« 無防備なんでしょうね。。。 | Main | Hope in the darkness »

October 24, 2014

天使の歌声(本気です)

ニューアルバム、『Degitalian』、
BGMのように流していたのですが、突然、
えっ?!
と、耳を疑いました。

え? え? え?
今の、潤くんの声だよね?
ウッソー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

♪満点の星のように~~♪

す、す、す、す、素晴らしい、透き通るような高音です。(驚愕)
それも、ものすごい高音が、きれ~~いに、のびやか~~に、
私の心を、芯からとろかします。

もう一度、その曲だけ聴き返しました。
“Hope in the darkness” です。
5人が、それぞれソロパートを歌うような感じですね。

他メンの声は皆、いつものお馴染みな声なのに、
潤くんの声だけが、別レベルなんです。
潤くんファンの空耳と言われようが、
耳鼻科に行けと言われようが、
潤くんの声が、ダントツに最高なんです。(他メンファンの方々ごめんなさい)
まさに、暗闇の中のきらめく神秘なんです。

で、私は自分の個人ブログで、去年の嵐フェスの感想を探しました。
http://mitujun04.cocolog-nifty.com/msa/2013/09/post-c234.html
2013年9月23日に、↓のように書いていました。
=====================
今回のアラフェスで私がびっくりしたのは、
相葉ちゃんコーナー”サンセット”の中で歌われた『素晴らしき世界』の潤くんソロパートです。

潤くん独特な甘い高音が伸びやかで、夕暮れの中で情感があふれ、素晴らしかったです。
彼のあの声で甘いバラードを、これからどんどん聴かせて欲しいと強く思いました。

私にとって、ジャニーズで印象に残る歌声といえば、
郷ひ〇〇さん(今はジャニーズではありませんが)、堂〇剛さん、長〇智〇さんくらいなんですね。
歌の上手な人たちは他にもたくさんいるんでしょうが、印象に残らない。

今回のアラフェスの『素晴らしき世界』を聴いて、
潤くんのあの声は、これから本気に取り組めば、彼の大きな武器になると思ったんです。
あの麗しい容姿からは想像もつかない歌声だけど、
他の誰にも真似のできない、とろけさせるような甘い魅力を生み出せると思いました。

潤くんが「綺麗だね。。。」と見とれていた聖火のように、
燃え盛るオレンジの炎のような情熱を秘めた歌声が、
再び、国立の地で、
私たちの心をとろかしてくれることを楽しみにしています。
===========================

1年前の最後の国立で、私が感じたことは間違っていなかったのだと、
確信しました。
潤くんの、あののびやかな天使の歌声は宝物ですよ。


|

« 無防備なんでしょうね。。。 | Main | Hope in the darkness »