« 嵐の総合プロデューサー | Main | 信用貯金(紅白5回連続司会) »

October 08, 2014

眉の演技

女性自身掲載の、ちょっと照れたような渋い潤くん。
またまた新しい大人の魅力ですね。

しやがれの嫌われ部長といい、この渋い大人の潤くんといい、
眉を左右アンバランスにして、絶妙な表情を作っているんですよね。
これって、誰でもできるんでしょうか?
額が柔らかいんでしょうかね?

失ショコのホスト潤。
薫子さんを見たときの、しょうもねえな、このおばさん・・・という表情も、
前髪に隠れているけれど、実は、眉で表情を作っているんじゃないかと思うんです。

元々、目そのもので様々な感情を表現する素晴らしい俳優だと思うんですが、
そこに眉を自在に動かす技術が加わって、
喜怒哀楽だけでない、正でも悪でもない、言葉にできないものを表現するんですね。
凄いです!

イライラとか、コンプレックスとか、強がっているようでいて弱かったり、
攻めてはみたもののちょっとはにかんで照れたりとか。。。

若いころには表現できなかった、ガンガン攻めて生きてきた男に潜む羞恥心とでもいうのでしょうか。
はあ~。。。(ためいき)


|

« 嵐の総合プロデューサー | Main | 信用貯金(紅白5回連続司会) »