんは、感謝=Thanksと、すぐに翻訳できないよ。(私だけか?)

そして、大大好きな『感謝カンゲキ』を紅白で歌っている(しかもトリで)
・・・という感激を味わう前に、
『GUTS』に切り替わってしまった。
それに、『GUTS』は、感謝ではなく、応援ソングですよね?

紅白に限らないけれど、歌番組の嵐は、この曲!という押し曲をフルコーラスで押し続けることがなくて、
1コーラスの複数曲のメドレーがほとんど。
だから、ファン以外には、曲のイメージが薄れてしまう。
嵐に、誰もが知っている代表曲がないのは、こういうことなんだろうなあと思う。

でもこれは、嵐の戦略かなとも思う。
そこそこに売れている曲はたくさんあるけれど、
これ!という大ヒット曲がないので、嵐はいつまでも、“これから発展するグループ”という新鮮なイメージのままでいられる。

まあ、吊られた5人の感謝カンゲキと、ビバ青春!満載のGUTSと、
わかりやすい構図で、(←紅白には、これが大事!)
NHK御用達なのが納得な安定の嵐だったなあと思います。


|

« December 2014 | Main | February 2015 »