« 信用貯金(紅白5回連続司会) | Main | アイドルは大衆の悲しみでできている »

October 12, 2014

翔くんと私の夫

『夜会 in Hawaii』 の翔くん見て、私の夫みたいと思ってしまいました。(翔くん、翔くんファンの方々ごめんなさい)

学校時代から優等生で、
社会に出ても、やるべきことをきちんとやり、
絶対敵を作らず、だから日本社会の階段を着実に上っていく。
でも、本人に野望があるわけでもなく、
流れに乗せられて、人生わかんないという感じ。

ホテルの中の衣類の様子や、財布やセカンドバッグ、その中身、
ガイドブックを読み倒すところまで、私の夫そっくり。
(自分で考えて行動するリスクを冒すより、すでに定まった評価に従うってことかな)

そういう夫と30数年一緒に暮らして思うのは、
私みたいな、言いたいことをハッキリ言い、
やりたいことをどんどんやっていく人が大好きということ。
なぜなら、自分にはできないから。
だって、そんなことしたら、周りが敵だらけになるもの。

私が何を始めようとするとき、絶対反対しない。
やりたいようにやらせてくれる。
でも、私がもがき苦しんだり、失敗したりするのが、メチャメチャうれしい。
私がファンサイトで叩かれている話をすると、こんな楽しいことはないという感じでウハウハしてる。
松潤のいい話なんかは完全スルーだけど、よくない話は食いつきが半端ない。

そんな夫を知っているものだから、
潤くんが、嵐の矢面に立って、いろんな逆風やバッシングを一身に受けて、
翔くんがいい子ちゃんポジションにいられるのは、
結構居心地がいいんじゃないかなと想像したりします。(翔くんファンの方々ごめんなさい)


|

« 信用貯金(紅白5回連続司会) | Main | アイドルは大衆の悲しみでできている »