« 大人と子供 | Main | スターのお金の使い方 »

October 31, 2014

ファンだって納得したい。

最近の雑誌での潤くんの言葉。
「最終的には感覚的に動くけど、そこまでの過程は納得したいタイプ。なにをしていてもオレなりの意図があるんだよね。だから、どの仕事でも『松本はどんな意図を持ってやってるんだろう』って想像しながら見てくれると嬉しいかも。」

私は、いつもいつも、潤くんはどんな意図でやっているんだろう・・・と想像しています。

その意図が私なりにこうだろうなあ・・・と思える時は、スッキリするけれど、
ときどき、まったく???な時があります。

潤くんが過程を納得したいように、ファンも(少なくとも私は)、見せられるものの意図に納得したいんですよね。

たとえば、コンサートの最後に、マイガールが歌われると、
離ればなれになってしまっても、僕の胸の中にずっと生きてるよ・・・
という、嵐の気持ちが伝わってくるので、とてもうれしいですよね。

でも、なぜ、ここでこの歌?
また、これ?
・・・となると、盛り上がった気持ちが、一気に冷めてしまいます。

5人のメンバー、それぞれの口から、
その歌の背景や、なぜ、今ここで皆に聴いてもらいたいのか、
その意図が一言でもいいから発せられると、
同じ曲でも、全然違った意味と魅力を持ってくると思うのです。

特に、大きなコンサート会場では、
席によって、スクリーンの文字が見えなかったり、
仕掛けもよくわからなかったり、
或いは、好きなメンバーを追いかけるのに忙しくて・・・と、
嵐からのメッセージがよくわからないことが多々あります。

でも、メンバーの口から発せられる言葉は、
どこの席だろうと、のちにDVDになろうと、
平等に伝わってきます。

一体感が嵐コンの魅力だと私は思っていますが、
それは、皆で同じダンスを踊るからというよりも、
観客と嵐5人の心が一つになる多幸感だと思うんです。
お互いの気持ちがわかりあえるからこその至福の瞬間です。

嵐各メンバーの言葉で、
なぜ定番曲なのかファンが納得し、
誰それのドラマ主題歌というよりも大きな意味付けができたとき、
ファンが誇れる嵐の歌になるのでしょうね。


|

« 大人と子供 | Main | スターのお金の使い方 »